こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ポジション球の交換について。

日産マーチ
AK12
ポジションランプをLEDにしようと思って量販店で購入してきました。
T10のウエッジ球という事で購入して取り付けようとしたんですが、ソケットに入るもののライトをONにしても点灯しませんでした。
ナンバー灯も同じタイプだったので交換しましたがやはり点灯しません。
画像のように青い線内にある「凹凸部」が邪魔してるように思えます。
見た感じではソケットに入ってるように思うんですが、点灯しないって事は奥まで完全に入ってないんだと思います。
思ったんですが球の端子?針金のような部分が純正の球だと2本あるのが、LEDのポジション球だと1本しかありません。
これが原因なのでしょうか。
左右を逆にしてみてもダメ。
針金の部分をマイナスのドライバー等で少し浮かせてもダメでした。
おそらく接触不良ではなく、この針金の部分が1本なのと2本の違いで何かしら対応してないのでしょうか。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2016-10-23 19:17:51

QNo.9246639

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

白熱電球と異なりLEDランプには極性が有ります。
連投しない時は180度向きを変えて指し直してみましょう。

投稿日時 - 2016-10-24 16:58:16

ANo.4

写真では端子が反対側にあるように見えます。または途中で折れてソケットに接触していないかもしれません。不良品として交換できそうです。出来なくてもばらせるなら分解して端子を出せばいい。

投稿日時 - 2016-10-23 19:48:52

はじめまして。
T10のLEDバルブの線が細く,ソケット側に接触していないためでしょう。バルブの線を外側に曲げてみるとよいでしょう。LEDには極性があるのでそれでつかない場合には逆にして差し込みます。

投稿日時 - 2016-10-23 19:43:56

ANo.2

一度引き抜いてランプを180°回して差し込んでみてください。

LEDは普通の電球(白熱灯)と異なり極性があります。+と-が逆だと点灯しません。

LED・・・Light Emiting Diodの頭文字をとったものですがDiodとある通りで整流作用があり電流は決まった一方向にしか流れません。プラスマイナスの極性が間違っていると電流が流れない・・すなわち光らないのです。ウエッジベースの場合差し込む方向で極性が変わってしまうので、ランプを反転させると点くということはよくあります。

市販品なので多分大丈夫(多くの場合逆電圧素子用のダイオードが組み込まれています)かと思いますが、LEDの素子自体は逆方向の電圧を掛けられると簡単に破損してしまいますので単体のLEDを扱う場合は注意が必要です。

投稿日時 - 2016-10-23 19:40:24

ANo.1

ウエッジ球でもLEDバルブでも、+・-の電気が通電しなければ点灯しません。
LEDバルブの接点が一つしか無いなら(裏側に無いなら)、不良品と言う事になります。

投稿日時 - 2016-10-23 19:35:55

あなたにオススメの質問