こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

転職、決まらないのは年齢制限のせい?

私の友人のB子さんのことで人事に詳しい方にお聞きしたいです。
B子さんは、地方国立の工学部卒(中堅レベル)で30過ぎまで中小メーカーに技術職として勤めていました。しかし、海外の大学院へ行って修士を取りたいということでアメリカの州立大の大学院修士課程に進学し、卒業しました。卒業時点で33歳でした。そのまま、アメリカの日系企業で技術職として働いていますが、本人は永住するつもりはないらしく、もうそろそろ日本へ帰りたいようです。そのため、1年ほど前から日本の就職活動をしているそうです。
しかし、「全然決まらない!ほとんど書類選考落ち、年齢が引っかかるみたい。もう40社位受けてるよ。」と言っていました。(海外からだと転職活動は大変そうですが、年末年始や、夏の休暇を取って一時帰国できそうなタイミングで応募しているそうです。スカイプでも1次面接ならできるみたいです。)
詳しく話を聞いてみると、

転職エージェントは3社に登録している、
職務経歴書はちゃんと各社のアドバイザーに見てもらっているので特に問題はないと思う。
応募する企業も大手は少なく、中小企業が大半、
応募先の企業は、アドバイザーが職歴に合っているということで紹介してくれた企業(非公開求人が多いらしい)がほとんどで、職種、スキル、経験がミスマッチということはない。

だったら大丈夫そうに思えるのですが、ある転職アドバイザーからは37歳だと年齢的に微妙。。。35歳過ぎると厳しい、と言われているそうです。本人もやっぱ年齢で引っかかっているのかなあ。。。って言っています。

このB子のことについて、別の友人のC子さんと話をしました(B子さんとC子さんもお互い友人同士です)。
私が、「B子なかなか日本での転職が決まらないみたいだね。やっぱ35歳までって年齢制限してる企業が多いのかなあ?」と言ったところ、C子さんが、
「年齢制限っていうよりも、オーバースペックなんじゃない?つまり、企業はそこそこ優秀な人材は欲しいけど、あんまり優秀過ぎる人はいらないってこと。B子は中小企業を多く受けているみたいだけど、中小企業のメーカーの技術職って中堅私大出身者が多いし、大企業だと修士卒が当たり前だけど中小企業だと学部卒も多いし。まして、海外の大学院卒業しました、なんていう人はかなり優秀そうだけど、それゆえ逆に敬遠されるんじゃない?」と言っていました。
私は転職事情にはあまり詳しくはないのでが、実際どうなのでしょうか?C子さんが言っているようなことってあるのでしょうか?

投稿日時 - 2016-11-11 04:30:52

QNo.9254174

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

技術職でそれだけのキャリアと年齢であれば、必ず就職できると思います。技術職で修士卒で英語ができて海外経験がある人は引く手あまただと思います。
ただし、専門性を買われるとすると、その専門分野に需要があるかどうかはあると思います。でも40社受けるくらいなので幅広く活躍できる分野なのでしょうね。
年齢制限が無いとは言えませんが、会社によると思うので全部が全部と言うことはないと思います。
オーバースペックと思われている可能性はあります。特に年齢から言うと管理職にもなろうかと言う年齢なので、管理職候補と見られてしまうと海外勤務が逆にアダになる可能性はあり、まずは日本で技術者として初めて実績を積むようなステップをアピールしたほうが良いかも知れません。
それから、エージェントだけを頼っているのであれば、エージェント以外のルートも考えたほうが良いと思います。エージェントは成約した場合年俸の30%程度を企業から受け取ります。企業からすれば、負担が大きく自力でも集められる場合は優先順位が低くなる可能性があります。例えば、LinkedInやenジャパン, BizReach のような転職サイトにはエージェントも登録していますが企業も直接登録しているので、そう言うところからも応募してみると言う手はあると思います。特にLinkedInは外資系が多いので、相性が良い可能性はあると思います。

投稿日時 - 2016-11-11 06:37:49

お礼

ご回答ありがとうございます!!
そうなんですね!Linked In奨めてみます!
ちなみに、
>管理職候補と見られてしまうと海外勤務が逆にアダになる可能性はあり、
というのは何故でしょうか?

投稿日時 - 2016-11-12 14:11:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

33歳で、アメリカの大学を卒業した人が
まず、日本の一般企業に入るのは
ちょっとモチベーション低いかな
って思いますけどね。

アメリカの大学で卒業ってのは、商売を考えて
独立を目指すのが一般的って聞きますけどね。

私が小さい会社を作るなら、欲しい人材とも思えますが
ただ、面接してちゃんと協調性あるのかが疑問に感じます。

なかなか素直に行動してくれたり、積極性があるのか
どうかを見るでしょう。

ま、そんな小さな会社に入るくらいなら、自分で起業した方が
良いでしょうけどね。

投稿日時 - 2016-11-12 15:32:06

お礼

ご回答ありがとうございます!!
私自身もですが、海外暮らしを経験している人を「日本的な協調性、従順さ」というものがあるのだろうかって思ってしまいますね。やはり企業側もそういう点を考えているのでしょうね。

投稿日時 - 2016-11-15 07:13:52

ANo.6

#3 です。
>管理職候補と見られてしまうと海外勤務が逆にアダになる可能性はあり、というのは何故でしょうか?

日本的感覚だと、入社してキャリアを積んである時点で管理職になってキャリアのはしごを上っていくと言う印象があるじゃないですか。それをまだまだ年齢で見てしまうので、ある年齢の平均値だと係長とか、課長とか頭を過るんじゃないかと思います。その時に日本の会社だと中途でもある程度類似性で比較できると思うのですが、海外の会社だと比較ができず、経験がキャリアとして認められるかなあと思った次第です。ちなみに私は日米両方で結構長く努めましたが、技術屋として働くにはそうは変わらないですが管理職は随分とやり方や考え方が違います。
その点、外資系だったら年齢、性別にかかわらず技術系は技術系の募集、管理職は管理職の募集とはっきりしているのでわかりやすいとは思います。

投稿日時 - 2016-11-12 15:13:12

お礼

再度ご回答頂き、ありがとうございます!!日米でのやり方って結構大きく違うものなのですね。やはり採用する側はそういう点を懸念しているのでしょうね。

投稿日時 - 2016-11-15 07:11:45

ANo.5

理系は学歴を積めば積むほど進路、就職先は狭まります。
その年令、経歴だと、管理職、研究者ならリーダー格での就職になると思いますが、そのキャリアを経ていないということはありませんか?

投稿日時 - 2016-11-11 06:51:58

お礼

ご回答ありがとうございます!!
>理系は学歴を積めば積むほど進路、就職先は狭まります。
そういう事情もあるのですね。

投稿日時 - 2016-11-12 14:17:51

ANo.4

No.1さんの回答に私も同感です。
あと、考えられるのは、もしB子さんを採用した場合、B子さんの仕事に対する考え方と、採用した会社で働いている従業員たちの考え方の差が気になっているのではないでしょうか?

既存の中小企業従業員が

「規定ではあるようだけど、有給休暇なんて、取ったことないよ。
残業も沢山やっているけど、残業代ももらってねえなあ」

という状態だったとします。
もし、米国帰りのB子さんが

「有給休暇は労働者の権利ですから取得します。残業なんて基本的にしません。
もちろん納期が厳しくて、必要があるなら残業やりますが、残業代は当然もらいます。」

と言えば、電通での過労死・労災認定された高橋まつりさんの件もあるから、社長はその当たり前の要求を退けにくいですよね?
でも、その要求が通ってしまうと、他の従業員の待遇も変えないといけなくなります。
さしあたり、納期に間に合わなくなるケースが増えるかもしれません。
もちろん会社が大儲けしていたら、残業させることで人件費が増えても問題ありません。
でも、かつかつ経営なら、会社は倒産となってしまいます。

米国企業は、経営者や幹部社員とそれ以外の一般社員は、明らかに働き方が違っているそうです。
経営者、幹部社員は、それこそ電通みたいな激務だそうです(その代りに高給をもらってますが・・・)
でも、一般社員は、定時帰りが普通だとか。それは、いくら頑張っても、彼らは歯車の一つであって、幹部登用なんて無い身分制社会だから。
自分の頑張りに対して、残業代も出世・地位の向上も期待できないとしたら、社員は、最小限のがんばり、労働時間で済ましたくなるのが当然でしょう?

日本の従業員は、「まわりがそうだから・・・」とか「もしかしたら、俺が社長になれるかも?」なんて諦めと幻想を抱いてサービス残業してくれる。
となれば、B子さんの採用はありえず、書類選考で落とされることになるのも当然ではないかと思います。

余談:
私は、大手IT企業に派遣されて働くプログラマです。
上記の電通過労死事件が影響からか、残業時間の調査をしているようです。
残業多すぎな人は、「これらの残業は必要だったのか?納期の問題で、本当に必要なら仕方ないが、そうじゃあないなら、残業減らすように対応してくれ」と言われているようです。
私は、派遣ですから責任は多くないですし、出世もありえません。
だから、自分の担当分を消化して、(残業している周囲の多くの人を尻目に)定時で帰る日が多いです・・・。

投稿日時 - 2016-11-11 06:46:06

お礼

ご回答ありがとうございます!!
そうですね、米国帰りっていうと何だか、「はっきりモノ言いそう」「サービス残業なんて絶対やらなさそう」「遠慮なしに有給取りそう」とかそういう偏見を持ってしまいそうですよね。日本企業の企業文化に合わなさそうって思われているのかもしれませんね。

投稿日時 - 2016-11-12 14:16:31

ANo.2

まだ大きい部分を忘れています。

現在の日本では女性で高年齢、オーバースペックは欲しい人材に入らない、ということです。

人事部は未だに男性です。偉そうな役職に女性が入ることをよしとしますか。こういう女性が海外帰国組で部署のボスとして君臨することをよしとする男性社員がいますか。

都知事に女性が着任して大半の役所幹部ともめているのが現在の日本です。

投稿日時 - 2016-11-11 06:37:17

お礼

ご回答ありがとうございます!!
そうですね、人事部って男性がほとんどですよね。それに、いまだに女性がバリバリ働くとか、昇進するとかを面白くないと思っている男性は多いですよね。そういうことも敬遠される要因なのでしょうね。

投稿日時 - 2016-11-12 14:09:35

ANo.1

年齢とオーバースキルはあるかも知れません。
フリーランスであれば、たくさん仕事はある気がします。

正社員で雇うのには、抵抗あるのかも知れません。

投稿日時 - 2016-11-11 05:31:41

お礼

ご回答ありがというございます!!
いっそのこと、もっとアメリカで経験積んでスキルアップして、いずれコンサルタントとか目指した方が案外いいかもしれませんね。

投稿日時 - 2016-11-12 14:07:10

あなたにオススメの質問