こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

いい加減な耐震改修から子供の命を守るには

この小学校には800人の児童がいます。3年前に市の発注工事として小学校の改修工事を担当しました。この小学校は築46年で以前は県の公立高校として使われておりましたが県から譲り受けた建物です。耐震工事は5年くらいまえに完了していました。
工事を始めて天井を撤去したところ教室の大梁の下端が大きくハツラレ主筋もSTもむき出しになっていました。1階から3階まで天井裏を確認したところ殆どの大梁の主筋が露出していました。ちょうどその頃近くの他県で解体工事を決めた学校があるというので見に行きコンサルとも話をしましたが解体でしょうということでした。
あまりにも大きな問題なので監理設計事務所から働きかけていただくようにお願いしましたが、県の行った耐震工事については関わりたくないので一切の質問には答えないし聞かないでくれと言う返事でした。下請け業者からPTAの知ることになり教育委員会に視察を申し出ましたが夜、私の自宅に副市長から電話で来ても入れないでくれと頼まれました。後日、県が大学教授を連れてきてPTA に説明を行う事になりましたが現場代理人である私には何も言わないでくれと言うことでした。問題のある悪いところを見てもらおうとしましたがことごとく拒否されました。それどころか、市役所での説明会には来ないでくれと言われました。OKWEVE投稿をPTA会長に渡して説明しましたが彼が市担当者と釣り仲間ということもあって今度は投稿をしたことについて副市長、教育委員会、建築課が揃って抗議にきました。私は、地域を特定できることは何一つ書いていないし迷惑もかけてはいないと主張しましたが、それでも業務上知りえた事を公表した事は許せないと言うことで私は現場代理人の解任、会社は3ヶ月の指名停止の処分を受けました。私はどうしても納得することができなかったので会社を退職して真実を明らかにすると会長に話しましたが、そんな事をすれば県、市の指名にははいられなくなるし、私は首を吊るとまでいわれました。10月に解雇されてから市からの検査機関が言い訳の検査をしたと聞いていますが結局は耐震に対しての補強は何もせず梁型をキャスライトで囲んだだけだそうです。現場の引き渡しは4月竣工に間に合ったようですが安全面に対してはいい加減な我が身の立場を守るためだけの検査のようです。市が一番気を使っているのは県に対してです。県が耐震改修を行った物件を市が譲り受けた訳だからから解体する訳にはいかないのです。解体となれば県の行った工事を過去に遡って調査する必要が出てくるし監理責任に対しても大きく叩かれるでしょう。今はすでに小学校として使われておりますがこの建物は解体すべきです。災害はいつ、どういう形で起こるかわかりません。このままでおいて災害が起きこどもたちに怪我人、死者が出た時には私の責任は免れても一生悔いが残るだろうと思います。
こんな耐震改修ならしない方がいいし、見つけても何の補強もしなかったというのは問題です。これも明らかな犯罪です。
このたびの熊本地震も見に行きましたが避難所であるべき学校が損壊のために移動を余儀なくされた事も聞きました。工事はすでに終わっていますがこの建物は解体すべきです。何か世間に訴える良い方法はないものでしょうか。

投稿日時 - 2016-06-12 06:44:59

QNo.9186352

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

耐震改修工事には何度かかかわったことあるけど、昭和40年代築のRC造はかぶり不足でSTRが浮いて見えることはよくあるよ。そういうことじゃないの?
梁下端をハツる意味が不明すぎでしょ。ガラの処理ってけっこう大変っすよ。だからまず思い浮かんだのは施工不良のかぶり不足じゃないのかってこと。かぶり不足ならモルタル吹き付けとかの対応で一応はOKっす。

施工不良や調査不足の可能性は確かに問題っす。天井めくるまで知らなかったってのはちょっと怠慢すわ。確かにRC造の耐震診断って柱や壁にくらべて梁の重要度が低いんでみえるとこだけで判断したってのはありえるっちゃありえる話。
んで俺の経験上昭和40年代築の高校って割と施工不良が多かったっす。配筋の不足とか、図面と現状が異なることはざらにあったっす。
Sの付属屋とかだと不良があったら解体ってケースもしばしばだけど、RCはなかなか壊さないね。計算上、規定の耐震性能に建物の重要度分の割り増しかけただけの性能があるなら壊さずに使う方向ですすむんすよ。

それが問題なんかどうかは俺には判断できないんすけど、ケースとしてはざらにある話すから、そういうことを知った上で戦ったほうがいいっす。
あとこういう公的な建物ってのは改修評定っていう大学教授や大手ゼネコンの役員なんかの第3者委員を交えた会議を経て工事に至ってるから、計算上の落ち度や公の圧力による改竄なんかはほぼないと思うよ。突くなら施工不良の見落としとその対応の部分に絞ったほうがいいっすね。

俺も小学生の子供をもつ親なんでとりあえずがんばってください。

投稿日時 - 2016-06-24 17:15:59

ANo.5

過去の質問等も拝見しましたが、他の方が回答されているとおり、耐震性能に大きく係るような問題ではありません。

 構造が全くわからないと言っている1級建築士の方が、何故わからない構造の問題について、こんなにも騒ぎ立てるのか理解できません。構造が分からない人が、地震に対して危険と分かる訳ないでしょう。

 そしてこういう工事に出会ったまともな現場監督はどうするか知っていますか?建設会社が自腹を切ってとりあえずなおすんですよ。もちろん、それでも赤字にならないように他のところを安くやる方法を市と協議して、予算を作り出すのがプロです。のちのち自社にその件でクレームが入る可能性もありますからね、直すのが優先で工事を進めます。これくらいの箇所数なおしても大した額じゃないです。

1級建築士にも知らないことがたくさんありますが、たくさんの人を聞いて正しいことを自分で判断して、設計や施工を進める必要があります。思い込みだけでは何も解決しません。

投稿日時 - 2016-06-14 17:31:16

補足

スラブが5センチ下がっている原因はなんですかと質問したことがありますが
わからないと返事が返ってきました。全く馬鹿げています。原因は3つ。1番に設計時の配筋不足。。2番目に設計通り施工がされていない。。3番目に経年劣化によるものが考えられますがわからないという監理者の返事には驚きました。

投稿日時 - 2016-06-14 20:13:28

ANo.4

前回も回答しましたが

耐震改修をしたということは耐震診断計算を行っているということです。耐震診断計算は躯体の経年劣化を考慮して耐力を評価して耐震性を検証するものなので、躯体がボロボロだからと言って即危険ということにはなりません。
また二次部材といった地震力を受けない部材であれば躯体の状況はさほど問題ではありません。

また、不正を告発する側には立証責任があります。耐震改修方法に異論を唱えるのであれば、再計算するなどで数値を示すなどして具体的な理由を挙げて危険であることを立証しなければなりません。ただ見た目だけで危険だと言ったところで誰もあなたの言い分に耳を貸さないのは当たり前な事です。

恐らく今まで何人もの専門家があなたに上記と同様の内容で説明してきたのだと思いますが、なぜ話が通じないのかが意味不明です。

投稿日時 - 2016-06-13 11:10:04

補足

前回に引き続きありがとうございます。以前にも書いたと思いますが同程度で解体を決めたコンサルにも会って見てもらいましたが即、立ち入り禁止措置をすべきだと言われました。先日、M大学の構造の教授にお話ししたところ
大きな問題ですねということでした。

投稿日時 - 2016-06-14 20:05:09

ANo.3

一言でいうと「お前の言い分は正しいが、建て替える金がない」ってことなのでしょう。建て替える金はない、しかし何もしないわけにもいかない、落としどころが「とりあえず耐震補強して最大の揺れでペチャンコだけは避ける」ってことだと思います。
だいたい「そんな耐震補強ならしないほうがまし」って、ご自身の正義感に酔っていますよ。もししたことによって命が助かったなら意味があるじゃないですか。「100じゃなければ0と同じ」ってことですよ。

ですから最善の手は、どこからでもなんでもいいですから、建て替えの予算を用立てることです。その予算がついて建て替えられるなら誰からも文句はないでしょう。
そして、その予算が自治体で用意できないなら、用意させるように民意を持っていくってことですよ。800人も生徒がいるんでしょう?保護者へ説明して回ればいいじゃないですか。資料揃えて、保護者の家を一軒一軒回って、こういう問題があるので私はプロとして保護者の皆さんに説明会を開きたいですっていえばいいです。
あとは、資料を持って共産党の事務所を訪ねれば喜んで話を聞いてくれますよ。

いくらでも方法はあるのに、よりにもよって匿名掲示板で匿名で記事を載せて告発した気分になってるなんて、はっきりいいますがね、頭悪すぎ。話の順番が違い過ぎです。
建て替えるんだから、億単位のお金の話ですよ。自分ひとりでどうなるわけにもいかないじゃないですか。頭の悪いドン・キホーテだ。このままじゃ貴殿が闇から闇に葬られて終わりです。資料を持って野党系の市議んとこ回りなさいよ。話はそこからです。

投稿日時 - 2016-06-12 14:06:13

補足

私の説明が悪かったようですね。まずは解体する事が一番ですがそれまでの経緯として県の耐震改修の時に監理が全くされていないこと。2番目に市に渡って工事を始めた時にこれだけの瑕疵ある建物を何もせずに使っていること。そこには市と県の隠蔽工作があるのです。3番目にこの市の市議は首長の操り人形です。逆らうものはいないでしょう。

投稿日時 - 2016-06-12 14:35:20

ANo.2

地区(所在地)が不明ですので、地元の新聞社に行き、震災関連
担当部門の記者に面談して、内容を聞いてもらいます。
内容の真相・事実を取材し、その経過と結果、今後の対策を報道
してもらうと良いと思います。

投稿日時 - 2016-06-12 11:56:22

ANo.1

スリーブの施工不良や、杭打ちデータの不備及び施工不良で建て替えになったマンションがある傍、もっと危険な古い商業ビルやマンションは多々存在します。
わかっていても利害や資金不足で改修ができないのですね。地震が来て倒壊してからやっと建て替えるわけです。
太平洋側の東南海地震の危険地域や首都直下地震危険地域であれば尚のこと、
全国どこでも地震リスクはあります。
小学校での手抜き工事なんて、全く危機意識がないですね。
中国の四川地震を思い出します・・・
改修時の写真などでアバウトに判断できるものであれば、
構造設計や施工に関わるプロ仲間に相談してみては?
メディアなどに訴えてみるのはある程度の裏付けがなければ取り上げてもらえないと思いますので。

投稿日時 - 2016-06-12 11:10:59

補足

着工から現場代理人解雇までの詳細は全て記録しています。その他に写真、副市長をはじめ全ての内容は録音しています。あらゆるメディアを使って訴えていくつもりで今年退職する事にしています。県と市のやり方は許すことはできません。おおきな社会問題になるだろうと思いますがまずは、ずさんな耐震改修建物の中にいる子供たちの命を救う事が一番です。

投稿日時 - 2016-06-12 12:37:02

あなたにオススメの質問