こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳をお願いいたします。

Aware of the country's precarious geopolitical situation, a new military bill was signed by King Leopold II in 1909, initiating major military reforms. These put an end to the system of remplacement, in which wealthy conscripts could pay a replacement to take their place in the army, and introduced a more egalitarian form of military conscription based on age group. Beyond the acquisition of a few new Krupp artillery pieces, there was little attempt to modernise the army's equipment. Further reforms were launched after the Agadir Crisis in 1911 under the leadership of the Charles de Broqueville government. After several years of discussion, a major military reform bill was ratified by the parliament in 1913 by which the total possible strength of the army would be gradually increased from 180,000 to 350,000 men. Military spending also rose. This reform had only been partially implemented by the outbreak of war and Belgium's army was still considered to be weak by the German military leadership.

投稿日時 - 2016-06-14 20:34:02

QNo.9187621

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。
ベルギーの軍事力について述べています。

>Aware of the country's precarious geopolitical situation, a new military bill was signed by King Leopold II in 1909, initiating major military reforms. These put an end to the system of remplacement, in which wealthy conscripts could pay a replacement to take their place in the army, and introduced a more egalitarian form of military conscription based on age group. Beyond the acquisition of a few new Krupp artillery* pieces, there was little attempt to modernise the army's equipment.
⇒1909年、国(ベルギー)の不安定な地政学的状況に気づいて、軍の新法案が国王レオポルト2世によって署名され、大々的な軍の改革が始まった。その中で、裕福な徴集兵が代価を払うことで軍内部での地位を得ることができる「取り替え制度」なるものの終了が提案され、年齢層に基づく軍の徴兵という、より平等主義の形が導入された。数門の新しいクルップ大砲*の取得以外には、軍の器材を現代化する試みはほとんどなかった。
*Krupp artillery「クルップ大砲」:ドイツのクルップ社製の大砲で、スチールを主材料とするところが特徴という。第一次・第二次世界大戦を通じて十数か国で用いられた。詳細は、https://en.wikipedia.org/wiki/Krupp_gunをご参照ください。

>Further reforms were launched after the Agadir Crisis* in 1911 under the leadership of the Charles de Broqueville government. After several years of discussion, a major military reform bill was ratified by the parliament in 1913 by which the total possible strength of the army would be gradually increased from 180,000 to 350,000 men. Military spending also rose. This reform had only been partially implemented by the outbreak of war and Belgium's army was still considered to be weak by the German military leadership.
⇒1911年、アガディール事件*の後、シャルル・ド・ブロックヴィユ政権の指導下で更なる改革が開始された。数年の議論の後、可能な総軍力を180,000人から350,000人の兵員に徐々に増やすという、大々的な軍の改革案が1913年の議会で承認された。軍事支出も増額された。しかしこの改革は、戦争の勃発によって部分的に実行されただけだったので、ベルギー軍は依然脆弱である、とドイツ軍の指導部から見られていた。
*Agadir Crisis「アガディール事件」:ドイツ政府が砲艦をモロッコ南西の港湾都市アガディールに派遣したことによって生じた国際紛争で、別名Second Moroccan Crisis「第二次モロッコ事件」ともいう。詳細は次をご参照ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

投稿日時 - 2016-06-15 05:44:17

補足

回答ありがとうございました。もしよろしければ英文翻訳も教えて頂けると幸いです。

投稿日時 - 2016-06-15 14:20:23

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-06-15 14:20:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

国が地政的に不安定であることを認識し、あらたな軍事法案が1909年、レオポルド2二世によって署名され、本格的な軍事改革が始まった。
これは、代人制度(*)の終焉をもたらした。それは、徴兵される富裕層が金を支払うことで軍務に就く(**)代わりとする制度であったので、より平等な形で年齢層に基づいた徴兵制を導入するものだった。
数門のクルップ砲を新調した以外には、軍の装備の近代化は試みられなかった。
その後の改革は、1911年のアガディール事件の後、シャルル・ド・ブロクヴィル政権で進められた。数年の議事を経て、本格的な軍事改革法が1913年に国会で承認された。それは、総兵力を18万人から35万人に徐々に増やすものであった。軍事費も増やされた。この改革は戦争が勃発したため一部しか実施されなかった。ベルギーの軍事力は依然として弱いとドイツ軍の指導部からは見られていた。

*)Replacement 代人制度(別人を差し出す代理人制度もあったようです)
**)take their place in army 軍に入る 軍の務めを果たす=軍務 としました

投稿日時 - 2016-06-15 11:33:13