こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株価の変動と銘柄変更

現在の日経平均株価は,
 1万1600円くらいです.

15年くらい前のバブルときは確か,
 3万5000円くらいまで上がったと思います.

バブルの時は異常だったのでしょうが,
そう言う意味では,現在の株価も「低い」のは間違いないですよね.

一体どの位まで株価があがったら,「景気は回復した」と
言えるのでしょうか.私の言う「景気は回復した」という基準は平成2年程度の水準のことです.
(もうそんな時期の株価には戻らないかもしれませんが)

そこで,気になるのが「日経平均株価」の銘柄変更です.
以前,バブル期と比べると大幅な銘柄変更があったため,
バブル期の株価と現在の株価を単純に比較するのはかなり
難しいと言うような話を聞いたことがあるのですが,
実際の所,それは事実なんでしょうか.

それとも,銘柄変更の影響はたいしたことなくて,
現在の経済の実力は,バブル期の11,600/35,000
なのでしょうか.

投稿日時 - 2004-07-13 23:28:06

QNo.925461

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず日経平均の銘柄変更の影響ですが、四年くらい前に一度に225銘柄中の30銘柄も入れ替えてしまったことがあり、この時TOPIXはほとんど変わらないのに、日経平均は3000円くらい下がりました。比較するならTOPIXで比較するのがよいかなと思います。

次に経済と株価ですが、最もメジャーな株価の尺度である株価収益率(以下PER)が、だいたい正常値は15かせいぜい20と言われるのに、バブルの頃は60とか80まで行きました。もっとも当時は、PERはもう古いと言って、別の尺度が流行っていたのですけどね。今は正常値の範囲だったと思います。

投稿日時 - 2004-07-13 23:58:17

お礼

ありがとうございます.

どの指標も,経済の実態に合うように細かく変更されてるんですね.
時代によってはのびる企業もあれば,廃れる企業もありますし.銘柄変更は必要なんだろうと思います.

だいたい,日本の経済をうんぬんするのに,
225社というのは果たして妥当な母数なんでしょうか.
(妥当だと思いますけど.^-^;)


名前は,忘れましたが,どこかの評論家が
企業の数が例えば,10000社あったとして
「その株価を10000個全部掛け算してから,10000乗根をとればいいのだ.いまのコンピュータを使えば計算は可能だ」と本に書いてありましたが,
こういうのはどうなんでしょう.
1株の重みが会社によって違うから,これも,万能では無いんでしょうね.


株価収益率というのがあるのですか.
参考になりました.

投稿日時 - 2004-07-14 06:15:08

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問