こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アンプのオーディオの時代は終わり?

昨今スピーカーをわざわざ持つ人も減っており、
仮にあるとしてもアクティブスピーカーやAVアンプのような比較的カジュアルなオーディオが多いように感じます。

1.スピーカーの時代は終わりなのでしょうか?
2.プリメインアンプやプリアンプ・パワーアンプの時代は終わりなのでしょうか?

投稿日時 - 2016-08-01 10:42:01

QNo.9209415

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

回答というつもりではありませんので、気軽に読み飛ばしてください。

終わりではなく、業界の動きとしては3年程前からリタイヤした団塊世代を意識して少し復活してきたように思います。
ただ、30年前のような企業の顔になるような勢いはありません。

生活様式というか音楽を聴く時間や場所の変化によるでしょう。プライベートではほとんど音に浸れる環境がありません。

業務用と、時間とお金が有って音楽を聴くのが好きな人が居る間は、大型のスピーカーは無くならないと思います。でも、業務用も大規模用ではなくツアーモデル(移動目的の小規模PA)用のパッシブスピーカーも絶滅に瀕しています。60~70年前にはこのクラスの業務用スピーカーがキャビネットを家具調にリファインしてハイエンドスピーカーになっていました。ALTEC・EV・JBLなど一世を風靡したスピーカー達ですね。
絶滅に瀕している理由は、このクラスにどんどんDSPで補正されたアクティブスピーカーが出現し、スタジオモニターのようなフラットな特性も可能で選択すれば用途に合わせた特性が簡単に得られるようになって、運んでポンと置けば一丁前の良い音が誰でも出せるようになったからです。私にとってアクティブスピーカーは理想形に近いので、時代がやっと追いついてきた感じがしてます。近い将来ハイエンドマニア向けにもDSPアクティブ方式が導入されるかもしれません。
私の場合、自由に音が出せる環境を手に入れたら、メーカーの違うDSPアンプを組み合わせて自分オリジナルの音を作りたいですけど。現在は住環境と同居人の反対意見で大口径スピーカーは叶いません。

PCスピーカークラスのローコストのアクティブスピーカーは、安価にできるようになったDSPすら使えませんが、回路で補正を加え、イコライザ+アンプ+スピーカーで補正した程度の音が得られますので、サイズの割には低音が出るスピーカーを提供可能です。小ぢんまりと盆栽~箱庭的な音だと思いますけど。
しかし、ニアフィールドモニターなど安価でもDSPアクティブスピーカーは侮れないと思います。

混迷しているのはプリアンプでしょうね。
全盛期にはPHONOイコライザーという役割がありましたけど、ビニルレコード盤は事実上市場から消滅してます。
そして入力も、アナログ・デジタル共に多様で変化も早く、どれに対応してどれを捨てるか悩みどころです。アナログは変換アダプターという方法でお茶を濁せても、デジタルはSP/DIF・HDMI・USB・LAN・WiFi(Miracastなど)・Bluetoothなど互換性が難しいですので。それだけ音源や接続方法が多様化しているという事です。
入力セレクターあるいはミキサー的な物になるかもしれませんが、現在まとめ役不在で、ここが一番難しい部門ということですね。

投稿日時 - 2016-08-01 13:01:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

『音』だけで言うなら、スピーカー<<ヘッドフォンです。間に”越えられない壁”があるほど両者の性能差は著しいです。
なので、スマホにヘッドフォン(イヤホン)で、耳で聞く『音』としては、かなり上質な環境となります。
デカ物のスピーカーは、今後もどんどん小さくされていくでしょう。

そういえば液晶モニターで、液晶パネルを音の振動板に使ってるものがあったような気がしますが、上手くすれば平面スピーカー復活ですねw

投稿日時 - 2016-08-02 10:30:48

ANo.4

はじめまして♪

どういう状況を「終わり」と考えるかでしょうねぇ。

前世紀末くらいまでは家庭内に「オーディオ機器を並べて」というスタイルでしたが、今では「プライベートユース」が進んで、大きなオーディオ機器を並べる人は確かに少なく成りました。

最盛期に比べ、大きく減った。 これを「終わり」と考えれば、そう言えなくも有りません。
しかし、一般家電店等にはほぼ見なく成りましたが、専門店では昔と同じように、各社のアンプ群、各社のスピーカー群が並んでいます。
本当に趣味性が高い範囲では、しっかり生き残っていますから「終わっていない」という考え方も出来ると思います。

投稿日時 - 2016-08-01 18:41:32

ANo.3

スピーカーは小型のものかスティックタイプが主流になっています。
アンプはAVアンプが確かに多いですがプリメインアンプも意外と出ていますよ。
最近ではテクニクスブランドでプリメインアンプを出したりYAMAHAがピュアオーディオを復活させてプリメインアンプを出したりしています。
YAMAHAはほかにもハイエンドなNSシリーズのスピーカーも出しましたね。

セパレートアンプはハイエンドがメインでお手軽なものはほとんどありません。
また、デジタルアンプが人気でデスクトップ用の小型アンプなんかも出ています。

投稿日時 - 2016-08-01 15:50:55

ANo.1

そんなことありません。いい音楽をいい音で聴くためには、いいアンプといいスピーカーが不可欠です。そういうハイレベル愛好家はまだまだいます。安価なアクティブスピーカーやAVアンプでは駄目です。でもそういうハイレベルな音楽を聴く人が少なくなり、低レベル音楽で満足している人がほとんどになっているのも事実です。アクティブスピーカーはまだしも、今の人はほとんどがスマホで聴いているでしょう。あれはとても音楽とは言えない。

投稿日時 - 2016-08-01 12:40:07

あなたにオススメの質問