こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

英国のEU離脱派有利でなぜ、円ドル相場で円高?

現在(投稿時)、イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票が行われていますが、
離脱派が得票数を伸ばしているニュースで円高が進んでいます。
イギリスがEUを離脱する場合に、
円が「ポンド」や「ユーロ」に対して高くなるというのならわかりますが、
なぜ、「ドル」に対して高くなるのでしょうか。
ドルも「ポンド」や「ユーロ」に対して高くなるだろうにと思っちゃいます。
どなたか詳しい方お教えいただければ幸いです。

投稿日時 - 2016-06-24 12:27:39

QNo.9192125

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

結果的には円高ドル高になりました。両方上がってます。直近はアメリカの景気上向きの指標が出てドルが強いですが円高が回避されてはいません。

投稿日時 - 2016-07-09 06:35:41

お礼

ありがとうございます^^
やはり円は世界から安全とみなされているんでしょうね^^

投稿日時 - 2016-07-11 10:49:44

ANo.2

FX歴18年ほどの者です。

ドルは、ポンドやユーロに対しては高くなっていますよ。

円が、ポンドやユーロに高くなることは理解できるのですね。

為替ペアは以下の式が成り立ちます。

ポンド/ドル=ポンド/円÷ドル/円

ユーロ/ポンド=ユーロ/円÷ポンド/円

ユーロ/ドル=ユーロ/円÷ドル/円

などなど、このような相関関係を考えれば、本日の値動きは円が一番強い、ドルがそこそこ強い、ユーロが3番目、ポンドが4番目ということが理解できるでしょう。

ファンダメンタルズ=心理的要因で考えれば、円が一番安全な通貨だからとか、日本の株を売って円をドルに変えてレパトリ=自国に通貨を戻す=自分の手元にドルを置いておきたいなど何とでも言えます。

しかし、アメリカの金利が上がった=ドルが上がる時もあれば、金利が上がった=ドルが下がる(金利上げの最終=これ以上は上がらない失望売り)もあります。

ですから、心理的に高い安いと理解するより、常に変わらぬ方程式で考えることを推奨します。

投稿日時 - 2016-06-24 13:12:13

お礼

ありがとうございます^^
つまりは円が高くなる勢いの方がドルが高くなる勢いよりも強いということですね^^

投稿日時 - 2016-06-24 13:50:26

ANo.1

最終的には「そういう市場心理だから」なのではないかなという気がしますね。先日「離脱派有利」という世論調査が発表されて一気に円高になりました。それについてはエコノミストがあれこれと解説していたのはご存知の通りだと思いますが、つまりあれで「離脱なら円高」という前例ができたのだと思います。
で、誰もが「離脱なら円高に振れるよな」と予想し始めたのでその前提の取引をみんなやります。そうすると実際円高の方向に振れるのでそうなると「やっぱり円高だ」という流れになり、ある地点を超えるともう怒涛のようにその方向に向かうのだと思います。
この回答をした時点で離脱が決定的ということで、日経平均もものすごい下げ方をしています。これは「離脱なら売り」というのがブレイクスルーを超えたのでもう今はある種のパニック状態になっているのだと思います。イチかバチかで離脱勝利にかけてカラ売りやってた人は笑いが止まらない状態ですね。

投稿日時 - 2016-06-24 13:07:52

お礼

ありがとうございます^^
エコノミストがこうだと言った方向に流れるのは確かにですね。
それで市場を誘導してエコノミストの方って儲けられそうですね^^。。。

投稿日時 - 2016-06-24 13:26:45

あなたにオススメの質問