こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どんな問題に対しても、原因は必ずあるのでしょうか?

どんな問題に対しても、原因は必ずあるのでしょうか?

投稿日時 - 2016-07-02 23:14:07

QNo.9196202

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>どんな問題に対しても、原因は必ずあるのでしょうか?

数学上の問題(=形而上の問題)に関しては、原因は無くて、根源的な問題(=公理の選択によってもれなく付いてくる問題)があります。

しかし、現実世界の問題(=形而下の問題)に関しては、原因というか理由があります。
それを追求するのが物理学です。

エンターテインメントとしての哲学が落語と同様に楽しめるのは、形而下の制約を無視して、勝手な意見を言っても良いからです。

投稿日時 - 2016-07-03 17:58:49

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-06 21:33:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

サイコロを振ったことはありませんか。

投稿日時 - 2016-07-05 22:33:34

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-06 21:33:04

ANo.6

現在、存在しているというか現象している事柄や物は原因があってその存在として現象している。
それは原因を無限に探っていけるし、同じように目的と理念を瞑想していかれます。

投稿日時 - 2016-07-03 10:40:42

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-06 21:33:09

ANo.5

量子論的世界像において、「有限的存在性は、
認識される事で派生する」とされる。
すなわち、全宇宙は認識体が成立するため
の必要として生じている(自我仮説(時間の
流れ=記憶=過去=超光速)と空間仮説
(空間の広がり=予測=未来=光速下)は、
感受表面(無=不確定性無限の潜在的認識
可能性=量子相互作用=光速)から相補分化
(階層現象的表面性に由来する非光速性)
している)。

宇宙に「原因」がある以上、全て因果律
でつながっており、原因のない結果はない。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2016-07-03 10:17:35

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-06 21:33:11

ANo.4

あると思います。

ただ、その原因が一つだとは限らないし、
紆余屈曲している場合もあり、人間の
頭脳では、判らない場合がある、
というだけでしょう。

このような因果の流れは偶然が積み重なった
だけですが、人間はこれに物語性を見いだし
ます。

そこから運命、などが導出されたりします。

投稿日時 - 2016-07-03 08:50:43

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-06 21:33:14

ANo.3

原因はあります。
解決策があるとは限りませんが。

投稿日時 - 2016-07-03 06:11:56

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-06 21:33:17

ANo.2

考えなくていい問題というのも、あるそうです。

投稿日時 - 2016-07-03 00:52:24

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-06 21:33:19

ANo.1

「どんな問題」でも、なんらかの結果があれば、原因があると思います。
原因と結果はワン・セットだから。
原因だけあって結果がない、その逆で結果だけあって原因がない、というのはちょっと思いつきません。
ヒュームは原因も結果も、自然界にある事実と考えましたが、カントは原因と結果は私の内にあり、認識するための「カテゴリー」だと言いました。
つまり自然界には、原因も結果もない、ということ。
それが「カテゴリー」だということは、私たちが自然を合理的に秩序あるものと考えるための「道具」みたいなものだということです。
もし、因果の観念がなかったら、自然は秩序を失い、混沌としてしまう、という意味で。
したがって因果の観念は自然が人間に強制するものではなく、逆に人間が自然に強制するものです。
いわば、私たちは因果の観念を通して、自然を眺めているということになります。
問題は、あなたが「どんな問題に対しても・・・・」という場合の、その「どんな問題」の中身です。
「どんな問題」と言って、どんな問題を考えているか、です。
原因も、結果もない「問題」を考えているとしたら、「原因は必ずある」とは言えないかもしれません。

投稿日時 - 2016-07-03 00:02:02

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-06 21:33:22

あなたにオススメの質問

オススメのQ&Aはありません。