こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トランプ氏と今後の沖縄「米軍基地」の今後

について教えてください!故郷の事なので気になります。沖縄・日本の防衛のため米軍基地は絶対に
必要です。米軍基地に有利になればと思います。「基地賛成」です!

投稿日時 - 2016-11-11 09:22:13

QNo.9254216

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私は良い機会なので、他の地域の基地はともかく沖縄海兵隊の基地は撤退していただいても良いのではないかと思います。基地ビジネスで食べている人たちは大変でしょうが、大半の沖縄の人達が基地撤廃を望んでいるのでしょう?補給基地くらいは残しても良いかと思います。
同時に、アジア戦略も見直しが必要と思います。好ましい状況じゃないですが、日本と対中国で一致していたアメリカはもはやアジアの安全保障に興味を失うでしょう。
沖縄の海兵隊は有事の第一陣ではなく上陸作戦の第二陣。中国が沖縄に責めてきたら助けてくれるかも知れないけれど、どちらかと言うと、中台関係でいざと言う時ににらみをきかせるための部隊で、日本に取ってはいなくなってもあまり困らないんじゃないかと思います。
尖閣諸島に関しては、現在は日米安保条約で米軍が日本を援護する対象地域となっていますが、アメリカの尖閣諸島に対する考えには微妙なところがあるので、トランプ氏になって考えを変えないとも限りません。

投稿日時 - 2016-11-11 09:53:45

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-11-22 06:01:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

日本のためだけでなく、アメリカにとっても未だ重要な基地です、今後何か有るとしたら、中国が要注意な訳で、ハワイの基地から太平洋全面をカバーするのは難しいですが、中国が太平洋に出る鼻先にデンと構えてるのが沖縄基地ですから、アメリカ軍としては総範囲に索敵しなくても、そこで叩ける訳です。
また外国にある米軍基地で、信頼性がトップなのは日本の米軍基地だそうです(青山繁晴先生、が米軍の太平洋方面のお偉いさんに聞いた話だそうです。
土地の貸賃を含めての韓国の2,000億円の負担やフィリピンの現状を聞いてトランプ氏が言い放った訳ですが、日本が実際どれだけ出しているかを知らない可能性があります、日本は3兆円/年でリスクが高い韓国と比較しても比較できない状態なのですが、それにアメリカの本土防衛に対しても、日本の基地がアメリカにとって安上がりであることを、おそらくはアメリカ軍関係者が説得に行くと思われます。

投稿日時 - 2016-11-11 21:41:39

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-11-22 05:57:31

ANo.7

対中戦略をどうするかですよね。基地は必要だと思います。

投稿日時 - 2016-11-11 17:57:30

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-11-22 05:57:50

ANo.6

別に沖縄に米軍がいるから日本の安全が保障されてるわけではありません

投稿日時 - 2016-11-11 17:12:36

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-11-22 05:58:35

ANo.5

米軍基地は必要ですね。でもトランプは駐留費用を爆上げするみたいなこと言ってますねえ

投稿日時 - 2016-11-11 16:48:53

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-11-22 05:59:37

ANo.4

撤退したらいろいろこまる人たちがいるでしょうね

ただあえて撤退してみたらどうでしょうって思います

投稿日時 - 2016-11-11 14:15:17

ANo.3

地政学的に見て、沖縄は常に外国勢力に対する最前線です。太平洋戦争時も米軍はまず沖縄から攻めてきました。ソ連が北から攻めてきたのは日本が負けて無抵抗になってからです。その事情は今も変わっていません。米軍基地があろうとなかろうと、沖縄には軍事基地が必要です。仮に米軍が撤退するようなことがあったら、それを補う日本の自衛隊は沖縄本島に基地を置くだけでなく、南西諸島のほとんどに部隊を派遣しなければならないでしょう。自衛隊には海兵隊もオスプレイもなく、軍事力が足りないからです。

投稿日時 - 2016-11-11 11:28:34

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2016-11-22 06:00:09

ANo.2

沖縄に展開している地上部隊といえば海兵隊ですが、現在展開する約1万3千名の海兵隊員のうち、戦闘部隊は1個大隊約800名だけなのだそうです。残りの1万2千名は後方要員。既にこの人員も削減が決まっていて、2020年には全体で約1万名となる予定です。
なぜそんな大勢の後方要員が沖縄に展開しているのかというと、日本からの思いやり予算で安上がりになるからです。海兵隊の本音は、「言葉も通じないし左側通行の沖縄より、英語圏で右側通行のグアムに移りたい」です。何かと話題のV-22オスプレイが配備されたことによりそんなに最前線に部隊を展開する必要がなくなったのです。
いうほど、沖縄はアメリカ軍にとっては重要な基地ではなくなっているのです。だいたい沖縄はアメリカの領土じゃないので、最悪失ってもアメリカの国防上問題ありません。

また西部(九州・沖縄)方面の国防について、あるテレビ番組が陸上自衛隊と航空自衛隊に「九州・沖縄方面の国防は、自衛隊単独で行えますか?」とインタビューしたところ、そのインタビューに応じた自衛官はそれぞれ自信満々に「我々単独で、充分国を守れます」と断言しました。そりゃそうだ、人の国の軍隊を頼りにしないと国が守れませんなんていったら、自衛官の存在意義が問われてしまいます。

どうしても沖縄防衛に米軍基地が必須であるというのであれば、日本領をやめて、72年の返還前の状態に戻る、つまりグアムと同じような委任統治領になったほうがいいということにはなってしまうでしょうね。
それは沖縄県民が自らの意志で決める権利があると思うので、私はそれに対してそうしたほうがいいとも、そうすべきではないともいえません。

投稿日時 - 2016-11-11 10:58:50

あなたにオススメの質問