こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

転職活動でスランプ状態です

現在病院の事務の仕事に就いている20代前半の女性です。
今の職場は小さめな個人病院で、人の入れ替わりが激しく、辛く当たり散らされ病気になったり、退職したりという人が多々います。
私はここで1年半勤めていて、退職の意思は去年からあり、いじめられるのが怖くて行動に移せずにいましが、どうしても耐えられないのと、ファッション系の仕事に就きたいので退職の決意を固め、病院の院長に相談しました。
しかし急に辞めるなんてありえない、今辞めたらうち(病院)がどうなるかわかってるのか、みんなに恨まれるぞ、、等々凄まじい勢いで止められました。
私もすぐに辞めたくて、2週間で退職したいなど無理を言ったのでキツく言われるのは仕方ないと思います。
モラル的には引き継ぎをしっかりこなし、辞めていくのが正しいと思います。けれどそれで裁判を起こすとか、一生働けなくなるとか言われるとさすがにおかしいと確信しました。
他にも散々言われました。
経営者がその様な人なら尚更辞めたくなりました。

ただ問題は次の仕事です。
私は保育系の専門学校に通っていたので保育士免許はあります。
しかし保育士の仕事は実習の時点でやりたくないと思いました。
そもそも高校が進学校だったので、9.5割型の人達が大学に進学するため、進学の流れが強く、なかなか進路が決まらず焦って決めたため、保育士になりたい気持ちは元々微かにしかありませんでした。
服が好きなので服関係の仕事がしたいです。でも世の中保育士が足りていません。保育士はしたくなくても資格はあります。
医療事務の仕事は全然気が進みません。
服関係の仕事がしたいはずなのに、土日休みじゃなければ窮屈かもしれない、保育士をすれば必ず辞めたくなるだろうとか、、今度の職場選びは失敗するわけにはいかないと考えると自信がなくなり、スランプ状態に陥りました。
こんな私でもしっかり転職できますかね、、?今の職場は9月末までの予定です。
みなさんは仕事を探す上で何を重視されますか?

投稿日時 - 2016-08-15 19:31:04

QNo.9215703

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

前述の今の職場でのエピソードは分かりました。 引継ぎ等から9月末までというのも院長の立場で理解できなくもないです。
その後は、あなた個人の問題で、、、先ずは、アパレル業から挑戦してみたら?というのが私の考えです。 保育士は国家免許として優遇されているわけですから、あなたが結婚後、又は子育て終了後、いつからでも、、、また、旦那さんの都合で、地方に行っても保育施設は必ずあります。 そう考えると、独身時に出来る仕事、独身時にしか出来ない仕事の選択を勧めます。 単にアパレル業と言っても、今は多種多様の媒体を使って製作、流通、販売(ネット含む)がシノギを削って混在しています。 職安や地元広報紙等に掲載されている企業もただただ有料の紙面を出しているわけではありませんので、企業訪問なり見学なりさせていただいて、会社の大小に惑わされることなく腰を据えて就活に望まれることを願っています。(文章が小さめの個人病院から始まっているので、イメージで判断されないかと心配です。職場体験、様子見学にしても笑い声や電話の対応を聞けば雰囲気が分かります。女性は特に一生そこに働くわけではありませんので、給料よりも楽しい職場の選択をお勧めします。)

投稿日時 - 2016-08-16 15:40:16

お礼

やりたいことをまずは体験してみることにします!
何事もやってみなければわからないし…前向きになれました!ありがとうございます!

投稿日時 - 2016-08-18 23:22:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>医療事務の仕事は全然気が進みません。
>服関係の仕事がしたいはずなのに、土日休みじゃなければ窮屈かもしれない

 希望のお仕事ですから、一度、経験してみるのもいいんじゃないでしょうか。
 土日休みじゃなないお仕事とはいえ、最初の半年は「たのしい」残りの半年は忍耐という感じで1年後にやめるかどうかを考えるくらいでいいと思うんですよ。
 医療事務をやってきたのなら、服関係の仕事に応募したとき、事務能力については戦力だと思われるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2016-08-17 16:21:32

お礼

まずは経験ですよね!
これからどんな方向へ進むかわからないですが、前向きに頑張ります。
回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2016-08-18 23:24:50

ANo.3

>モラル的には引き継ぎをしっかりこなし、辞めていくのが正しいと思います。けれどそれで裁判を起こすとか、一生働けなくなるとか言われるとさすがにおかしいと確信しました。

 おかしいです。
 法律上はどうなっているか確認するなら、次のような窓口を使うのもいいでしょう。
 https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/soudan-c/center/consult/guide.html

 自分に非が無い退職で勤労意欲があれば、次の仕事はみつかると思います。

投稿日時 - 2016-08-16 18:12:49

お礼

おかしいですよね、どう考えても。
怖くて院長の目を見ることができません。
勤労意欲はまだまだあります!頑張ります。

投稿日時 - 2016-08-18 23:23:26

ANo.1

考え方1つだと思います。

それとアパレルでも、工場とかネットなら
土日休みなんてところもあるかも知れません。

また、土日休みじゃなくても、逆に空いている平日に出かけるのは
有意義な気がします。

自分の人生なんで、やりたいことをやれば良いし
転職だって別にいくらでも若い時なら、色々やって
良いと思います。

肝心なのは、すぐ行動出来ることです。
すぐ行動することが出来るなら、若い時に色々な経験を
積むことが可能です。

ただ、あまりお勧めしないはやりたい職種をコロコロ変えることです。毎回、毎回、新しいことを覚えなければならないのは、知識としては広くなりますが、技術や専門知識としては弱くなります。

なので、ファッション系に進んでいじめられても、職種は変えず
会社を変えることをお勧めします。

本来なら、病院の事務を転々とした方が
知識は深くなり、雰囲気や待遇が良く分かるように
なりますが、本当にアパレルでやって行きたいなら
若い時に変更して、どんどんアパレル業界を
経験していくことをお勧めします。

ただ、そこでなかなか転職が困難であるなら
何か予備知識や資格、勉強をしてからでも
良いと思います。

それが販売員なのか、スタイリストなのか、雑誌なのか、何で関わりたいのか良く分かりませんが、その辺りの知識や資格を身につけることはした方が良いでしょう。
でなければ、転職するにもスキルはともかく意欲が
感じられません。

投稿日時 - 2016-08-15 21:04:20

お礼

ですよね、職種は絞って一貫するべきだと思います。
今はまだある道も歳とともにどんどん塞がっていくと思うのでしっかり向き合い考えたいと思います。
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-08-18 23:21:05

あなたにオススメの質問