こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

痔ろうの手術について

昨年痔瘻と診断され早期に手術を受けた方がいいですよ、と言われ今月末大学病院で痔瘻の根治手術をする予定の者です。
主治医の先生は浅い痔瘻で型も1~2型の背中側に2次口があるという話しをされました。
先生は肛門括約筋温存術でもいいし、切開開放術でもできると言われ今現在選択を迫られ私自身で選択しなければならなくなりました。
色々本など買って調べているのですが、なんせ素人な者ですからどちらを選らんでいいか、分かりません。
メリットやデメリット、再発率の差などあると思うのですが選ぶのは自分にはなるのですが、よろしければ専門家の方、経験者の方やそうでない方でもご助言頂ければ幸いです。
よろしければ沢山のご意見などお待ちしています。
お手数とは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-07-13 13:52:51

QNo.9201030

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

医師に、医療相談出来るWEBサイトも存在しますよ。

少し検索すれば、幾つも出て来ます。無料の所や有料の所も存在します。
そういう所を活用するのも手ではないですか?!

市町村によっては医療相談窓口を開設してる所もありますので、
お住いの所を調べてみては?!

*私も痔瘻手術経験者です。肛門科専門病院で手術入院7日間でした。
その前に肛門周囲膿瘍で1日手術入院していますが。

術後1年半経ちますが、再発などは無い様子です。
ただ、肛門の締まりが若干悪くなってる気はしています。
@気のせいかも知れませんが。。。

入院した病院は肛門科としては近隣では有名な病院で、肛門・大腸科に
特化している所で、年間手術数が500回以上などという先生も居て、
肝心の腕の方も安心感がありました。ほぼ常に入院患者で溢れていて、
半月待たずに入院出来たのは非常に幸いな位でした。

相談者さんも信頼出来る医師が担当される事をお祈りします。

投稿日時 - 2016-07-17 11:21:13

補足

ご返事ありがとうございます。
医師に相談できる所もあるんですね。
よろしかったらada5963nさんの痔瘻手術の体験談などお伺いできないでしょうか?
手術法や入院から退院までなど、教えて頂けると非常に参考になりますので、もしよろしかったらお願いできませんか?
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-07-17 11:41:05

ANo.3

>先生などからは再発のお話しなどはその時ありましたか?あと温存術は1カ月近く入院されたんですね。

経験をお話ししますと、組織(肉)が盛り上がってくり抜いた穴が完全に塞がる前に皮膚が覆ってしまうと、内部に瘻が残って再発するので、肉が盛り上がるまで穴にガーゼを穴に詰め込んで皮が張らないようにしていました。その処置(ガーゼの交換)が自分では出来ず、毎日看護婦さんにやってもらわねばならなかったので時間がかかりました。途中で退院したいと言ったら、「自分でガーゼの取り替えは出来ないでしょう」と退院させてくれませんでした。言うことを聞いておいて良かったです。無理に退院していたら再発は免れなかったでしょう。穴の大きさにもよるでしょうが、同じような温存手術で1週間ではとても無理です。考えられません。

投稿日時 - 2016-07-13 17:01:42

ANo.2

私は切開開放ではない、瘻(膿の溜まった管)をくり抜く括約筋温存手術をしました。肛門の脇に指の第二関節まで入ってしまうような大きな穴が開き、肉が盛り上がってそれが完全に塞がってしまうまでに時間がかかり、入院が長引きましたが(1ヶ月近く)、予後は良好で完治しました。肛門括約筋にはメスが入らなかったので、下の心配はまったくありません。切開開放型の手術をした友人は、いまだに便漏れの心配があるそうです。たびたびパンツを汚すとか。瘻の出口が肛門に近いとそういう手術が避けられないのでしょうが、出来たらやらない方がいいです。括約筋温存型の方は、くり抜いた穴が完全に塞がる前に皮膚が覆ってしまうと、瘻が残って再発するそうで、術後の管理と、医者の腕が問われます。ご参考までに。しっかり治してください。

投稿日時 - 2016-07-13 14:49:41

お礼

ご返信、ありがとうございます。
また経験者の方からのご返信に感謝申し上げます。
括約筋温存術をされたんですね。
先生などからは再発のお話しなどはその時ありましたか?あと温存術は1カ月近く入院されたんですね。
私の場合、入院は1週間くらいと聞いております。
ご友人の方は開放術をされて便漏れなどお困りだったんですね。開放術はそういったデメリットもあると聞いております。

貴重な体験談ありがとうございました。
とても参考になりました。

投稿日時 - 2016-07-13 15:26:15

ANo.1

ご参考のために図解だけですが。どんな処置法かを把握した上で、主治医とご相談ください。

痔ろうの手術:括約筋温存術
http://daichoukoumon.com/zirounosyuzyutu%20katuyakukinonzonzyutu.html

痔ろうの手術:シートン法
http://daichoukoumon.com/zirounosyuzyutusetonhou.html

投稿日時 - 2016-07-13 13:59:42

補足

返信大変ありがとうございます。
図解のアドレスも張って頂きありがとうございます。
分かりやすい図解でした。しかし主治医に聞いても好きな方でと言うくらいで先生に決定してもらうのではないのでえらばなくてはなりません。
温存術、解放術などどれにすればいいのか分からないので困っています。

投稿日時 - 2016-07-13 14:40:29

あなたにオススメの質問