こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

賢者の剣コトバと知恵と想像力様の記事ですが御感想を

石油資本系のロックフェラーや元米国大統領
ジョージ・H・W・ブッシュ(パパブッシュ)を含むブッシュ一族三代が
このスカル&ボーンズのメンバーである事は、
アメリカの知識人の間では、かなり広く知られている話だ。

前述、ジョージ・H・W・ブッシュを始め、アメリカのCIAには、
このスカル&ボーンズのメンバーが実に多いと言われる。
カルトが諜報・工作機関と直結している好例と言っていい。

こうした世界中のカルト組織を支援して来たのは、
もちろん、ユダヤ資本をはじめとする国際金融資本である。

前述のカルト組織が単なる友好団体か、
現存しない団体であるかのような報道をする
メディアはこれまでもあったが、
ほとんどが諜報機関お得意の情報操作=
プロパガンダと見ていいだろう。
こういったメディアの報道は無視した方がいい。

メディアに圧力を掛けている団体の例としては、有名所では、
ロサンゼルスが本拠地のユダヤ系人権擁護団体
「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(通称SWC)が挙げられる。

(日本のテレビ局、雑誌社etc.のメディアもこの団体に数々の圧力を掛けられて来たようだ
文藝春秋の雑誌「マルコポーロ」はSWCによって廃刊に追い込まれている)

日本においても、児玉誉士夫が導入した
「統一教会」は、その後、海外の例に漏れず、諜報機関へと発展して行った。

1968年統一協会の主導により、
児玉、笹川と当時の首相岸信介らが韓国の諜報機関といわれる「勝共連合」
(通称KCIA)を日本で結成している。

ここで重要なポイントは、
日本の政治家やフィクサーが、日本のための諜報機関ではなく、
韓国の諜報機関を日本で設立した事である。

そして、この「勝共連合」(KCIA)の設立により
米CIAや旧ソ連KGBといった諜報機関が、ネットワークを通じて繋がった事で、
日本が独自に情報を取れなくなった代わりに、
米・韓の諜報機関から情報操作された情報しか
日本には入って来なくなったと言われている。

戦前は日本にも、様々な有力な諜報機関が存在していたと言われる。
が、こうした流れの中で、日本のインテリジェンス機能が完全に骨抜きにされたという

日本が真の情報から隔絶されてしまった最大の理由は
ここにある。そして、この日本の“目隠し状態”は、現在も続いている。

ユダヤの狂信的一派etc.がアメリカを使って
あの手この手で日本を封じ込めてきた理由は、
世の中が平和になる鍵を、日本が握っていると信じ
それを極度に恐れているからと言っていい。

だからこそ、日本人が本当の歴史や事実を知って
「洗脳」を解かれ、「覚醒」する事が、今、何より重要なのである。

“巣鴨プリズン・コネクション”のうち
鳩山一郎元首相の血を引く、総理大臣・鳩山由起夫氏は、
「統一協会」の会合にも出席する程の繋がりを持っていると言われる。

日本は戦後から現在に至るまで、
「巣鴨プリズン・コネクション」を中心とした
カルト・在日・ヤクザetc.に支配されて来たと言っていい。

日本国民として言わせてもらえれば、
国を売りとばす「負のコネクション」「負の遺産」は
ここまでにしてもらいたいものである。
(「自民党」から離脱して、政党の名前だけ変えてもムダである)
当然ながら、そんな売国政治家には一切投票しない。


児玉誉士夫と在日朝鮮「エセ右翼」

朝鮮戦争を機に、アメリカは日本をアジアにおける
「反共の砦」とする政策に大きく舵を切るが、
その手段として、在日朝鮮人を含めた黒社会の住人を
実行部隊として使って行ったと言われている。
朝鮮右翼の源流といわれるものだ。

そして、CIAの後ろ盾でこうした
「エセ右翼」の組織を作った張本人が、
CIAのエージェントであった児玉誉士夫だと言われている。

「エセ右翼」は児玉誉士夫が懇意だった
朝鮮ヤクザのドンで「東声会」の町井久之
(本名チョン・グォンヨン)を使い、
日本の右翼(といっても「エセ右翼」)の
地盤を作って行った一つの例だと言っていい。

街宣車で騒音をまき散らす「エセ右翼」は、
表向きは日本の愛国団体であるかのように見せてはいるが、
彼らの本当の目的は、日本弱体化であり、
真の日本の愛国者やナショナリズム自体の
イメージを徹底的に貶めるために、
結成された団体であると言われている。

ターゲットにされる組織や団体etc.の
一貫性の無さを見れば、一目瞭然と言っていいだろう。

「エセ右翼」は愛国どころか、反日団体なのである。


【日本を背後で操るCIAの正体とは?】

児玉に「エセ右翼」を日本に作るよう働きかけた
CIAの前身は、OSS(米戦略サービス局)であると一般的に言われている。

その詳細について、一説によれば、
OSSとドイツ・ナチス政権下のゲシュタポ(秘密警察)が第二次対戦後、
アメリカに潜入し、両者が合併して出来た組織だとも言われている。

第二次大戦で、表向きドイツと敵対していた
アメリカとナチスがなぜ繋がるのかと言えば、
CIA関係者が陰でナチスに支援をしていた事に起因する。

1930年代、エイヴレル・ハリマンやプレスコット・ブッシュ
(ジョージ・W・ブッシュの祖父)、
さらにCIAとOSSを統括していた弁護士ジョン・フォスター・ダレスと
弟のアレン・ウェルシュ・ダレス(元CIA長官)
etc.が、ユニオン・バンキングを通じて
ナチスドイツに資金を流していたと言われる。

また、ナチスの支援にはユダヤ資本が積極的に関わって来た事も、
重要なファクターと言えるだろう。

ユダヤ人がナチスによって迫害を受けて来たとされる
「通説」とは矛盾するものの、
実際にナチスに資金提供して来たのは
ユダヤ人をはじめとする国際金融資本家なのである。

ロスチャイルドをはじめ、
ユダヤ人で米石油王のJ・ポール・ゲッティが
第二次世界大戦初頭に、ナチスを支援した中心的人物だった事が、
後に英国立公文書館の情報開示によって明らかにされ、
欧米メディアでもトップ記事として取り上げられている。


外国人参政権法案の動きは、カルトと裏社会を抜きには語れない。

外国人参政権の問題を一言で言えば、
国際金融資本勢、世界的カルトネットワークが
在日外国人を使って日本の国家という枠組みを
内部から崩壊させ独占体制を樹立しようとする、
彼らの長期的な計画のひとつの目論見と言えるだろう。

言い換えれば、政官暴(警察・検察含む)と
利権を共にする彼らの「日本乗っ取り」の謀略のひとつなのだ。
国際化云々の問題ではない。
感情論で語るような問題ですらない。(私も韓国人の友人が沢山いる)

外国人参政権の法案を通してはならない、ホントの理由はここにある。

日本という国を消滅させたくないのなら
外国人参政権に断固として反対すべきなのである。


 

投稿日時 - 2016-07-18 03:51:24

QNo.9203117

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 僕は在米日本人なので、アメリカでは参政権がありません。それが当然だと思います。

投稿日時 - 2016-07-18 06:00:12

お礼

ありがとうございました。

仰る通りと思います。

投稿日時 - 2016-07-19 03:17:03

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

何処の三流記事?

これからの地球には 日本もアメリカも無い・・

それが現実になる日は近い・・

投稿日時 - 2016-07-18 15:55:56

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-07-19 03:19:00

スカルボーンにメンバーって日本語で言えば骸骨のメンバー?カッコ悪い。

投稿日時 - 2016-07-18 12:00:37

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-07-19 03:17:55

あなたにオススメの質問