こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【瑞典】徴兵制復活 【志願制では質が維持できない】

スウェーデン(瑞典)が徴兵制を復活させるようです。
-----------------
■ 徴兵制、復活へ=スウェーデン
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016100200016&g=int
・2018年からスウェーデンが徴兵制を復活させる。
・より安定し、頑強で、機能的な補強を目指す。
・志願制では質も量も維持できないことが分かった。
-----------------

男女平等の国らしく、男女の別ない徴兵制のようです。
スウェーデンは2010年に徴兵制を廃止し志願制に切り替えましたが、軍の質・量を維持できず、徴兵制によって質・量とも高めようという施策。

日本でも「徴兵制を!」という話がありましたが、現代兵器を扱うのは徴兵ではだめだ、との妄想垂れ流すネトウヨたちが口から泡吹いて猛反対してました。ビビッたんでしょうかね。
確かに現代兵器の扱いに習熟するには徴兵制で集めた短期任期の兵では物足りませんが、これは自衛隊のような志願制を廃止して徴兵制に全面切り替えするという話ではなく、プロ将兵としての自衛隊をそのままに、不足する部分を徴兵制で賄うという、そういう一般的な軍構成のわけでしたが。

対中国戦、中東・アフリカでの近代戦遂行の際にも、単純工作部隊・単純兵站部隊・単純警備部隊・単純整備要員に始まって、戦闘要員にしても単なるマシンガン歩兵部隊程度が必要な局面が多々あり、それら単純作戦をプロ自衛官に任せる余裕は本来ならば有りません。
主に一般地上要員として、徴兵制により招集した人材が必要になります。
どんなもんでしょうか。(← 質問その2)
自動車整備工やトラック運転手、船員、看護婦、水商売経験者など、特定の職業に定めて招集するという手法もありますし、むしろ本筋ではそれら専門職従事者の招集が志願制に比して重要でしょう。

ここで間違ってはならないのは、徴兵制とは公平に全ての対象者を招集するのではなく、国軍の必要に応じて望ましい人材を選択的に招集するというのが本筋です。第2次大戦時のように将兵が不足した総力戦時には全員招集もあり得ましたが、今のような平時や一般的戦時においては選択的徴兵の実施が普通です。

ちなみに、なんでスウェーデンの志願制はダメだったんですかね。(← おまけ質問)

投稿日時 - 2016-10-06 15:16:16

QNo.9238998

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

軍をアニメか何かに出てくるボタン一つで敵を掃討みたいに考える傾向が強くなってきたんだと思います。

巨人の星みたいな軍事アニメが出てくればもう少し風向きも変わってくるかもしれないですが、難しいかもですね。

投稿日時 - 2016-10-06 19:19:30

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-10-21 07:30:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

jipan さん、こんばんは。

徴兵制、復活へ=スウェーデンといいますが、どうせ、スウェーデンでは現役兵を1割位残して、ほとんどは予備役兵で、戦時動員で80万人まで増加させるというやり方でしょ。永世中立国を建前にしている国です。
そこまでして対抗するのはロシア軍でしょうか?それも間違いではないですが、一方ではまた、海外平和維持の任務が多く、そろそろ、部隊増強をしようにも志願制のパートタイムの兵隊が部隊定数に届かないというのが問題のようですね。

スウェーデン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E8%BB%8D

投稿日時 - 2016-10-09 12:56:25

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-10-21 07:31:09

軍隊で必要なものの一つは、命令に従う事です。命令に背くようでは軍隊という組織は崩壊します。
自衛隊でも能力や知識、技術などを一般社会の他の者より優れる隊員の大半は自衛隊以外の道を選択し自衛隊を去って行きます。
軍隊で一番に求められる人材とは上官から「其処を掘れ!」と命令されれば、「止めろ! 」との号令があるまで掘り続けなければなりません。途中で作業を中断して、休憩したり、他の作業したり、勝手な行動をする者は軍人としては不可です。
常識な感覚ある者は軍隊には不向きなのかも知れません。
また、個人主義も駄目です。
集団生活が出来て団結しなければ、士気が生まれません。
外国の軍隊と自衛隊とは表向きは同じですが
、階級の階層が自衛隊は相当に偏っていて全く違います。自衛隊も他国軍隊も階層は大きな区分では「士(兵)」「曹(下士官)」「幹部(将校)」の3段階に別れてます。
自衛隊の「士」と「曹」の人数は「曹」の方が圧倒的に多いです。他国軍隊とは逆の現象です。また、「幹部」は現在、定数割れであり、幹部が不足してますので曹が幹部の職に兼任している状態です。
自衛隊の平均年齢は、他国軍隊の平均年齢から軽く見積もっても15才以上離れています。
自衛官と他国軍人の個々の能力を比較すると、運動能力では自衛隊劣りますが、その他の全ての能力は他国軍隊よりも自衛隊が勝るのです。
「和」の精神を持つ日本国民ですが、この「和」は軍隊には必要な条件の精神分野です。その「和」を有する者が軍隊に居座る傾向があります。
「和」を上手く扱う能力を有するのが自衛隊では「曹」の誰もが持っています。
なぜなら、士から曹に昇任出来たからです。
世界では旧軍も自衛隊も日本の下士官は優秀と言われ続けてます。
自衛隊がもし、徴兵制の自衛官になれば、志願制の自衛官よりも現在の自衛隊よりも逆に質が落ちると思います。
選ぶ人材の基準が変わるでしょう。
国民の付託に応えず、裏切ってしまう自衛隊に変貌する可能性があります。
一般社会における優秀と言われる能力を有する者に軍隊には向きません。
自衛隊では精神分野も変えてしまっては誰も自衛隊に残らなくなりますし、国際活動では必ず失敗します。
現在の自衛隊は無事故無違反死傷者無しで国際活動の功績が続いてます。
選ぶ人材の基準を変えてしまったら終わりなのです。

投稿日時 - 2016-10-07 01:26:13

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-10-21 07:31:02

ANo.2

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8960.html

この資料によるとスウェーデンの20~24歳の人口は男子だけで約30万人程度。単純にいって1年で7万5千人というところで、質問者さんの記事によると毎年約4000人が徴兵となるそうですから、おおよそ5%といったところでしょうか。だから感覚的にクラスに1人くらいの割合で徴兵になる、ということになるでしょうね。
そもそもがスウェーデン軍が総勢で約1万5千人ということですから、陸自だけで16万人くらいいる自衛隊とはスケールが違いますね。

スウェーデン軍が徴兵を復活させる理由はよくわかりませんが、そもそも人口が1000万人程度(なんとまあ都民以下)の小国なので、たった1万5千人程度の軍隊でも志願制だと特に優秀な人材が集まらなかったという事情があったのではないかなと思いますね。現代の軍隊は極めて質重視です。昔の人民解放軍とかは字も読めないような兵士が山ほどいましたが、今の軍隊で字が読めなかったら兵隊も勤まらないでしょう?複雑な命令と兵器を使いこなさないといけませんからね。
あとね、いいこと教えてあげます。海上自衛隊(≒帝国海軍)と民間船員(民間船会社)って、不俱戴天の仇です。というか、船会社が海軍を嫌っているのですけれど。理由は先の大戦で民間の船舶が駆り出されて使い回されて甚大な損害を出したのに海軍が真剣に海上護衛任務をやらなかったからです。だいたい海軍全体の戦死率が18%くらいなんですね。これはパイロットとかも含めてです。一方の民間船員の死亡率は50%を超えているんです。死亡率ですからね。半分以上の船乗りは死んだのです。「日本の船乗りは海軍に殺された」っていう恨みは今でも船舶業界に受け継がれているんです。私の親友は民間の船乗りをやっているのですが、一等航海士とか二等航海士になるには「何海里の実務経験」が必要なのですが、自衛官はその実務経験は民間船の倍の距離が必要なのです。なんで自衛官は倍の経験が必要なの?って聞いたら、親友は吐き捨てるように「アイツらは、俺たちが1人でできる仕事を3人がかりくらいじゃねえとできねえからな」といってました。だから船舶業界は海上自衛隊に協力なんて絶対しないですよ。陸軍と海軍が仲良くやれってくらい無理な話・笑。

投稿日時 - 2016-10-06 17:34:48

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-10-21 07:30:47

ANo.1

スウェーデンは軍隊の話です。

自衛隊は軍で無く国会承認がなければ発砲できません。
志願だ徴兵だと言っても、それは自衛隊員のこと。
憲法を変えない限り机上の空論です。

投稿日時 - 2016-10-06 16:33:23

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-10-21 07:30:37

あなたにオススメの質問