こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

プログラマー 半年契約

プログラマー 半年契約

自分はITやプログラミングといったものを職業にしようと思って勉強をしています。
それで今日東京の会社に面接に行ったのですが

そこで言われた事が
「あなたの場合、未経験なので最初は自分にできそうなプロジェクト(実務未経験なのでExcelなどの表作成)などから初めて頂きたいと思っています。半年は契約社員として働いてもらって、それでこうゆうプログラムを作れたからこうゆう案件はできるんじゃない?とプロジェクトに配属が決まった時点で採用。そこからまた試用期間を半年行います。」と言われました。

そこで疑問なのですがやはりプログラマー(東京のある程度大きな企業)の場合

・いきなり正社員じゃないのは当たり前なのでしょうか?
・契約社員として半年過ごしその半年というタイムリミットがある中である程度のプログラムを作れるのは普通でしょうか?
・やはり実務経験不問で入社し実務を着実にこなしていくのが良いでしょうか?
・プログラミングは自分でやって覚えるものですが9割は自分で覚え残り1割は相談とかいったことは甘いでしょうか?
・未経験でプログラマーとして入社する場合、色々な言語、色々な案件を扱う会社に入社するのと一つ(少なめ)の言語を狭く深く集中してできる実務につくという事、ケースバイケースだとは思いますがどちらが良いと思いますか?

25歳男性で実務経験はないのですが職業訓練校で半年間Webの職業訓練を受講していました。
休職活動はリクナビネクストで行いPHP、java、C、COBOLなど本当に様々な言語を扱う所に面接に行きました。


どこか誤字があったり意味の通じていないところがあったら申し訳有りません。
多少厳しめの回答で良いので貴重な回答募集致します。
すいませんがよろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2016-11-18 21:35:20

QNo.9257334

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>・いきなり正社員じゃないのは当たり前なのでしょうか?

どちらもあります。
嫌なら別のところにすればいいだけです。
ただ、新卒以外で未経験なら選択肢は多くないのでなんらかの妥協が必要です。



>・契約社員として半年過ごしその半年というタイムリミットがある中である程度のプログラムを作れるのは普通でしょうか?

契約社員かどうかは関係なく、半年過ごして何もできないなら厳しいでしょう。
半年から1年ぐらいの間が一番色々分かって使い物になるかならないかの分かれ目かもしれません。
契約社員だと何もできないと契約してもらえないかもしれませんが、正社員でも待ってくれて1年ぐらいでしょ。
納期までに一定以上の品質で生産できる人以外は使い物にならないので。



>・やはり実務経験不問で入社し実務を着実にこなしていくのが良いでしょうか?

未経験ならどちらでも良いのではないでしょうか。
どちらにしても一人前に作れるようにならないと給料も上がりませんし、一人前に作れるようにならないとそのうちクビになります。
どのような形にせよ、実務経験を経て早く一人前になって、そこで勤められそうなら勤めて、そうでなければ転職すれば良いです。



>・プログラミングは自分でやって覚えるものですが9割は自分で覚え残り1割は相談とかいったことは甘いでしょうか?

「残り1割は相談」の意味が分かりません。
プログラミングは自分でやって覚えるものですが、自分勝手に作れるわけではありません。
仕様書に沿って作る。コーディングルールに沿って作る。
誰れかの作ったものと足並みを揃え、クセの無い主張のないプログラミングをしないと使い物になりません。



>・未経験でプログラマーとして入社する場合、色々な言語、色々な案件を扱う会社に入社するのと一つ(少なめ)の言語を狭く深く集中してできる実務につくという事、ケースバイケースだとは思いますがどちらが良いと思いますか?

一つの言語を狭く深く集中してやる場合、その言語がたまたま普遍的なものであればずっと続けられますが、
オワコンになった時に
一緒に引退するか、
振出しに戻るか、
少ないパイの取り合いに参加するか
の不毛な三択になります。

色々な言語、色々な案件を扱った場合、その会社で留まり、地位を上げながら上位工程をやっていくという形にシフトするしかありません。
転職の際は、旬な言語を深く知っている人が圧倒的に有利なので、器用貧乏は損です。



一つの言語を極めたあたりで、その言語がオワコンになったとします。
年齢は30を回ったあたりとします。
どうしますか?
大半の人はそこまでに辞めています。

プログラマーという職業はスポーツ的選手並みに寿命が短いという事を知った上でやるかやらないか決めた方が良いと思います。

投稿日時 - 2016-11-21 11:09:13

ANo.3

新卒の場合は未経験者の採用も当たり前ですが、中途採用の場合は経験者が前提の所が多くなります。
ただ、未経験者も採用するところもあり、試用期間を経て本採用になると思います。
一定期間契約社員でと言うところは、それほど多くないと思います。

プログラミング技術は、IT業界では小さな会社ほど必要になります。
大手SIerと言われるところでは、プログラミングが一切できなかったり、新人の時にしかしていない人が山ほどいます。

一方、小さなソフトハウスでは生涯プログラミングを続ける人も多いです。
これは、IT業界が何層もの階層構造になっているためで、顧客から受注したSIerはプロジェクトの管理と企画や要件定義を、その下の会社は要件定義とシステムの概要設計を、さらに下の会社がシステムの詳細設計とプログラミングを場合によってはさらに下請けがいてプログラミングを行うような形になる事が多いです。

もちろん、システムの規模や形態でこうなるとは限りませんが、このような階層構造がある事を頭に入れて置いて下さい。

大手に入る場合は、プログラミング技術なんて実はどうでも良い事なのです。
必要なのは、物事を論理的に考えられる事、色々な事に常に好奇心をしめし何でも直ぐに吸収する事です。
要件定義や概要設計するには、顧客の業務も知る必要が有り、業界知識や顧客とのコミュニケーション能力も必要になってきます。

一方、小さなソフトハウスではただ設計書に沿ってプログラミングしていかだけなので、プログラミング技術さえあればいいのですが、それじゃあ一生プログラマで給料も大して上がらず、先も見えています。

また、プログラミングの基礎さえ知って入れば、新たな言語は業務を通じて覚えられます(逆に覚えられないようでは、この業界では通用するしません)。
COBOL技術者うんぬんの回答がありますが、COBOLはもっとも簡単な言語であり、わざわざ勉強までして覚えるようなものでは有りません、他の言語をと構造が違うのでそこに慣れるだけです(COBOLは元々英語で仕様書を書くのと同なじレベルでプログラミングできると言う言語ですので)。

2番目、3番目、5番目の質問はその会社がどのような会社にかもよるので回答は出来ません。

4番目の質問はですが、全く先輩等に聞かずにするのはほぼ不可能に近いです。
逆にわからない事をわからないままずっと抱え込まれで作業が進まないので、上の立場としては非常に困ります。
わからない事は、まず自分で調べる、調べた上でわからなければ、何がわからないのかを明確にして先輩等に聞くと言う形になると思います。

大切な事は以下の点です。
・わからない事が発生した時に、何を調べればわかるかを覚える事がまず重要
・一度聞いた事を二度聞かない、聞いた事を覚えられないのも問題だが、覚えられないならメモなどに必ず残しておく

IT業界で上を目指すなら、プログラミングそのものはあまり重要でない事を再度書かせて頂きます。

投稿日時 - 2016-11-19 08:57:55

ANo.2

・いきなり正社員じゃないのは当たり前なのでしょうか?

会社によります。未経験者拒否の会社もありますし、行けそうだと判断し正社員雇用するところもあります。半年様子を見ようというのは良心的だと思います。この業界は、向き不向きがありますので、向いていないならお互い不幸ですから。


・契約社員として半年過ごしその半年というタイムリミットがある中である程度のプログラムを作れるのは普通でしょうか?

あなたが学校で半年何を学んだかによりますが、半年あればできると思います。私も職業訓練校に行きましたが、学校が終わった後は毎日図書館に行って勉強していました。そして基本情報処理をすぐに取りました。会社に入ってからも平日は帰ってから、土日も多くは勉強していました。そういう姿勢が必要だと思います。


・やはり実務経験不問で入社し実務を着実にこなしていくのが良いでしょうか?

ぶっちゃけどこでもいいと思います。条件が悪ければ転職すればいい。この業界は転職をするほど収入がアップしたりするので。


・プログラミングは自分でやって覚えるものですが9割は自分で覚え残り1割は相談とかいったことは甘いでしょうか?

それでいいと思います。ただ、本当にまじめに勉強しましょう。もしまだとっていないのであれば、まずは次の春試験で基本情報処理をとりましょう。午後はエクセル以外で。あと家でなにかプログラムを作りましょう。


・未経験でプログラマーとして入社する場合、色々な言語、色々な案件を扱う会社に入社するのと一つ(少なめ)の言語を狭く深く集中してできる実務につくという事、ケースバイケースだとは思いますがどちらが良いと思いますか?

多くの言語を扱える方がいいですが、それぞれが浅ければ意味がありません。いろいろな言語を扱うことがそれぞれを浅くしか学ばないことが前提なら、一つの言語だけを深く勉強した方が絶対にいいです。浅い仕事は誰にでもできます。

「誰でもできること」しかできない(ゴミのような)SEは結構います。他の人ができないところまで理解できる人が高く評価されます。

投稿日時 - 2016-11-19 06:14:18

ANo.1

>それで今日東京の会社に面接に行ったのです

転職ですかね?

>いきなり正社員じゃないのは当たり前なのでしょうか?

転職の場合は「経験者」しか、正社員として採用しません。
※履歴書よりも、職務経歴書を優先する。
未経験者だと、採用する側にとって「博打」なんです。
正社員で採用して、期待した程の能力・知識がなかった。
案外、多いのです。
と言っても、正社員は簡単に解雇は出来ませんよね。
バブル時期に採用した「能力・知識不足の正社員」は、整理するの多くの会社が苦労しました。

>タイムリミットがある中である程度のプログラムを作れるのは普通でしょうか?

システム開発に限らず、全ての契約は「納期」が存在します。
質問者さまの場合も、某プロジェクトの納期までの契約なのでしよう。

>実務経験不問で入社し実務を着実にこなしていくのが良いでしょうか?

その通りですね。
未だ、25歳ですから・・・。もちろん、最低プログラムが読める・理解できる能力が必要ですがね。
「出来る事から、コツコツとぉ~」です。
実務に就いて「合わない」と思ったら、契約社員だと辞める事が出来ます。
履歴書にも、傷が付きません。

>9割は自分で覚え残り1割は相談とかいったことは甘いでしょうか?

甘くは、ありません。
分からない事を自分で考えると、時間だけ過ぎて成果物が何もありません。
成果物が無いと、工程が狂って納期が間に合いません。
何でもかんでも訊くのは、大間違いですがね。

>ケースバイケースだとは思いますがどちらが良いと思いますか?

昔は、「何でも屋」が多かったですね。
が、今は「その言語の専門家」を募集している企業が多いです。
中途採用の求人では、条件欄にプログラム言語が指定しています。

>本当に様々な言語を扱う所に面接に行きました。

会社が色んなプリグラム言語を扱っていても、プロジェクトチーム内では言語は決まっています。
出来る事なら「何でも屋から専門家」になる事を考えた方が良いです。
インターネットが普及した当初は、COBOLは古い言語として猫も杓子もWEB関係の言語に移行しました。
が、今ではCOBOL技術者が不足しています。
質問者さまも、先ず「どの言語の専門家を目指すのか」を考える事です。
余談ですが・・・。
残業が100時間を超えても、不満を述べては駄目ですよ。
(この業界は)納期遅れ・品質不足・性能不可の場合は、休み返上で開発を行う事も一般的です。
労働時間に不満を覚えたら、直ぐに上司と相談して下さい。
プロジェクトから外して、定時出勤・定時退社の業務にかえてくれます。

投稿日時 - 2016-11-18 23:30:38

あなたにオススメの質問