こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

天気図に描かれない前線

こんにちわ。
天気予報を見ていると、「天気図に描かれない前線」という表現を見かけます。
わざわざ勿体ぶって実は前線ありますと言うくらいなら、はじめから描いてくれれば良いのにと思うのですが、なぜこんな表現を使うのでしょう。

投稿日時 - 2016-06-14 07:50:37

QNo.9187367

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

勿体ぶっているわけではなく解析記号としては存在するのですが、天気図が複雑で紛らわしくなるため省略するのが通例です。
寒暖の差、乾湿の差がまだ明確ではない場合の「発生しつつある~前線」、明確ではなくなった場合の「解消しつつある~前線」、を"天気図に現せない"と称しています。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2016-06-14 11:35:00

お礼

ありがとうございます。
凄くよく分かりました、目から鱗です。天気予報の世界では常識かもしれませんが、一般には不思議な謎めいた表現に見えるのだと思います。
次からは、ちょっとニヤけながら天気予報を見てしまいそうです。

投稿日時 - 2016-06-14 19:39:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

地上で暖気の下に冷気がもぐり込むわけではないけど、

何十メートル上空では、暖気の下に冷気がもぐり込んで、そこで水蒸気の凝結が起こって雨が発生して、地上にまで雨が降る、

という場合は、地上の天気図や気圧配置には前線がないけど、何十メートル上空の天気図だと前線があって、そこで雨が降る、ってことがある。

上空の天気図を全部説明している時間はないので、それは見せない・見せられないのは仕方ないけど、説明のときに、「地上にはない、上空の天気図の前線」というくらいの言葉を足してくれれば親切なのに、とは思います。

投稿日時 - 2016-06-14 10:12:04

お礼

ありがとうございます。
なるほど、地上と、ほんの少し上空でも異なるドラマがあるのですね。確かに、そのように言ってもらえれば分かりやすいです、実際には文字数や時間の制限もあるのでしょうね。
今度から、行間を読んで天気予報を楽しむ事ができそうです。

投稿日時 - 2016-06-14 19:30:56

ANo.1

前線とするにはちょっと微妙、でも今後の動き次第では前線を形作る可能性がそれなりにある、かも?
何とも微妙だけど、一応、可能性としてはあるし、発達したら影響も大きいので、コメントで付け加えておくという、、でも、消滅しちゃったらみっともないから文書では残さない。
梅雨入り宣言が即日じゃなくなったのと一緒。意図を理解できない素人が増えすぎた。
アナログだからね。デジタルみたいに白か黒でばっさり斬れないないのね。

投稿日時 - 2016-06-14 09:20:44

お礼

ありがとうございます。
何か通例となる基準でもあって、それに満たないから載せないとかであれば、それはそれで良いと思いますが、そのあたりの機微が気になりました。

投稿日時 - 2016-06-14 19:25:06

あなたにオススメの質問