こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

業界の今後

私は今年の春から士業事務所に就職した、21歳の男です。
事務所自体、小さな事務所で60代の税理士の所長、副所長の30代の社労士をおいて他には資格保持者がいない計6人の事務所です。
記帳代行や給与計算、社会保険と雇用保険の申請書類の作成の手伝いをしています。

私自身、簿記の専門学校を卒業しており、専門学校に在籍中は、専門学校の先生方から「税理士はいいぞ!」とよく話を聞いていたのですが、いざ事務所に入ってみて所長の話を聞いていると、記帳代行と給与計算が主な仕事と言っています。

しかし、記帳にしても給与計算にしても、パソコンのソフトを使えば私のように入社して1年経たない人間でも小さい会社ですが数社担当できる程度のものです。

そう考えると、年々ソフトの利便性や操作性が向上すると仕事がなくなるんじゃないかと少し心配です。

所長も副所長も「資格をとれないと、長くは働けない業界だからなぁ」と言っており、実務についての勉強の他に、資格のための勉強もしないといけないのかなっと考えています。

社労士や税理士の方に直接きけたらいいのですが、今後この業界がどうなっていくと考えていますか。

それと、仮に私のような業界に入ってきた新入社員に社労士や税理士の資格を取ることをオススメしますか?それとも、経験をつんで別の業界に行くことをオススメしますか?

こんな質問をすみません、やる気がないわけでは無いのですが、日々の業務や話を聞いていて迷いが生じたというか、色々と分からなくなってしまって質問しました。

できるだけ、業界にいる方や、過去にいた方に答えていただけると幸いです。

投稿日時 - 2016-10-16 19:04:53

QNo.9243543

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>社労士や税理士の資格を取ることをオススメしますか?

せっかく専門を出ているのですから資格を取ることをオススメします。
国家資格ですし、
社労士や税理士の仕事はなくなりません。
ソフトで数社できるといっても
それは「社労士免許」「税理士免許」を持っている事務所だからです。

四角の勉強をしながら実務を学べる、恵まれた環境にいるといえます。

>それとも、経験をつんで別の業界に行くことをオススメしますか?

別の業界に行くとしても、
「資格を持っています」→即戦力、専門部署に配属

というのと
「会計の専門学校を出て、会計事務所で働いていました」
→飽きっぽい人、すぐにまた退職する恐れ

と言う評価になるので腰をすえて今の事務所で働かれるのをオススメします。

投稿日時 - 2016-10-17 14:14:53

お礼

回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2016-11-07 08:00:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

いくらソフトが進歩しても専門職の仕事は無くなりません。

基本的には関係する資格を所有している人が使う物です。

バカでもできるソフトは存在しません。

投稿日時 - 2016-10-19 21:49:47

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2016-11-07 07:59:22

ANo.1

この種の話題の場合、歴史的なことを振り返ってみるのが一番いいと思います。

企業の経理部で働きたければ、かつてはそろばんの能力が絶対必要でした。
前に盤をおいて計算できるのは当然として、数十桁の加減乗除なんかソラでできるようである前提でした。

そろばんに段位があってそれがほしくて教室に通い訓練したものです。
要するに資格が絶対だと思い資格を欲しがったのです。

このはなし、いまどうなっていますか。
そろばんの実力なんて誰も問われない時代になりました。
だったら経理部はいらなくなりましたか。

どうしてもいてくれなければいけない部署はあるのです。
その業務を遂行するのに、そろばんを使うか電卓を使うか、PCを使うかなんて実はどうでもいいことです。
企業のお金をマネジメントしてくれるかということだけが大事なんです。

投稿日時 - 2016-10-16 23:29:53

お礼

回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2016-11-07 07:58:45

あなたにオススメの質問