こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

キリスト史観は 終えられて あたらしい世界へと。

 1. イエス・キリストは モーセやアブラハムより先にいた。

  ▲ (ヨハネによる福音 1:1-5 ) ~~~~~~~ 
  はじめに ことばがあった。
  ことばは かみとともにあった。
  ことばは かみであった。
  このことばは はじめにかみとともにあった。
  すべてのものは ことばによって成った。
  成ったもので、ことばによらずに成ったものは何一つなかった。
  ことばの内に いのちがあった。
  いのちは 人を照らすひかりであった。
  ひかりは 暗闇のなかでかがやいている。
  くらやみは ひかりをとらえ得なかった。

  ▲ (マタイによる福音書 13:16-17) ~~~~~
  16:しかし、あなたがたの目は見ているから幸いだ。
   あなたがたの耳は聞いているから幸いだ。
  17:はっきり言っておく。
   多くの預言者や正しい人たちは、
   あなたがたが見ているものを見たかったが、
   見ることができず、
   あなたがたが聞いているものを聞きたかったが、
   聞けなかったのである。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 2. つまり ヨハネ福音のほうは キリスト・イエスについて語っており マタイのほうはイエスがみづから語った言葉です。

 3. これにしたがうと イエスは キリストなる神として モーセやアブラハム(=《預言者や正しい人たち》)よりも前にいたことになります。
 
 4. その正否をうんぬんする前に すべては表現の問題であるというようなかたちでここでは扱います。その表現の歴史としてでも 世界は動いて来たと見るひとつの主題です。



 5. すなわち キリスト・イエスを俟ちのぞみつづけた歴史。これをメシアを待望するという恰好のキリスト史観と名づけます。



 
 6. さて そのアブラハムからの二千年ほどの歴史は 別の質問で取り上げていますので措いておきますが たとえばイエスの時代において ペテロを初めとする弟子たちも イエスがメシアだとは分からなかった。という問題があります。

 7. イエスが十字架上に去って行ったあと初めて かれがキリスト・イエスだと分かった。イエスが捕らえられたときには 自分たちは逃げ去ったほどでした。

 8. 生前には――イエスはみづからが神の子であると自称さえしていたが―― ペテロらは 分からなかった。口では言っていたが 《虚構――イエスの大嘘――》を捉え得なかった。この問題です。



 9. それは 次の聖句を引き合いに出して説明されるようです。
  ▲ (出エジプト記 33:21-23) ~~~~~
  21: 更に、主は言われた。

    「見よ、一つの場所がわたしの傍らにある。
    あなたはその岩のそばに立ちなさい。
  22: わが栄光が通り過ぎるとき、
    わたしはあなたをその岩の裂け目に入れ、
    わたしが通り過ぎるまで、
    わたしの手であなたを覆う。
  23: わたしが手を離すとき、
    あなたはわたしの後ろを見るが、
    わたしの顔は見えない。」
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 10. つまり 生前のイエスについては 弟子たちの目は覆われており イエスの正体が分からなかった。死後やっと キリストの背面を見ることが出来た。《顔――神なる真理そのもの――》は 見えない。と。
 
 

 11. でも キリスト史観は 成就した。と――言うなれば《ことばの民》なる民族にとっては ことば・ことば・ことば・・・として歴史が推移するというかのように――捉えられているものと考えられます。
 
 12. この虚構が なかなか捨てがたいようだと思われ 受け容れられたのでしょう。どこまで分かったのかを別としても。



 13. ことばを《こと(事・言)の端》として捉える民にとっては このキリスト史観をどのようにあつかうのがよいか?

  13-1. たぶん 辻褄は合っている。か。

  13-2. 二千年ものあいだ 語られたコトバを追って 人びとの歴史がいとな
       まれたと言われても こたえようがない。か。

 14. といった問題もさることながら――つまり 一応そう触れておいた上で―― ここでは このキリスト史観について それが成就した途端にもうその使命を終えたという見方を持ちます。

 15. そうして そのことによって 世界のすべての人びとにとって あたらしい世界を用意した。と考えます。キリスト史観がです。



 16. あたらしい世界とは 何か? 

 17. あえてこの質問ではたたき台を必ずしも用意せず みなさんからいろんな見解をお聞きしたい。否定的な見解もありましょうが どうでしょう?

 18. 質問者のひとつの焦点は キリストの背面を人間は見ることが出来たとするのならば そのような《神のうしろ姿》とは どういうことか? です。

 19. 神の正面の姿を見ることができる(出来た)と説くシュウキョウの問題もあるかと思いますが・そして質問者としてはそういうふざけた自己表現はもう論外としたいと考えていますが いづれにしましても どうでしょうか?

投稿日時 - 2016-11-18 10:00:55

QNo.9257113

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Bragelonneさん おはようございます。

朝活中です。限界ぎりぎりで修行に励んでいます。

下記に添付する、横山大観が面白い絵を描いているのを知ったので、bragelonneさんの考察のお礼をお願いします。

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E8%A6%B3%E3%80%80%E8%BF%B7%E5%85%90&biw=1366&bih=651&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiSu-jp07rQAhULjLwKHUwZDroQsAQIKA#imgrc=bEiWSzC2a6egEM%3A

題名は「迷児」。明治とかけているのと思われます。

背景にいるのは左から、孔子、釈迦、キリスト、老子です。

真ん中にいる子供は日本です。

海外の文化を取り入れて融合することに長けた日本を良く表した絵と思います。

しかし、明治時代から、真ん中にいる、子供は、どのくらい大人に成長したと思いますか?

すでに、背景の育ての親はすべて、日本は捨てていると思われます。

Bragelonne哲学が、まだ迷っている迷児(現代日本)の育ての親になるつもりですか?

横山大観は下記のような言葉を言っています。

「富士の名画というものは昔からあまりない。
それは形ばかりうつすからだ。
富士を描くと言うことは、
富士にうつる自分の心を描くことだ。
心とは、ひっきょう人格にほかならぬ。
それはまた気品であり、気魄である。
富士を描くということは、つまり己を描くことである。
己が貧しければ、そこに描かれた富士も貧しい。
富士を描くには理想をもって描かなければならぬ。
私の富士もけっして名画とは思わぬが、
しかし、描くかぎり、
全身全霊をうちこんで描いている。
富士の美しさは季節も時間もえらばぬ。
春夏秋冬、朝昼晩、富士はその時々で姿を変えるが、いついかなる時でも美しい。
いわば無窮の姿だからだ。
私の芸術もその無窮を追う。」

私は、まだまだ修行がたりませんが、bragelonneさんの富士山である、bragelonne
哲学の力量において、お礼をお願いいたします。

投稿日時 - 2016-11-22 05:28:51

お礼

 ご回答をありがとうございます。

 ★ 朝活中です。
 ☆ りっぱだと思います。特にわたしは 高校生の頃から朝派でしたから。いえ その後は出来ていませんが その思いは強く それを実行している人には 頭が下がります。



 さて なんですか。大観ですか。

 なんでこんな自己宣伝をしなければならないのか?

 画家なら 描いたもので勝負ですよ。評論家みたいなことは 言いっこなし。特に自画自賛になるような場合は。

 と思います。



 いつもわるいですね。わたしにいぢわる心があることも大いに手伝っていますが それにしてもいつもあなたには苦言を呈しますね。




 きょうは ひとつ助言をしてみます。

 ★ 限界ぎりぎりで修行に励んでいます。
 ☆ もちろん以前から 修行の話は聞いていますし そのことに何の反対もありません。これも りっぱなことです。

 と同時に なぜわたしが苦言を呈することが多いのかと考えてみますと それは この《修行の身》だという現実と思いが 影響しているのかも分かりません。

 どういうことか?


 修行はするのです。修行は修行として目いっぱいやります。
 
 しかも その反面で自己表現は――という意味は このように回答を寄せるときの文章はということですが―― 誇張して言えば 目いっぱい 気取って書くのがよい。のです。あんがい そうなのです。

 ウソでも 胸を張って文章を書いてみる。


 つまり くれぐれも重ねて述べますが 修行をしているという現実を変えることはいっさいしません。
 地道な努力とそしてその基礎の上におこなう自己表現は 常識に反して けっきょく《偉そうに》書くのがあんがいよいのです。

 こういった助言です。





 そのツテで言えば わざと極論するなら 大観 何するものぞ! といった視点を持ち その姿勢をも文章に表わしてよい。こう考えます。

 さらに同じくその延長線上には 孔子・老子が どうした? とか あるいは ゴータマ・ブッダだって? あのペテン師か? でいいんです。


 イエスは 大嘘つきです。キリストは 想定じょう神ですから それとして扱いますが。

 ほかの人間が 日本を捨てたかどうかは知りませんが キリスト・イエスが 捨てるわけがありません。

  わが神 わが神 なにゆえわれを見捨てたましや。

 は 必ず転調するわけですから。




 キリストは そうではないでしょうが わたしは 韓国人を見捨てています。せいぜい おまえたちは気ちがひだと言ってやるのが 慈悲だというものです。




 まぁ 全体として いまの――いまのままの――あめんほてぷさんが 人に好かれるということでしょう。
 わたしのような法螺吹きは 嫌われます。

 まぁ 一面としては 嫌われてなんぼという今の日本の現実の状態があるとも言えるのでしょう。


 この両面を捉えて しかるべきあなたの道を さらに問い求めてあゆんで行って欲しい。

 では。

投稿日時 - 2016-11-22 08:58:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

bragelonneさん こんにちは。

さすがに疲労がたまり、疲れて早退してきました。

お礼を読みましたが、そんな大胆な発言を出来る人間でないことは、図書館の書庫に籠るとわかります。

図書館の書庫に眠る、本を書いた、明治から大正、昭和初期くらいの、先人の背中がいかに大きいことか。

気軽に、自分は「努力」している、などという言葉は使えないと思い知らされます。

図書館の書庫に眠る、先生方の視野の深さから、一体どれだけ努力したのかを・・・。

科学が現在ほど発達していない、当時は、明日の飯が食えるかわからず、衛生状態も悪かったので、いつ死ぬかもわからず、必死だったと思われます。

まだまだ、謙虚に修行の日々です。

しかし、これだけ限界まで頑張り、答えを求めて、ぼーっとした状態で書庫に行って、何気なく本を取って、自然に開かれたページに、答えのキーワードとなる文章が載っていることがあります。

嬉しさと恐ろしさを感じます。

これをただの偶然と考えるか、神の啓示と取るか?

これが、非思考の庭の秘密かもしれません。

私は、もちろん後者の信じるを選択しますよ。

では、寝ます。

投稿日時 - 2016-11-22 14:25:29

お礼

 まぁ そういうことになりますかねぇ。

 まぁ そういうことなんでしょうねぇ。


 もともと 反対していたのではない。のですから。



 日本について どう捉えどう扱うかが 前回では抜けていました。

 あたかもあなたを 日本人のよさそうな部類を代表するかのような人間のひとりに見立てたような恰好ではありました。



 つまり ひと言。

 先人の努力とその成果について とうとばれるという思いが自然に湧いて来る。あたまが下がる。

 そのとき・そこから こんどはこちらが偉そうに一席ぶつわけです。




 それは 表現ということが 相手のある伝達ないし意志疎通といった関係の問題だと見たときには 色濃く目の前に現われて来ます。

 《地道な努力》を伝えるのに そのままそれを表出するか。それとも 多少は――色をつけるというよりは――極論するかのように・そして相手に警戒をさせないように えらそぶる文体をも用いる。

 相手に こちらがその相手よりは上だと感じさせるのは まづいんです。伝わるものも伝わりづらくなります。



 まぁ これは技術的なことのように思えるでしょうけれど 文体の妙というのは あんがい――存在の基礎理論にかかわって―― 重要であるようにわたしは思っています。



 要するに 欧米の著者というのが それです。
 何も真似することはないのですが 伝わりやすく また後味がわるくならない。
 えらそうな文体で書いて ちょうど謙虚さとしてよい加減なのではないか。

 こういう問題です。

 一考にはあたいすると思うんですがねぇ。


 あるいはつまり このような大胆不敵な文体のほうが かえって相手の非思考の庭を開かせるかも分からない。

 まぁ だいぶ 言いすぎですが。




 ご回答をありがとうございます。




 お休み。

投稿日時 - 2016-11-22 15:13:14

ANo.11

ケラケラ。
お遊びだよ。
私が敗者の栄光を全うすると、人間は悪の勝利に酔う。
悪の結社に対して、ポチに餌やりだよ。
人間は神に対して取りすがりという形で懇願し、足を引っ張って地獄に陥れることは人間の正当な性であると主張した。
それに名乗りを上げた神はいまだに悪魔に転落したままだ。
ただ私は気づかれぬまま、人に承認されぬまま、悪魔に救いのしるしを示し和解をなしたという人類の代表を全うしたよ。
残っているのは納得しない人間の人間悪だ。
これ、ポケモンで数年中に悪の結社が認めたら映画化されるね。
ポケモン映画でセレビィが登場した作品に、「幻影の覇者ゾロアーク」というのがある。
とことん暇な時があれば、私の栄光を鑑賞してくれ。
その劇中のセレビィを利用して未来を悪用した社長さんが、ヤマウチ怨霊、イワタ怨霊だ。
故ヤマウチ氏とか言えば世間体はいいが、私は怨霊と表現する。
落とし前がまだなんだよ。
ポケモン映画の主人公のサトシ君は薄汚いきれいごとを言ういい子ちゃんだ。

投稿日時 - 2016-11-19 00:03:36

お礼

 ううーむ。

 過去ぢゃないんのですか。







 ご投稿をありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-19 05:25:15

ANo.10

忠告しておくよ。
私の人間嫌いに、あんたの宗教嫌いは等しい。
撤回する方向で賢人を全うしないと、君自身に名誉回復はなく、イエスさんにおせっかいを働く余地もない。
敗者の栄光は美しいんだ。

投稿日時 - 2016-11-18 23:40:27

お礼

 宗教は オシヘを信じなさい――つまり 鵜呑みにして受け容れなさい――と説くかぎりで 非人間的である。

 と言わざるを得ないと思う。





 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-19 05:22:57

ANo.9

落書きだよ。
そうさな。
人に語り掛ける言葉。
これ以外に、
神に語り掛ける言葉、
偽りなくそれを明かすのは仏陀の条件だ。
私はいかに懇願しようとも、決して報われることはないという、滅びの確信に取り組んでいるよ。
ありきたりな言葉では、救いの結実を目指していて、持論の撤回のために研究している。
私が人間悪のシンボルとして言及する悪の結社さんの総帥は、ユーチューブでV字開脚の上放尿の動画を公開すればけじめがつくんだが、相変わらず悪の濡れ衣を晴らすことに協力的でないね。
悪を働いたなら、それなりの落とし前は悪のしきたりにのっとってつけるんだ。
君なりに、神は無罪、人間有罪。
この悪の由来にどのように考える?
神様を友達にしていても、私は人間の身分なんでね。
わずらわしい義理のために厄介ごとを請け負っているんだ。

投稿日時 - 2016-11-18 23:36:15

お礼

 たいていは 誘惑にフラフラつい行く。


 慣れっこになると 自分からすすんで誘惑をつくってあそぶ者がいる。


 とは思う。




 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-19 05:20:51

ANo.8

お礼に返答だよ。
とことん人間嫌いがうかがい知れるであろう私に、年下相手に丁寧だね。
ありがとさん。
あんたの考え方でうかがい知れるところを述べると、イエスで自己を確信したというところを表現しているね。
これはその他のあなたの言い回しで、もはや自分自身で自覚できるんだろうが、イエスの名誉回復を意地でもしておきたいようだね。
自分以外はどうでもいいという圏外にイエスを置くのもいいだろう。
突き放すようにね。
釈迦について君になんだかんだと噛みつかれながら私も意地を張ったことがあった。
まあ、この商売、お互い繁盛しましょうや。
それから日本人キリスト教徒が、呪われたキリシタンの再来かどうかというのを、私自身の経験から君にも検討お勧めするね。
君が君であるための条件の一つになりうる。

投稿日時 - 2016-11-18 23:16:41

お礼

 元気があたえられる。という問題が ひとつ。

 そして 決してシュウキョウではないということ。

 こういった問題を さらに明らかにしたい。


 
 単純なんですけれどね。




 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-18 23:24:31

ANo.7

原罪など もともと ないのです」←あっそう・・

で?・・

無いのなら無いでイイんじゃない?

あなたは無いと思う立場の人・・

俺はあったとする方を信じただけ・・

どちらが正解かは 百年もしない間に解かる事・・

投稿日時 - 2016-11-18 23:02:24

ANo.6

ここまで来ると私にはこたえられないよ。
単なる落書きだよ。
充実して楽しんでいるかい?
あんたが引退すると、私はくだらない場所でただ暴れているだけのような不安があってね。

投稿日時 - 2016-11-18 21:30:03

お礼

 まあまあ ですね。いろんな意味で。

 同じ主題を追い求めている部分もあると言わねばならないし。



 まぁ 特にないという状態にてですね。




 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-18 21:54:41

ANo.5

キリストは原罪を贖う為に来られた・・

原罪を取り除いた人間が 本来の人間の姿・・

だから 原罪の無い子孫が祖先となり 原罪のある祖先の原罪を取り除き 新生される・・

この事に依り 子孫が祖先に 祖先は子孫になる・・

簡潔に言えば これだが あなたには「何のこっちゃ?」で 終わる筈

投稿日時 - 2016-11-18 17:47:47

お礼

 原罪など もともと ないのです。


 ヘビを・そしてこのヘビをサタンの問題として 初めに――物語として――出したから その問題をイエスが解消しておく必要もあった。

 ただ それだけのことです。


 まこと と めぐみ。これが キリスト・イエスの来た目的。

 めぐみの上にめぐみが あたえられる。

 だから 原罪の贖いは 傍系のことがらです。




 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-18 21:59:20

ANo.4

回答を書きこまないのなら 投稿しなければイイ」←書いてもイイが あなたに解かる様な事では無い・・

新生って 聖書に ちゃんと書いてある・・

投稿日時 - 2016-11-18 17:39:05

ANo.3

現在が過去よりふるくなり 過去が現在よりあたらしくなる?」←誰も そんな事は言ってません・・

知らないのなら もっと勉強すればイイ・・

聖書にも ちゃんと書いています

投稿日時 - 2016-11-18 15:23:12

補足

 回答を書きこまないのなら 投稿しなければイイ・・・

投稿日時 - 2016-11-18 16:27:27

ANo.2

Q資料を基とする共観福音書とヨハネ福音書は別ものです。
これを同様と捉えると混乱になるだけです。

ヨハネの黙示録でも分かるように、ヨハネはイエスや神に対する考えが独特です。
聖書の一部を取り出せば、どんな宗教も作り出せます。
旧約聖書と新約聖書全体を見る事で神が分かる。
イエスキリストは神ではなく、人以外の何者でもない。
神の愛を説いたに過ぎない。

処刑後二百年過ぎて十字架神話ができた。
イエスが十字架上で死んだという歴史的事実はない。

投稿日時 - 2016-11-18 13:49:17

お礼

 ご回答をありがとうございます。

 考えるところを述べてまいります。

 ★ イエスが十字架上で死んだという歴史的事実はない。
 ☆ 史実かどうかをあらそうつもりはありません。

 ☆☆  4. ・・・すべては表現の問題であるというようなかたちでここでは扱います。その表現の歴史としてでも 世界は動いて来たと見るひとつの主題です。


 ★ 十字架神話
 ☆ であっても そのような表現の歴史があれば取り上げる。という姿勢です。

 ★ 共観福音書とヨハネ福音書は別ものです。
 ☆ ヨハネのほうを除外するわけではないとすれば 史実を問うよりは表現の歴史として扱います。

 それでも:
 ★ 混乱になる
 ☆ ということでしたら もう仕方がありません。この質問の趣旨をみとめる場合にのみ問いが有効です。


 ★ ヨハネの黙示録
 ☆ は さすがに別とします。必ず解釈が必要であり しかもさだまった解釈は成し得ていないのですから。


 
 ★ ヨハネはイエスや神に対する考えが独特です。 / 旧約聖書と新約聖書全体を見る事で神が分かる。
 ☆ ヨハネにあっても次の聖句では モーセのときの《青銅の蛇》の話が イエスに当てはめられています。

 ▲ (ヨハネによる福音3:14-16) ~~~~
 そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子(=イエス)も上げられねばならない。

 それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。
 ~~~~~~~~~~~~
 ☆ すなわち 民数記(21:6-9)で モーセが旗竿の先にかかげた青銅の蛇の話を承け継いでいます。
 必ずしも《独特》ではありません。



 ★ イエスキリストは神ではなく、人以外の何者でもない。
 ☆ ですから 自分が神の子でありみづからも神であると大嘘をついたと見ています。

 ☆☆ 8. 生前には――イエスはみづからが神の子であると自称さえしていたが―― ペテロらは 分からなかった。口では言っていたが 《虚構――イエスの大嘘――》を捉え得なかった。この問題です。




 かんたんですが このように見ますと:
 ★ 混乱になる
 ☆ ことはまぬかれるものと思っています。

投稿日時 - 2016-11-18 14:19:03

ANo.1

祖先が子孫に 子孫が祖先になるのは 理解すれば当たり前のこと・・

投稿日時 - 2016-11-18 11:22:53

お礼

 ええっ?

 血筋は つながっていますよ。

 でも 現在が過去よりふるくなり 過去が現在よりあたらしくなる? のですか?





 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-18 11:37:16

あなたにオススメの質問