こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

祖父は90台まで生きて父は60台70台で死んだ人

いますか?

投稿日時 - 2016-11-08 02:31:41

QNo.9253000

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私の曽祖父が90で祖父が62歳で亡くなりました。
父からしてみれば祖父が90台父が60台で亡くなっています。

曽祖父は老衰だったと記憶していますが、祖父はガンでした。
先に曽祖父が亡くなって、そんなに経っていないうちに祖父のガンが発覚。
入退院を繰り返していました。

投稿日時 - 2016-11-09 02:23:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

なんでこんな質問をするの?何歳まで生きるかは遺伝で決まるかって話?
「長生きできる素質」程度なら有るかも知れないが、現実にはそんな素質だけで、ある人が死ぬ時期が決まるはずないでしょ。
さらに、
「90歳台まで生きる」には1926年以前に生まれたことになり、祖父となれば、確実に明治生まれってことだよね。その子である「父」は、大正生まれから戦中・戦後生まれ程度ってことになる。こんな激動の時期では、「長生きできる素質」だけで寿命をまっとうできたなんて考えるほうがどうかしている。
そうは思いませんか?

投稿日時 - 2016-11-08 10:04:38

ANo.3

姉の夫の両親は100歳過ぎまで生きました。
実子二人とも70前にがんで死にました。
一人は進行胃がんなので、早期発見すれば治って100まで生きたかもしれませんが。
もう一人の姉の夫は、胆のうがんで、これは症状がなく、早期発見は難しとのことでしたが。

投稿日時 - 2016-11-08 08:15:40

祖父じゃなくて祖母だけど(祖父はフィリピン沖で戦死)
祖母は90歳以上まで生きましたが、父は46歳で病死しました
B型肝炎による合併症が死因です

父は若い頃、胃の開腹手術をしていますから、薬害の可能性が多分にあるのですが
その当時は今ほど五月蠅く報道されていなかったし、ましてや大昔で
証拠も乏しいですから、どのみち認定は難しかったのかも…

投稿日時 - 2016-11-08 08:10:14

祖父は80歳。
父は31歳で戦死。

投稿日時 - 2016-11-08 04:22:25

あなたにオススメの質問