こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

工場内(生産現場)でのお客様への挨拶について

お世話になります。
仕事上での挨拶のマナーについて意見を伺いたいです。

仕事上での挨拶のマナーについて調べると、いわゆるビジネスマンのビジネスマナーに
ついての情報をたくさん得ることができます。

ただ、今知りたいのはビジネスマンの挨拶についてではなく、生産現場(工場内)での
作業員を対象とした挨拶のマナーです(知りたいというか、アドバイスが頂きたいです)。

具体的には、「工場内での作業中」に「工場見学にいらしたお客様」に対しては、どこまで
の挨拶を求めればいいのか、ということです。

条件として

・作業者は作業着に帽子あり、一部マスクあり
・騒音の大きい現場、蒸気の立ち込めている現場あり
・工場内の移動通路(道路)あり

です。

この場合、基本的には帽子をとって「こんにちは」でいいのでしょうか?

上長からは「作業員に周知徹底できる資料を準備する」よう指示が出ています。
ですので、

・このWebページが参考になる
・こんな本がある
・ウチの工場ではこうしている

というアドバイスが頂けると非常に助かります。

長文失礼しました。
何卒ご教授お願いいたします。

投稿日時 - 2016-10-05 23:11:06

QNo.9238754

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私は取引先(発注元)として、製造メーカーの工場に行くことが多い者です。
「工場見学にいらしたお客様」の視点で回答させていただきます。

条件とされている作業者の場合ですと、黙々と作業に取り組んでいる方がむしろ好印象です。
3087gsiさんや、当日の案内役が丁寧な対応をとれば十分です。
工程を見学する中で、それぞれの生産ラインの代表者(責任者)が一声挨拶くださることもあり、それも一つだと思います。

重要取引先と認識いただいている場合、きっと事前に明日〇〇社の人が来ると説明されているのでしょう。
「こんにちは。いつも大変お世話になっております。」と挨拶いただくこともあります。
「手短」に「笑顔で」挨拶いただくのは好印象でした。

ヒントになりますと幸いです。

投稿日時 - 2016-10-07 22:02:17

お礼

回答していただきありがとうございます。
お客様の立場ということで、大変参考になりました。
「手短に」「笑顔で」というのがポイントな気がします。
具体的な意見をいただけてよかったです。

投稿日時 - 2016-10-08 14:50:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

 お分かりと思いますがなぜ工場の来客にこんにちはではなく黙礼が必要かを念のために書いておきます。ディスニーランドの客やユニクロの客はみな目的が同じで楽しみのために来ていますからこんにちはでいいのです。こんにちはとは、今日は良い日ですねという意味です。一方、工場に来る客は取引先だけでなく、労基や債権者や労災被害者の遺族も来ます。誰にこんにちはと言っていいか、だれに言ってはいけないか、「こんにちは対象」という腕章を客に付けさせるなら結構ですが、その度胸がないならだれにでも黙礼にしておくのが無難です。黙礼とは天皇陛下にもクソガキにもできる挨拶で、味方にも敵にもできる挨拶です。剣道ではこんにちはと言わず、しかも敵に対し礼を尽くしています。

 それでもこんにちはと挨拶する工場は実在します。これは社長のシュミシュミなんですから、そこまでやりたきゃ自由にやればいいと実は私も思います。

投稿日時 - 2016-10-07 20:50:25

お礼

回答していただきありがとうございます。
他の回答者の方の言っている通り、黙礼が一番応用がきくのかもしれませんね。
最終的には、おっしゃる通り上長の考え方、価値観で決まるのかなとも思います。

投稿日時 - 2016-10-08 14:54:02

ANo.3

そんな時間有ったら現場の人は迷惑といいます、なぜなら現場の人は
挨拶をするのが仕事ではありません。

<上長からは「作業員に周知徹底できる資料を準備する」よう指示が出ています。
<ですので
その上長不要なんでいらないというだけです、とても簡単な話です。

<基本的には帽子をとって「こんにちは」でいいのでしょうか?
現場を知らないのでしょうか、帽子とる暇有ったらライン停止してしまうか
製品が不良になってしまう、つまり異常発生しているといいます。
そもそも勝手に帽子をとることは許されていません、職場放棄になりますよ。

現場は挨拶という行為は遊んでいるといいます、つまり不要人材の対象に
されてしまいます。お客の対応は管理職の仕事なので現場の人には関係ない
話しですよ。

企業というのは最先端の仕事していますから、企業秘密というのが存在しています
つまりお客は工場内に立ち入れません、立ち入れるのは工場見学とかに限定され
ている、あるいは外部の人間が入ってくる時には専属の指導員がつきます。

投稿日時 - 2016-10-06 08:16:53

お礼

回答ありがとうございます。
製造業4社目の勤務で、業種も企業文化もバラバラだったので自分の現状の認識が良くなかったかもしれません。
現場を見ていないわけではないんですが、もう少し作業の実際を見なくてはいけませんね。

投稿日時 - 2016-10-06 21:07:58

ANo.2

工場というのは作業をしている現場です。

したがって、作業中には見学等の方に挨拶などをしてはいけません。
業務の障害になるからです。

しかし、通路を歩いているときにすれ違うようであれば、こんにちは、といい頭を下げるだけにするべきです。

脱帽をしてはいけません。それは作業上の理由があって着用しているからです。それを脱ぐことは作業から離脱することになります。

作業中に凝視されたとしても、基本的に対応はなしです。

話しかけられたらどうか、という話は論外で、そもそも作業中のものに話しかけることが非常識です。

投稿日時 - 2016-10-06 06:57:31

お礼

回答ありがとうございます。
他の方もおっしゃっていましたが、帽子を取るのはふさわしくないようですね。
こんにちわ+軽く会釈するくらいがちょうどいいのかもしれません。

投稿日時 - 2016-10-06 21:01:02

ANo.1

 帽子やマスクの規則があるのはハゲを隠すためでもかっこよくて似合うからでもなく安全や衛生のため必要だから着用する義務を設けたのです。客を見たら規則を破るというショーを見せることは企業の信用を高める所以にはなりません。機械を操作したり検品などしながら客に挨拶する必要もありません。客は工場に作業を見に来ており作業者とミッキーマウスは違います。廊下ですれ違う時、また作業中でも目が合った時に黙礼をするというならいいでしょう。ディズニー出身者が「こんにちは」を宣伝して回っていますが、社長の趣味ならやってもいいが、実は当方がこんにちはと言う事は相手にもそれを要求しており窮屈な儀式です。黙礼は常に誰に対しても使える上等でしかも便利な礼儀です。視線を落とし正しく黙礼することです。むしろ、仲間で雑談しながら廊下を広がって歩き客とすれ違っても通路をあけない、携帯をいじりながら歩いている姿を客にみられる、といった極端な無作法に罰を与える必要があります。

投稿日時 - 2016-10-06 00:04:16

お礼

回答ありがとうございます。
黙礼というのが、妥当なやり方なのかもしれませんね。
自分の視点とは違う意見を頂けて、大変参考になりました。

投稿日時 - 2016-10-06 20:56:45