こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカから個人輸入不可、なぜ?

通販サイトに下記の断り書きがあり海外通販ができません、商品はパソコンや関連機器です。
国外のすべての国へ販売できないのはどんな法律の規制によるものでしょうか?  ご存知の方お願いします。

「Due to U.S. export restrictions and policies・・・」

なお、米国内で購入し持ち出すのは可能です。

投稿日時 - 2004-07-12 22:48:26

QNo.924180

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

想像ですが、暗号関係じゃないでしょうか。高度な暗号化アルゴリズムそのものやそれを利用したプログラムは米国外への一切の持ち出しが禁止されています。

例えば、Windows 2000 の場合、当初は、米国版のWindows と非米国版のWindows では使っている暗号アルゴリズムが違いました。今は、緩和されたかもしれませんが、すくなくとも Windows 2000 の発売当時、米国版の Windows を日本へ輸出するのは違法でした。

もちろん、厳密には、米国版のWindows がインストールされたPCを米国外に持ち出すのも違法行為ですが、実際には取り締まりは行われていません。そんなことしたら、アメリカのビジネスマンは仕事になりませんし。

今の Windows は、米国版も国際版も同じ暗号アルゴリズムのはずですが、その名残で、いまだに、輸出禁止の表示になっているのではないかと思います。今でも、最新の暗号化セキュリティソフトなどは、米国外に持ち出せません。

投稿日時 - 2004-07-12 23:15:14

補足

無線LANは使用可能な周波数が国によって違いがあり、これも原因かもしれませんね。 確かな情報お持ちの方いらっしゃいませんか?

投稿日時 - 2004-07-13 00:24:10

お礼

思い出しました。 確か IE はSSL使えるために制限がありましたのでこれかもしれません。

投稿日時 - 2004-07-13 00:24:00

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

#1の方がおっしゃる通りじゃないでしょうか。

通称EARと呼ばれる米国輸出管理規則ですね。2000年に規制が緩和され「Retail」と「Non-Retail」の2カテゴリに分類され「Retail」については国外の政府関連を除くすべての国に出荷ができるようになりました。ただしRetailの認証を得るための調査・承認が不可欠です。

この規制緩和以前の暗号化技術の組み込まれているソフトウェアの輸出規制はすみませんがわかりません。

参考URL:http://www.tokyo-cci.or.jp/shomei/ear.htm

投稿日時 - 2004-07-13 13:02:30

あなたにオススメの質問