こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

原発は安全だと自民党を叱る青山繁晴

前々からバカの代表格として注目していた参議院議員の青山繁晴ですが、このバカが自民党所属のくせに自民党を叱り飛ばしてます。
「自民党は原発が安全だという宣伝を怠っている」という。
そのために原発政策上落としてはならない新潟県知事選挙で大敗してしまったと。

この青山繁晴。
日に日に間抜け面が進行していってますが、何やら完全に過去の人の雰囲気で、安倍晋三も巧みにこのバカを崩壊させましたね。

1、 原発は本当に安全なんですか。
2、 「自民党は原発が安全だという宣伝を怠っている」のですか。
3、 自民党は原発推進派なのですか。民進党とどっちが原発推進ですか。
分かるところだけでもお願いします。

以上、事情により敬称略。
ちなみに、安全だ危険だ、との論争が起こるものを近所に作らせるわけにはまいりませんよね。論争の存在自体が危険の証です。また、避難計画を作らせられること自体が危険の証ですし。ヨウ素剤準備させられる地域に住みたくはありませんよね。

投稿日時 - 2016-10-21 07:24:34

QNo.9245599

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>1、 原発は本当に安全なんですか。

今の福島県の現状を見て、安全だと言える人は一人も居ないのではないでしょうか
百歩譲って物事には危険はつきもの
車だって一歩間違えば、人の命を殺めてしまう物ですし
危険な物を、きちんと管理出来れば安全だと言えると言う理論も確立します

が、しかし、日本の場合は、その危険な物を管理する側がバカなんです
もんじゅの点検漏れもさる事ながら、先日は私の地元の志賀原発で
雨水による漏水が地下二階にまで達し、漏電遮断器が動作したとかって話です

そもそも、福島第一原発がメルトダウンしたのは津波による浸水で
発電機が止まり電力が喪失したからで、そう言った危険が有るにも関わらず
浸水対策をやっていないって、どうなの?

津波は兎も角、雨水は盲点でしたって、バカですか?

しかも、先月末に起きた事故なのに、今になって公表?遅すぎない?隠ぺいしなかっただけマシ?
いや、危険な物ゆえに、そう言った情報は即出して貰わないと、取り返しがつかなくなるのでは?

福島第一原発での反省が、全然生かされていません

>2、 「自民党は原発が安全だという宣伝を怠っている」のですか。
それは、判りかねます

>3、 自民党は原発推進派なのですか。民進党とどっちが原発推進ですか。

自民党です
自民党は、大手の味方です

原子力ムラの人達に、甘い汁を吸わせておけば、何かと融通が利きますし
官僚の天下り先も確保できると言うものです

自民党の考えは「小の虫を殺して大の虫を助ける」です

投稿日時 - 2016-10-21 10:18:44

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-10-28 22:58:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

jipan さん、こんばんは。
もちろん、住みたくありませんけど、50基あるからどこへ逃げても同じですよ。
日本みたいな活断層だらけの国土に原発を50基以上作るというのが異常ですよ。地震が起きて福島みたいにもう一か所なったら、全面凍結の可能性が出ます。また、原発のほとんどは40年以上なんですから耐久性もかなり落ちているはずです。電力会社のいかにドル箱だったかがわかりますね。

投稿日時 - 2016-10-21 22:07:42

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-10-28 22:59:05

ANo.4

どこかの工場に掲げられていたものなのですけどね。「危険というものはあっても、安全というものは存在しない」のだそうです。
「安全とは、危険が遠ざけられている状態、あるいは危険がコントロールされている状態のことを指している」とね。おそらく工場での事故防止のための啓発の言葉だと思うのですが、なるほどなあと思いました。

>避難計画を作らせられること自体が危険の証ですし

私は脱原発派ですが、そういう意見があったので長い間原発の事故対策計画ってなかったんですよ。「避難訓練をやったり、計画を立てることそのものが危険であることを示すから」って。
その結果が福島だったので、万が一に対する備えを準備することは悪いことではないと思います。だいたいさ、「私は安全運転だから絶対に事故を起こしません」というやつほど危ないじゃないですか・笑。
それがどんなことであっても「あれは安全だから、備える必要はない」っていうのが一番危険だと思います。

私は原発に最も必要なのは、福島のときのような全電源が喪失するような状態になっても、給水パイプが地震などで外れてしまっても、最悪の事態でも原子炉が暴走しないようにするシステムを考えることだと思っています。「ちょっと漏れるけど、ちょっとだけで済むようにする」ってことです。
だけどムラの人たちから「こうすればコントロールすることができます」という提案は一切ないのです。福島の事故の後、ボイラーの団体が「ガスや石油のボイラーでも原子炉でも、圧力釜だという原理は同じだから、内部センサーがついてたはずだからそのデータをもらえれば釜(原子炉内)の様子がわかるから、圧が上がりすぎないようにする事故防止の提案ができる」と自ら手を挙げて「事故当時の内部センサーのデータをください」といったのですが、東電はそれを断ったんです。その一方でムラの代表の人が新聞のインタビューで「私は原子力をコントロールする方法はあると思います」と答えていました。
私はそれを見て、「ああ、あるっていってるけど具体的な話が出ないから、ないんだな」と思いました。某元首相が「秘策はある」といって後日新聞記者に「あんとき秘策はあるっていってましたが、なんだったんですか?」って聞かれて「なんかあのときは、そういわなきゃいけないと思った」と答えたのと同じだな、と。

投稿日時 - 2016-10-21 11:05:11

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-10-28 22:58:57

ANo.2

私は、安全面から、原子力発電所 には反対です。
その上で、ご質問に回答します。

1、 原発は本当に安全なんですか。
原子力発電は、とても危険なものです。ふたつの意味で危険があります。
ひとつはスマホに使っているリチウム電池と同じく、仕組みの中で、空気や水に触れると爆発するものが使われています。施設が何らかの理由で破壊され、それらがむき出しになると、人手での対応ができなくなります。
もうひとつは、燃料と廃棄物が危険だという点です。
特に廃棄物の処理方法が確立されていない状況が長く続いている状態です。

次に、原子力発電「所」は安全です。女川発電所を見れば分かりますが、1000年に一度の震災でも耐えられますし、外部からの攻撃にも絶えられる設計になっています。何か起きたときは安全に、停止したりと、何重もの策がとれるようになっています。
原子力発電所は、絶対に切れない糸で結ばれたダモクレスの剣です。私たちはその下で暮らしています。

また、原子力発電所を民間の会社に任せているのは、原爆を民間に管理させるのと大差ありません。
シビリアンコントロールが効かない組織について任せたら、都合のよいように運用を変えられてしまいます。
「想定外」の範囲を広げれば、多額のお金が節約できる仕掛けが原子力発電です。この誘惑に勝つことを民間にまかせるにはリスクが大きすぎます。ダレクモスの剣を繋ぐ糸をその下で生活する人たち自身がメンテナンスできない体制は危なすぎます。

2、 「自民党は原発が安全だという宣伝を怠っている」のですか。

自民党が、てはなく、お役人が、が、正しいかと。
実際に運用を失敗して被害を出している、それから永遠に税金か電気代の上乗せとして国民に負担を強いる原因を、自民党とお役人は電力会社としています。
その電力会社に肩入れしたら、次の選挙で落ちるかもしれません。

3、 自民党は原発推進派なのですか。民進党とどっちが原発推進ですか。

民進党は分かりませんが、民主党は「推進」という意味では反対派です。
自民党は小泉元首相が趣旨替えをして反対しているわけですから、自民党自身は推進派ってことですね。

投稿日時 - 2016-10-21 09:18:32

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-10-28 22:58:32

ANo.1

あまり回答に気が進まないのですが、少なくとも次の点だけは明らかにしておきたいと思いますので。
・青山さんは、絶対に安全とは言ってません。少なくとも過去に起きた地震規模であれば、それが原因で壊れることはないと言っています。
(事故後に福島を視察した青山さんが、報告の中で言っておられますが、目視できる範囲では細管の破断等は認められない。すべてが津波と爆発の影響と)
・実際に、福島より地震動(加速度)が大きかった女川は無傷です。
・自民党が宣伝を怠っているのではなく、政府として原発再稼働を進めるのであれば、福島原発は地震では壊れなかった。その後の政府の原発に関する発表は、少なくとも不正確な内容が含まれていた。ということを明らかにして、その上で新基準にも合致しているのでと政府(内閣)が進めるべきだ。という主張だったかと。
・経済を安定させるためにも、自民党の方が再稼働には積極的でしょう。(全面的に賛成はしませんが、少なくとも上記内容を事実とすれば、再稼働できる原発はいくつかあるでしょう。)

投稿日時 - 2016-10-21 09:16:40

お礼

今回の青山繁晴の発言はあなたが言うようなものではなく、私が質問文で書いた方向の発言でした。青山繁晴はだんだん劣化していっているのですよ。(彼の発言を意訳してます)

その他、普通、あの程度の地震で原発が壊れては困るのです。壊れないのが当たり前で、その当たり前のことが女川原発で起こった。
だが当たり前のことができなかったのが福島第一原発と福島第二原発。なんで第1は大事故を起こしたんですか。なんで第2は大事故寸前まで行ったんですか。
それらは設計上のミスであり、施工上の手抜きであり、安全意識の欠如であり、企業倫理精神に著しい問題があったからですよね。
また、地震動で送電線タワーが倒壊してしまい、これも原因の一つになって全電源喪失につながりました。非常用電源が水没しても、この送電線タワーが倒壊しなければ、外部からの電力により炉心冷却できたかもしれないのです。
事故原因は地震動にあったのですよ。いくら原発施設本体を安全に作っておいても今回は無駄だったのです。
ということで、こういうちょっとしたことでも大事故に繋がる原発というのは危険なのでは?という疑問です。

また、規制基準は「想定値」を策定してその想定値に耐えるように設計させる仕組みです。
ですから「想定外」の地震動等には対応できず、高い確率で事故発生が予想されます。その他にも規制基準は主として単に「設計」について規制しているものですから、「施工」に逸脱行為やごまかしが隠れているなら、安全性は確保できません。単なる図面や数字や外見を審査しているだけです。そして日本の原発にはそのごまかしや手抜き・捏造・粉飾が多いのです。

以上について、どんなもんなんでしょうか? ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-21 18:33:29

あなたにオススメの質問