こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

TOEIC この点数を偶然か?

TOEICのスコアについての質問です。
私はこの前大学ではじめてTOEICのipテストを受けました。結果は550点(リスニング:リーディング=3:2の比率。)でした。
英語のセンターの点数は平均点くらいで、文法は運任せで波あり、全ての問題を最後まで解ききれいない。センターのリスニングも波があって平均より上下してたり同じと色々です。
この実力でこの点数をとれたのか怪しくて偶然を疑っています。
リーディングは最後まで解ききれず、運任せの文法は75%だったのでたまたまそこで稼いだのかなと思います。リスニングも聞き逃したり勘だったり、途中で挫折しそうになりながらやったりといった具合です。

そこで質問なのですが550点という点数はたまたま取れてしまうものなのでしょうか?
またこのあたりの点を取れる人は、調子の悪い時にこの550点よりどれくらい低い点数をとってしまうものなのでしょうか?

投稿日時 - 2016-06-19 02:34:19

QNo.9189566

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

TOEICは試験の回ごとに本当の実力に対して、ばらつきが少ない試験と言われています。なので、偶然ではないでしょう。仕組みは公開されていませんが、得点は実際の正答数で決まるのでは無く、問題ごとに受験者全体の統計を見て正答率の高い低いで配点を変えたり、偏差値にも似た統計的な採点方法を撮っているようです。満点は990点ですが、実際には数問間違えても満点を取れる可能性があるらしく、また全問適当にマークすると確率的には200点を超えるのですが、問題の難易度に関わらず同じ確率で正解だと察知されるのかずっと低い点になるようです。
もっとも、一般のマークシート問題と同じように、わからなくても空欄にしないで全部埋めるとか、時間配分とか、出題の意図を考えて英語がわからなくても正答率をあげるなどのテクニックは有効なようです。と言うことは、550点は偶然どころか試験対策をすれあもっと上る可能性があると思いますよ。

投稿日時 - 2016-06-19 13:09:49

ANo.2

大学生だと、実際に英文の論文をたくさん読んだり、専門分野の会話を留学生と英会話でしたりしていると、550点くらいが取れるようになっています。

体調が悪いと、集中力が切れて、聞き直しができない TOEIC ではリスニングがボロボロになります。とはいえ、落ちるとしてもスコアのうちのリスニングだけが半分になる、くらいで、リーデイングと足せば、あまりトータルでは目立たないでしょう。

リーディングは、長文をいかに要領よく必要な箇所の必要な論点を正確に読み取るか、というクセがあればそんなにばらつきませんし、文法穴埋めより長文読解に時間を割けて有利です。

投稿日時 - 2016-06-19 08:53:20

ANo.1

 僕は、TOEIC を取ったことがありませんが、下記によると、550点なら、営業部門、技術部門、新入社員としては、圏内にあり、國際部門、海外派遣、中途採用には低すぎるようです。
 http://www.toeic.or.jp/toeic/about/result.html

投稿日時 - 2016-06-19 06:35:53

あなたにオススメの質問