こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

動物の交尾を見てて思った人間一夫一婦制の・・不備?

私が最近目にする動物のオスは、一日に何度も交尾をメスに仕掛けます。
さっきやったダロってくらい間が空かないくらい頻繁に。
交尾のその時は、オスがメスに跳びかかって抑えつけてやっちゃってます。
狭い檻の中なので、メスは逃げ切れなく、やられ放題です。
交尾で抑えつけられて動けない時以外のメスは、ノイローゼか気が狂いそうになってるのかと思える変な動きです。
思考能力も判断能力も失ってる様子に見えます。そしていつも落ち着きが無く意味無く動き回ります。そしていつも逃げ腰。

試しに、オスを捕まえて別の檻に入れてみました。
1日目・・メスはオスの不在に不安が一杯でオスを呼び探しました。
     オスは別檻内でメスの元に行こうとメス側の檻から離れず右往左往。
     大声でメスに何度も吠えたてました。
2日目・・可哀そうだし、愛し合ってるんだなと思って再同居させました。
     オスをメスの檻に近づけるとオスは入りたくて?大暴れ。
     檻のドアを開けた瞬間に?!もうメスを抑え込んで交尾してました。
     暴れてたのは、ヤリたかったのねーと思ったのでした。
2~4日目
   ・・メスの様子を見ながらオスを同居させたり別居させたり。
     別居させたとき、メスが、私の目を初めてジッと見詰めたので、
     だまって、うん、うん、と頷いて大丈夫だよと言っておきました。
     あんな落ち着いた様子のメスを見たのはこのときが初めて。
     この時から、何でもからとにかく逃げようとしていたメスは、
     私から逃げなくなった。
5日目・・別居の時、メスも檻のオス側から離れないので、
     たがいに愛?か愛情かはあるのかなとは思うけれども、
     同居中に数回以上の交尾を求められてもメスは断固として逃げるし
     拒否る強さを見せるようになったので、
     メスの拒否姿勢が見えたら即座に私が別居させるという連携で。
以降~・・夜、寝させる前に同居させ、短時間で真っ暗にして交尾不可能に
     してしまい
     (といってもその短時間数分間にオスは数回も交尾完遂)、
     そうしてオスメスで落ち着いた夜を味わってもらって、
     翌朝明るくした瞬間から数回の交尾で襲ったあとのオスがメスに
     明白に拒否られ始めたオスをメスの檻から取り出して別居させる
     という生活サイクルでうまくいかせています。

この動物は、自然界では一夫多妻が普通です。
この、動物のオスの性欲と自然界での多妻制と、
ここの質問や回答に書き込まれてきている人間のオスの生態とを並べてみると、
オスっていうのは、やっぱり本来、多妻があるべき状態なのではなんて思ってきています。

では、何故に日本では一夫一婦制になったのか? もしかしたら、
 ☆ 多妻を養える財力を全オスに持たせ得る体制を作るのは不可能
 ☆ 制定当時は遊郭・赤線?青線?・とかの公的認可のメスで補えてた
 ☆ 女性に選挙権ができて女性の存在と気持ちを重視していくうえで、
   オスの性的メス必要度が主張できなかった。

現代の問題点は、 もしかしたら、
 ★ 女性が、一夫一婦制が絶対に正しいと思い込んでいるところ?
   そこから悲しいという感情とかが生まれるので。
 ★ 男性が、公的じゃないところの女性たちを
   とにかく捕まえてとにかくヤッテしまおうとするところ?
   できれば安価にというのも加えて?

昔の問題点は、もしかしたら、
 ※ 公的女性に福利厚生が無かった?
 ※ 公的女性の性病を防げていなかった?

昔の一般市民は、
 ◎ 銭湯が男女混浴だったらしい  のは関係あるかも?
 ◎ 婚姻?関係や、誰の子?っていうのにおおらかだったらしい
   (女性の中の性欲強い人たちは活動の場が普通にあったかも)

今の法律の、男女や婚姻や嫡子とかやらは、
昔の、一部の格式を重んじる人たちに一般市民が倣いたかったのかも?
そういう多くの民衆の気持ちも、流れの方向に影響したのかも?


と、ここまで頭をよぎったところで、気力が切れたので、

アンケートさせて下さい。

一夫一婦制は不備でしょうか?
   

投稿日時 - 2016-07-20 16:09:40

QNo.9204226

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ハーレムを築ける程の力を持つ「強い男」にとっては不利。
メスと交尾する事さえ叶わない「弱い男」にとっては有利。

投稿日時 - 2016-07-20 16:19:42

お礼

>メスと交尾する事さえ叶わない「弱い男」にとっては有利。

「弱い男」の存在を忘れてました~。
弱いというか、草食男子。
そうかぁ、少人数で殆どの女性を取り込まれるってこともありますね~。


そういえば、この前テレビに出ていた国の一夫多妻の夫は、妻たちの家を日替わりで夜を過ごすとか。でも、老体だから無理なときは村の若い男を指名して代わりにヤレッとやらせるって言ってました。
(妻たちのホテリを満たす義務?を果たしてあげるため?!)
それで子供ができても、全部自分の子供とみなすそうです。
でも、奥さんたちには拒否権があり、その気になれないって言って断ることも受け入れられているそうです。
大事な客人に奥さんを提供する習慣もあるけど、それにも奥さんの拒否権が認められているそうです。
それにしても、これだと、「弱い男」でも経済力が無い男でも、ヤレますね。

投稿日時 - 2016-07-20 17:35:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

お礼ありがとう。

発情期については、実は良く知らない。
オスはいつも発情してて、メスにだけオスを受け入れる期間(発情期)があるのか、それともオスにも、したくない時期があるのかどうか?
楽しみにしてますので、是非とも、実験した結果をご報告願います。
(※ちなみにどんな動物ですか?カブトムシは夜中、煩いくらいにギシギシやってましたが・・・)

法律に縛られてストレスを持ちつつ不倫とか浮気をしている方たち?についてですが、
確かに本能の赴くまま、「自由に出来たら良いのに(涙)」と思ってらっしゃる方も沢山いるとは思いますが、
これもまた違う価値観?変わった人達がいらっしゃって、相手が本気になった瞬間にその関係は終了、つまり、不倫とか浮気とか、ストレスがあるからこそ、スリル罪悪感があるからこそ楽しいという人も居るみたいですよ~。
ちなみに、奥様と別れて愛人と結婚しようとした瞬間に、愛人から振られてしまう哀しい男、結構居るみたいですね(涙)

でも、結婚制度自体が崩壊したら、♪あたりまえ~あたりまえ~♪そんなことも思わなくなるのかもしれませんね。
いや~ジャイアンが力ずくで静香ちゃんを、ジャイ子がのび太を。。。なんて時代がやってくるのでしょうかねぇ。静香ちゃん、可哀相(涙)

投稿日時 - 2016-07-21 19:06:29

お礼

動物の発情期って、複雑なんですね。もしかして種類によっても違うかもですか?うちのしか見れないけど、ちょっと観察してみますネ。
(※ナイショです)

>奥様と別れて愛人と結婚しようとした瞬間に、
 愛人から振られてしまう哀しい男、結構居るみたいですね

そういうの知ってますけど、そういう女性がそんなに居るんですか
一夫一婦制度での不倫では、女性が上手いく姿のほうが見ていて安心で楽しいです。哀愁漂う男性は魅力的に見えるかもだし。


結婚制度が無いと、力尽く?
それじゃ原始ですよ~
でも制度が無かったら確かにそうかも。

じゃなくて、
結婚制度はアリとしての多妻アリの多夫アリのの。
男と女の幸せのカタチの作り方があればの希望と期待の思考模索です~。

投稿日時 - 2016-07-21 20:11:14

ANo.9

一夫一妻自体は不備ではないと思いますが、浮気や不倫が慰謝料案件になってしまうことは不備かな~と思いますね。結婚は契約なわけですけど、人間は動物ですから他の異性に目がいってしまうのは仕方ないこと。決まりとして決めるようなことかな?って。

僕は今二人の女性と不倫していますけど、それはお互いの同意であって、一夫多妻制もある種同意の下だと思うんですよ。女性のほうの事情で仕方なくだとしてもね。現代はすっかり一夫一妻ですから、他の女性もとなるとこっそり楽しまないと白い目で見られますね。

投稿日時 - 2016-07-21 11:08:07

お礼

>結婚は契約なわけですけど、
 人間は動物ですから他の異性に目がいってしまうのは仕方ないこと。
 決まりとして決めるようなことかな?って。

そうですよねー。
偏った決まりでは決めて欲しくないですよね。

対社会的にはこっそりとでいいと思うんですが、
妻と第2妻と第3妻の3人ともがお互いを知っていて認めてのお付き合いでしょうか?

私の思う、社会的多妻制というのは、
テレビで見た他国のことなのですが、
全ての妻どうしが互いを認め、生活を協力し合っていました。
妻が多いので、それぞれの好みと能力で第1妻が振り分けていました。
外貨を稼ぐ妻・家事をする妻・子供を保育する妻・・・

制度にすると、それは、社会的生活、「生活」になるみたいです。
質問者さんのお付き合いがまだそこまでいっていないのは、
制度に乗っかった付き合いじゃないからだと思います。

ところで、私は上に、
  妻と第2妻と第3妻
と書きました。
質問者さんは、妻と、他の2人の女性を明確に区別なさってると思ったから、妻は妻と書き、第1を付けませんでした。
制度の多妻は、区別しません。第1・第2・第3・・・です。
制度の多妻は、ただの遊び的なものではないようです。

投稿日時 - 2016-07-21 19:51:11

ANo.8

(再)少なくとも鳥の中には終生厳格な一夫一婦制を採用しているものが確実に存在します。私は詳しい知識はありませんが、ほかの動物の中にも必ず一夫一婦制を採用しているものが少なからずあると思います。つまりオスメスの関係は、その動物がどういう生態を持っているかで決定されるものなのでは。これは人の場合でも同じなのでしょう。

投稿日時 - 2016-07-21 03:31:49

お礼

ペンギンだったかも。オシドリは実は違ったらしいし。他の、名は忘れましたが野鳥なんですけど、実は相手の目を盗んで浮気?しまくってるのが確認されて説が覆されたし。

ペンギンはまだ浮気?は確認されてないので、終生一夫一婦制だとして考えてみます。
過酷な環境で子育てを完遂しなければいけないからかもと思いました。

ところでペンギンは、自分の子供を亡くしたら、他人の子を奪って育てようとします。そこに一夫一婦制的な理想論倫理観と通じるものはあるのかなという一抹の疑問のひっかかりを少し感じます。

人間の生態とは?と、ウィキペディアを見たら、「社会生活をしているありのままの様子」とありました。
私に今まで見えた人間の生態では、一夫一婦制はストレスと不幸を生むことが多々あるように思えたのです。

投稿日時 - 2016-07-21 06:22:19

不備です

恋愛は自由ですから、既婚者と恋をしただけでどやこや言わないで下さい

雷か宝くじに当たるようなもんなんです

「あっ」「パッ」なんです

一夫多妻制でもいいじゃないですか~

投稿日時 - 2016-07-20 22:34:08

お礼

そうですよねー。。

制度としては、いちおう、多夫多妻制にしておいてくれて、
多夫を選びたい人も多妻で生きていきたい人も
自然体で無理なく社会に存在できるといいかもと
私は頭のどこかで思っていてこのアンケートを出したみたいだと
気付きました~。

投稿日時 - 2016-07-21 06:04:51

ANo.6

う~ん、モテない村の住人のために、一夫一婦制は不備ではなく、敢えて合理的だと主張しましょう。

例えば、ひとりの強い将軍様が、もし、全女性を囲ってしまったとしたら。。。
ひとりじゃ、生殖能力にも限界がありますよね。一晩、何人まで可能でしょうか?

それに、遺伝子学的に、血が濃くなりすぎると、異常な子供が産まれる可能性が高くなると言います。
だから、近親相姦は禁止になってる?
いくら、強い男だとしても、血の繋がっている女性との婚姻はお勧め出来ませんし。

次に、(女性とお付き合い出来ない)モテない村の住民のモチベーションが下がって、GNP(国民総生産)も下がってしまうでしょう。

ということで、(かなり強引で極端ですが)一夫多妻制も不備。

ただ、oyatsuyaさんが仰るように一夫一妻製も不備と言われるのであれば、
やはり、ここは、究極の選択?
多夫多妻制にして?または夫も妻も無い?誰とでもOKにして、産まれて来た子供は全て政府が管理するなんてどうでしょうか?

ふ~う、でもね。私は、やはり一夫一婦制がいいな。
他の男と妻を共有するなんて、考えたくも無いですし、一夫多妻制だとしても、沢山の妻達が、嫉妬せず、仲良く一緒に暮らすなんて、どこかの新興宗教団体とかで洗脳されているとしか思えないし。

あっ、最後に、動物って、発情期以外は、そこまでやらないと思いますよ。
パンダなんて発情期以外、そんなことしないから、繁殖が難しいと聞きましたから。

投稿日時 - 2016-07-20 21:32:51

お礼

>やはり一夫一婦制がいいな。
 他の男と妻を共有するなんて、考えたくも無いですし、
 一夫多妻制だとしても、
 沢山の妻達が、嫉妬せず、仲良く一緒に暮らすなんて、・・

多くの人のこういう気持ちを大切にしての一夫一婦制制定だったとは思うのですが、

実情からすると、そういう人たちばかりではないようで、
性とか恋や愛?の自然発生に正直な人達は制度があることでコンプレックスを抱いたり動きが取れないことで辛かったりしているようなので、
一夫一婦制は、もしかしたら、人の脳というか理性とか思考とかの部分が作り出した西洋キリスト教的人間を理想化してさらに理想人間を現実化しようとした制度で、人の体の部分が絡む自然体をけだもの類的行為とみなした?ことに依るのかなと思えてきました。

kaitara1さんの回答をヒントに考えると、一夫一婦制のほうが、国としては統制し易いのかもしれなさそうとも思えてきて、その面からも一夫一婦制が採用されたのかなぁ。ほんとに一夫一婦制のほうが統制し易いのかどうかはまだよく考えてないので、そうかも?と思ってみただけですが。

発情期だったのか~。そしたら発情期が終わったら、メスとずっと同居させてあげることにします。幸せかな。どうでもよくなってるかな。
観察してみます。

投稿日時 - 2016-07-21 05:55:31

ANo.5

元々動物には「夫婦」という概念がありません。多くの動物ではあくまでその年の組み合わせをしていただけで、子育てが終わればまた別々に別れます。ゾウなんかは母系集団で、その集団に生まれたメスはそのまま母や祖母、叔母や姉妹、従姉妹と一緒に暮らしますが、オスは青年になると追い出されて別の集団に入れてもらわないといけません。

基本的に自然界では非常にオスは過酷な環境です。なわばりを持てたり、他のオスより強ければウィナーテイクスオールでメスをゲットできます。しかし、なわばりを持てなかったり他のオスに負けたオスはお童貞様のままその生涯を閉じます。考えてみると、なわばりも持てず、他のオスにも勝てず、セックスもできないまま何も得られなかった人生が終わってしまうのです。哀しすぎます。
「夫婦」というのは、そういうモテない男子の救済措置だったと思います。自然の闘いに任せると、性愛貧富の格差があまりにも大きくてごく一部の男子しか報われません。少しでも多くの男子に、機会の平等ではなく結果の平等を、という社会主義的なシステムとして結婚という制度ができあがってきたのではないかと思います。

私はね、供託金を提出したら第二夫人というのを認めてもいいんじゃないかと思いますよ。例えば年収1億円の男性がいたとして、その人が結婚したらいってみればその妻がウィナーテイクスオールになるわけじゃないですか。貧困であえぐ女性がその貧困から脱しようとして結婚しようとしても、年収1億円の男性なんて滅多にゲットできません。選べて年収200万円の貧乏人の男だったらあまりに虚しいです。年収1億円もあるなら、1000万円くらいのおこぼれにあずかったっていいじゃないか、という考えもできるかと思います。

投稿日時 - 2016-07-20 18:44:31

お礼

自然界のメスが勝者のオスと交尾するのは、強い子孫を残そうとするメスの本能からだと読んだことがあります。
ということは、一夫一婦制は、弱い子孫も残すことになるかも。
ですが、世の中、強者同士の集まりの中ではやはり強弱がつくことを思い起こせば、最初から弱者がいるほうが混沌期間がほとんど無いという部分で安定していられて、そのゆとりのエネルギーで独自の文化が育つということになるんでしょうか。

>少しでも多くの男子に、機会の平等ではなく結果の平等を、
 という社会主義的なシステムとして結婚という制度ができあがって
 きたのではないかと思います。

その社会主義的なシステムとして出来上がった結婚という制度が
その意義をまっとうできたのは、文化的に日本人全員の意識と総力を動員しての「お見合い」制度?だったのかも。
昔の人たちは縁故による「お見合い」で当人同士顔も知らずに結婚していたとか。当人以外の人たちがいろんな条件等を厳しく?甘く?考慮して決めてしまったらしいです。
しかも、結婚後の夫婦喧嘩の仲裁にも入って、維持に手を貸していたらしいです。
これだと、まさに、eroero4649さんのおっしゃる理想の社会主義システムですよね。

今の私たちが知ってるお見合いって、いろいろあって、なんだかeroero4649さんのおっしゃってる社会とは違うところもあるから
だから?
このサイトに一時期よく質問で出されてた、彼女できないし結婚もたぶん無理って悩みの男性たちができてしまっているのかも。

供託金?、政府にではなくて、第二婦人に供託するってことですね?
第二婦人への生活費を、供託金って公の名称にしたら法整備までしなくても「第二婦人」は社会的に存在を認められやすいのではというアイデアなのかなと読み取りましたけど、間違っていたらすいません。


それにしても、いろんな質問へのeroero4649さんの回答から、
eroero4649さんは一夫多妻でもやっていけそうという印象です。(笑)

投稿日時 - 2016-07-20 20:31:51

ANo.4

一夫一婦制でないと独自の文化が育たないそうです。つまり家庭が安定しないと何も出てこないということなのでは。

投稿日時 - 2016-07-20 18:10:15

お礼

>一夫一婦制のほうが家庭が安定する

っていうのは、miku-chiさんが教えてくださった、女性ホルモンの関係での妻の心の安定からくるものなんでしょうか。


>家庭が安定すると、独自の文化が生まれる

そうか、、多妻で、且つ、妻たち全員の心身を安定させると独自の文化が生まれるということも有り得るということですね。
でもそれは、夫ひとりだけでは不可能ですよねー。それは私もそう思います。

投稿日時 - 2016-07-20 19:12:32

ANo.3

不備といえば不備ですね。
入籍は男女それぞれ1人ずつですが、入籍しなければ合意の上ならば何人愛人囲おうが自由ですから。
ただ、女性は二股以上とかはホルモンの関係で(パートナーを独占しないと不安定になるから)嫌がりますし、未入籍状態で子供ができたり産まれたらいろいろ大変みたいだし。

今の一夫一妻制は欧米の価値観を押し付けられて・・・というか真似たものですからね。。。
明治維新前は将軍は大奥を持っていたし、一夫一妻というわけではありませんでしたからね。

ただ一夫多妻は女性蔑視というか、女性の人格を無視しがちになるので・・・

顔も性格もいい男が複数の妻を持っても平等に愛せて、複数の妻とその子供も働かせることなく満足に食べさせることが出来る・・・じゃないとね。。。
財力無かったら男はただお金稼ぐだけの奴隷に成り下がるだけですけどね。。。


ちなみに猫は多夫一妻です。
しかも雌に交尾選択権があります。
そしてウサギの交尾は物凄く短いです。

投稿日時 - 2016-07-20 17:05:07

お礼

当時は欧米が絶対的最高という見方だったんでしょうか。

そろそろ自分たちなりに変えてもいいんじゃないかなぁという気もします。


書いた動物は、1回3~4秒です。
それで何回もヤルから、出すときの男だけの快感のためだけに
女を抑えつけて無理に多回数やってる
とも思えてしまうんですよね~。困ったオスです~。

投稿日時 - 2016-07-20 17:48:40

ANo.2

これからは 
1夫0婦 0夫1婦 
これで人口削減

投稿日時 - 2016-07-20 16:40:20

お礼

それが出来る人たちのパーセントは低いかも。分からないけど。

投稿日時 - 2016-07-20 17:36:43

あなたにオススメの質問