こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

女性が結婚相手に年収を求める、本当の意味について

お世話になります。先日、以下のような記事をWebで見ました。
Q.付き合う相手に求める条件

A.
小学生女 「足が速いかどうか」
中学生女 「かっこいいかどうか」
高校生女 「頭がいいかどうか」
大人女 「年収」

小学生男 「可愛いかどうか」
中学生男 「可愛いかどうか」
高校生男 「可愛いかどうか」
大人男 「可愛いかどうか」

男性は相手が好みかどうかだけで結婚を決めるのに対し、いっぽう女性は、その年代で条件が変わる、と言いたいようです。もちろん極論を書いていると思いますが、議題の提起としては面白いなと思いました。

そこで気になったのが、女性の場合、それまでは相手の「個人の能力」にフォーカスしているのが、大人になったところで突然「年収」という軸に移っている点です。

足が速い、かっこいい、頭がいい、というのは個人の属性です。ところが年収というのは、たとえばコネで良い仕事につけたり、親の遺産からの収入であったり様々です。つまり必ずしもその本人の能力に依拠しません。

もし記事通りに極論を進めるとすると、年収を求める女性というのは、「お金と結婚すること」が目的ということになり、相手の個性を軽んじているということになります。

そこで「お金と結婚する」とはどういうことか?という疑問が湧きました。

わかりませんが、おそらく、「生活の安定」「労働からの回避」ということでしょうか? つまり一生お金の心配なく過ごしたい、という「不安からの回避」ということが考えられます。心理的な話になってきますが・・・

それ以外にも、社会的要因として、日本には専業主婦文化がまだ残っていることも大きいと思います。ひょっとしたら「専業主婦=貴族」という、ママさんカースト?のような競争もあったりしますでしょうか。

このあたり、私は男性なので、想像に限界があります。女性が結婚に年収を求める本当の意味とは何でしょうか?

よろしければ私見で結構ですので、簡単にご教授いただけましたら幸いです。

投稿日時 - 2016-10-28 12:44:22

QNo.9248621

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

女性は(「能力の高い男性が好き」と見せかけて)、「社会から評価されている男性が好き」だと思います。

以上、かなり雑な考察です。

投稿日時 - 2016-10-28 13:26:00

お礼

確かに「織田信長と結婚したい」という女性は少なからずいました。
現代では、数値化された社会評価が年収ということですね。納得致しました。

投稿日時 - 2016-11-16 13:44:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

内容読ませて頂きました。

専門家の視点から回答させて頂きます。

女性の本能から年収を重視します。

動物で例えます。
メスは子供を産むことができます。しかし子供を妊娠しているときや子供が小さいときは、子供につきっきりになってしまい、エサを取りにいく(お金を稼ぐ)ことができません。
エサをよりたくさん安定的にとって来てくれる(安定した高収入)オスに頼ります。
生物界で生き残るために、自分や自分の家族をしっかり守ってくれる男性を選び、その子孫を残そうとします。

男性が若い女性に興味を惹かれるのも同じです。
出来る限り子孫を残せるしっかりした母体が欲しいからです。
また、浮気するもの動物的です。
よりたくさんの自分の子孫を残そうとするオスの本能からきます。

※現代では女性が男性より稼ぐことも多いので、上記はあくまで動物を使った動物的例え話となります。男性は仕事をし、女性は家庭ということが当たり前と言っているものではありません。

投稿日時 - 2016-11-16 09:29:43

ANo.9

結婚するとなれば、妊娠、出産、育児もセットで考える女性は多いです。
女性は、結婚する時点で、ずっと先の、人生を見通します。
 そこで、一番不確定な要素は「子供」です。

妊娠、出産、育児において、お金の問題は常について回ります。
自分が、普通に妊娠し、普通に出産して、普通に育児出来、
普通に仕事に復帰できるという、保証はどこにもありません。
不妊治療に莫大な金額をかけなければ子供が授からない場合、
妊娠出産のトラブルで、急な医療費が発生する場合、
(そもそも、妊婦健診は毎回自費です)
生まれてきた子供の健康上のトラブルの可能性、
それに伴う治療費の支払いや、
長期介護となった場合の収入の心配。
産前産後休暇中の生活費の心配・・・等。
 子育てもデリケートな部分があり、学費の心配だけで終わりません。
子供が思春期の時期に、子供の問題行動で仕事中に学校から頻繁に連絡を貰うようになり、
結果的に、仕事を離れざるを得ない母親も、実際にいますしね。
子供については、いつどこで、何が起こっても、それに合わせるより仕方のない部分というのがあります。
協力者がいたり、協力者で済む話ばかりであればいいのですが、そういう状況にない場合には、
夫婦片方の収入に頼らなければならない可能性も発生するという事。

 つまり、結婚して子供を・・・と考えるのであれば、
お金の問題は切っても切れない問題だという事を認識している女性は多く、
更に、女性は、先々、常に結婚前同様に働き続けられる環境が維持されるとは限らない不安定さを自覚しているので、
必然的に、安心して子供を産んで育てたいという切実な思いから、
イザという時に、夫の収入だけでも何とか乗り切れる相手を求める傾向は強くなるのだと思います。

 こう書くと、かなりオーバーに感じるかもしれませんが、
ハッキリとは自覚しないまでも、その手の漠然とした不安を持っている若い女性は少なくないと思います。

投稿日時 - 2016-11-03 14:53:46

お礼

他の方もご教授・ご回答を頂きありがとうございました。

投稿日時 - 2016-11-16 13:47:57

ANo.8

付き合うだけなら見た目の良い方がいいでしょうが、結婚を視野に入れたら家庭生活は共同経営です。

稼ぎがあり、継続して働く能力と社会性があり健康でもあるというバロメーターになります。

贅沢したいというより相手の能力を数字で表せばそうなるってだけで、性格の良さは数字で求めることができませんから。

投稿日時 - 2016-10-28 22:42:32

ANo.7

どれだけ贅沢できるかな?と思っている人も中にはいるでしょうけど、
私の場合は、年収がこれだけあるということは、責任を持ってしっかり仕事している人なんだなと判断すると思います。
年収がバカ高いのがいいのではなくて、常識的に考えて、ちゃんと働いてる人かなという判断材料です。あまりに収入が高すぎる人は、それこそ親のコネや、危ない仕事や、狂うくらい働いていたりして、それはそれでちょっと引いて考えるかもしれません。

結婚して子供ができて、そのあと何かで万が一自分が死んでも、やっていけるかな、とか。将来のことを考えたら、やはり年収(要はちゃんと働いてるかというコト)は重要だとおもいます。

あとは、自分より年収が高いと「私では手の届かない事をやっていそうだ。かっこいいな。」と思うかもしれません。(必ずしもそうじゃやいでしょうけど)

投稿日時 - 2016-10-28 22:21:39

ANo.6

そこで気になったのが、女性の場合、それまでは相手の「個人の能力」
にフォーカスしているのが、大人になったところで突然
「年収」という軸に移っている点です。
 ↑
結局は能力だと思います。

幼少のころは、本能に従って格好が良いとか
頭が良い、にしか関心が向きませんが、
大人になれば、その能力とは経済力だ、と
気がつく訳です。



足が速い、かっこいい、頭がいい、というのは個人の属性です。
ところが年収というのは、たとえばコネで良い仕事につけたり、
親の遺産からの収入であったり様々です。
つまり必ずしもその本人の能力に依拠しません。
   ↑
コネだろうが、遺産だろうが、要するに結果として
財力があればよいのでしょう。
財力≒能力です。

年を経るごとに、その能力の基準が生物学的な一次的なものから
社会的な二次的なモノに移行するのです。



そこで「お金と結婚する」とはどういうことか?という疑問が湧きました。
  ↑
能力のある男と結婚する、ということです。
能力とは、妻子を養うことが出来る能力です。



女性が結婚に年収を求める本当の意味とは何でしょうか?
    ↑
女性には妊娠出産(育児)という仕事があります。
その間は餌がとれません。
だから、自分と子を養ってくれる男の存在が
必要になります。
そういう本能に、男の方が収入が多い、という
現実が加わった結果だと思います。

投稿日時 - 2016-10-28 18:36:09

ANo.5

既婚の母親です。

女性は子宮でものを考える傾向があります。
学生の理想とする見た目、運動神経はやがて子供を産む遺伝子に入って欲しいと素直に望むからこその答えだと思います。

頭の良さはそのまま収入に繋がることが多いです。
そして高学高収入の女性の一部は「学歴も見た目も問わないから、家で家事してくれる人が理想」とも言っています。

美人で収入も高い女性がどうしてこんな男性と?と思ったことはありませんか?
男性にとって女性の可愛さは見た目と従順さですが、女性は遺伝子として自分の子供として産みたい要素を「理想」にあげるのではないでしょうか。

ちなみに私が夫を選んだのはあくまでもろもろの条件と性格で、夫は私より学歴はありませんし婚約当時の年収は倍以上違いましたよ。
それでも結婚するのですから男女は不思議ですよね。

投稿日時 - 2016-10-28 18:30:20

既婚女性です。

>女性が結婚に年収を求める本当の意味とは何でしょうか?

本能です。

ここに理性が加わると、「結婚相手に求めるものは収入だけが全てではない」となります。

投稿日時 - 2016-10-28 16:31:43

ANo.3

よくある男と女の差みたいな極論ですよね。
でも極論ってのはそれなりに的を得ているものだと思います。
先に言いますけど結婚に求めるのは収入だけじゃないですよ?
家族関係や価値観、見た目、自分への愛情も全部です。

女が結婚を考えた時「収入」のウェイトが大きくなるのは
自分が「働けなく」なる&「命の危険を伴う」ことがあるリスク回避だと思います。
働けなる上に命の危険を伴う行為とは?「出産」です。

男はそれを人生の設計に入れることはないでしょう?
もちろん子供が欲しいと思うのはわかりますがそのために死ぬかもとか、体に今までにないほどに負担を強いられるとか、自分の体の中に他の生命が息づくのだという覚悟は想像もつかないことでしょう。激痛に耐えたうえに何日も小さい命を守るために全精力を尽くすことは結婚と子供を持つという人生設計上にはないでしょう。

男は小さいころから成人まで声変わりや精通はありますが女性のように生理という定期的に不自由な思いはしないでしょう?そこからもう男と女はリスク回避への心構えが違うのだと思います。月に1週間も働きにくい状態になる、その間だれがフォローしてくれるの?妊娠したら1年近くいろんなことを我慢しなければならない。産んだらそれこそ1年は働けない。
それを誰が助けてくれるの?子供と私の生活を守ってもらうには今の世の中、狩りに行くわけでも農作物だけで暮らしていけるわけでもないならお金を稼げるかどうかはとても大事です。

専業だから勝ち組っていう意識はほぼないと思います。
専業だからまともなところに雇ってもらえないというコンプレックスはあると思いますが。
それに男は自分よりも勤務時間が長いのは嬉しくないのでは?その分家事を任せられても嫌だという人のほうが多いでしょうね。

男もかわいい人と結婚したい。収入で自分を計られるのは嫌。低収入でも愛によって自分のために尽くしてほしい、もちろん家事や子育ては妻に任せたい。と女性と同じくらいに相手への要求は大きいものだと思いますよ。
だったら女性もイケメンで、収入があって、家事も育児も協力してほしいというのはバランスが取れていると思います。

投稿日時 - 2016-10-28 14:08:15

ANo.1

小学校の時は足の速い子がモテたなあ!確かに~と懐かしくなりました^^

大人になってから、女性が結婚相手の収入を気にするのは
結婚=生活だからではないでしょうか。
それは、専業主婦願望や、働きたくない願望がある人だけには限らないと思います。

収入の額は生活水準とニアリーイコールですし、子供の教育にも大きく関わってきます。
たいていの人は、結婚と子供を持つことをセットで考えていると思います。
子供にお金で苦労させたくない、できれば良い教育を受けさせたい。となったときに
教育にかかるお金はある意味で青天井です。
夫婦共働きだとしても、子供(達)を大学まで出すことを考えると、安心だともいえません。(そして、親の学歴が高く世帯収入が多いほど高学歴というデータもありますしね・・・)

それに会社員であると、まだまだ男性中心社会です。
会社の建前上は、男女の区別はない。と言っているところがほとんどかと思いますが
男性のほうが出世も昇給も、どうしたってしやすいです。
それに、子供が生まれて育休を取得したり、時短勤務を余儀なくされるのは女性であることがほとんどで、収入もその間は少なくなるので、世帯収入は夫の収入の割合が高くなります。となると・・・やっぱり夫の収入は気にせざるを得ません。

あと、今どき、特に都市部であればあるほど専業主婦は少なくなっていますし
学生時代からの友達でも「専業主婦になった」と聞くと、羨ましいというよりも
外で働かないなんてもったいないし、ずっと家にいるなんてむしろかわいそう!
くらいに思われることが多いです。(少なくとも私の周りではですが・・・)

夫の収入の高さが、自分のステイタスというようなお花畑な発想は・・・
よほどのセレブママ仲間でなければ、あまりないと思います。

すみません^^;長くなってしまいましたが、私見としてはそんなところでしょうか!

投稿日時 - 2016-10-28 13:23:56

あなたにオススメの質問