こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

履歴書で書きたいことが明確になりません。

何度も履歴書を添削してもらいました。
その際、何を言いたいのか意味不明といわれましたが、今までしてきたことを「トラブル対処ができます」「できることは何でも勉強しました」と結ぶしかない状態です。また本音を言うのが苦手です。
文章が稚拙すぎるといわれましたが、企業の役に立たないPRを書きならべているのが原因だと思います。落ちる原因を考えて、それをフォローする文章を書いて、文章が長くなります。
ボランティアやTOEICの勉強をしましたが、実力を伸ばし、経験を積むためであり、好きだから、海外や福祉で働きたいわけではないです。外国人との接客など得意な部分を書こうとしても、特に書くことがありません。
そのため「いろいろと勉強」し、「当たり前の事しかしてない」「無難な印象」になってます。
応募の際も、例えばデザイン会社を受ける際もデザインの勉強をしたから受かるかもしれない、と思ったから受けているだけです。企業研究はしますが、デザインで実績を作ろうとしません。
やる気はあるのに好奇心において他人に劣っている気がします。書きたいことを明確にしたり、選考通過のための対策はあるのでしょうか?

例 設計事務所 設計職の志望動機・PR
店舗を設計し、心地いい環境を作ることに興味を持ちました。
トラブル対処としてアルバイトでリスク予測と目視確認を行いました。また、企画制作の技術向上のためにできることは何でもしました。
バスターミナルの勤務では安全・正確を心がけ、バスに遅れが生じないよう細心の注意を払い誘導や車内整備をしたり、様々なお客様からのクレームにも臨機応変に対応しました。 一部の仕事先で失敗を注意されましたが改善してきました。今は和気あいあいと働いてます。仕事の忙しさと学業の点数不足に悩まされましたが学費を自分で払い、就職活動をしながら卒業制作の質を高めました。
技術向上につきましては、外国人への施設案内、施設案内用のPOPも作り、障害者を補助するボランティアでレクリエーションを企画、web企画の投稿やアプリ開発と営業、社交性や作業効率
化などを勉強して作りました。
建設が好きになってからは、建設工業新聞、建通新聞を読むようになりました。これらの経験を活かし、安全かつニーズにあう商空間を設計していきます。
リスクばかり気にする性格を治すため、積極的にベストを尽くしました。資格取得など貴社の発展のために新しいことは何でも学び実践します。

投稿日時 - 2016-11-25 11:50:31

QNo.9260042

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

添削をするのはできますが,あなたの場合は文章がまずいと言うよりは,骨子が整っていないので,長くなるとかそうゆう問題では無く何をどういったスタイルで表現したいかをまず考えましょう。

私は設計関係は素人ですし,あなたの履歴書の経歴の部分を読んでいないのでこのPRだけではちんぷんかんぷんです。なので想像がかなりはいるのですが。

まず志望動機
シンプルなのは良いと思いますが,前後に経験が入ったりすこし具体性が入るとわかりやすいです。
大学生の時,大学の近くに新しく開店したお店に入って,そのお店が多くの客層にたいしてすごく心地よい環境創り出していると感じ,それからというもの店舗の設計に大変興味を持ちはじめました。

と思ったことは無い。とあなたは言いそうですが,そういった感じで自分が体験して発想に至ったという書き方をされると,読み手は理解しやすいです。そうで無ければ
「店舗を設計し、心地いい環境を作ることに興味を持ちました。」と言われればどうして?
と思ってしまうからです。あまり良い例分ではないですが,書き出しは大事なので慎重に,どうして興味を持ったのかが分かるように書いてみてください。

あとの自分のPRですが,
ここでは自分の長所短所を自己分析して書き進めたいのでしょうか?
それとも,いかに自分が設計という仕事に向いているのかを書きたいのでしょうか?

その点を箇条書きにしてみることをお勧めします。

自分はリスク管理に対して優れた能力をもっていると考えられる。
それは設計の段階で,いろいろなことに対して,例えば地震や火事はもちろんのこと,同時に複数の扉が開いたときの動線などを予測し対応する能力を持っていると思う。といった結びつけ方をしていかないといけませんね。

あなたはクレーム対応をだしていますが,その経験も大事ですね
設計において顧客のニーズを聞き出し気持ちよく未来の自分の店舗,家を表現してもらうために,自分のクレーム対応してきた話術であったり対応力が活かせると思う。ということに書き換えられると思います。

またこれからは海外からの顧客に対しても対応する必要もあり,私の語学力が役に立つと思う。とかもちろん現実的に資格取得などのために日々勉強し努力をいとわないところが自分の長所だといえるとおもいます。
一方短所は,長所でもあるリスクに対して慎重であること。そのために小さいことに気を取られて時間がかかってしまうと言う経験もあります。これに対しては,準備を行うこと,知識と経験を持ち前の積極性で蓄えることで,自分の設計にたいして裏付けと自信を持てるようにしていき,お客様に安心して満足してもらえるような設計を行える様になりたいと思う。という結び方であれば,ある程度の述べたいことは伝わるのではないでしょうか?

一言一句直しても良いかと思いましたが,私の真意も伝わらないと思いましたので,おおざっぱに意見を述べました
何かの参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2016-11-25 12:14:45

お礼

ありがとうございます。非常に参考になりました。

投稿日時 - 2016-11-26 20:12:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

転職、ですよね?

例に挙げられている設計事務所の設計職と、バスターミナル勤務での誘導、車内整備の仕事がどのような関係があるのかわかりません。

全くゼロではないかもしれませんが、バスターミナル勤務の経歴が設計職にどのようにいかされるのかが見えてこないのがまずいのではないでしょうか?

バイトでも正社員として働いていても、働く姿勢のようなものを身につけることはできると思います。でも、技術的な能力は何処でも得られるわけではないでしょう。志望している職、業界への「自分の技術的能力のアピール」が無いのがまずいのでは? というのが私の感想です。

「何でもしました」とか「ベストを尽くしました」って表現も、結局何をしてどんな結果が出てかではなく「自分がやった気分」を表現しているだけじゃないかと。そもそも一人では何でもできないし、常にベストの状態で仕事するなんて無理。だから複数の人間が集まって役割分担して仕事するんじゃないでしょうか? 一人で本当に何でも出来るんだったら、起業すればいいんじゃないの?って読めちゃいます。そうじゃなければ、あなたの尽くしたベストのレベルが誰でも容易に達成できる非常に低レベルなものになっちゃいます。
「何でも」って結局「何にも」に簡単になり下っちゃう、曖昧な表現です。

「何でもしました」を頑張って取り組んでる表現として採用したのだと思いますが、自分の能力を把握してない証拠です。例にある設計職については全く詳しくないのですが、具体的に過去にどんな設計に関わる仕事をして、どんな物を作り上げて、自分はどこまでそこに関与していたか。何も書かれて無いですよね?(新聞読んだ、って経験にいれませんよね?)

それとも、もしかして全く未経験の業界への志望なのでしょうか?
職歴と無関係な業界への転職なら、質問者さんの年齢の方が問題なのかもしれません。

投稿日時 - 2016-11-25 13:45:52

お礼

ありがとうございます。未経験です。転職ではないです。

投稿日時 - 2016-11-26 19:18:57

ANo.2

履歴書なので、履歴です。アピールにも使えますが、本来は自分がこれまでやったことを簡潔に相手に伝える資料です。まずはそこ。これから何をするか云々は面接で語ってください。履歴書はあくまで「何をやってきたか」を中心に、自分がどんな人間であるかを相手に伝える資料です。そこをはき違えている感があります。

それから「何をやりました?」というのが履歴書に対して読み手が求めること。あなたの文書はそれに対して「出きることは何でもやりました。ベストを尽くしました。質を高めました」というスタイルで返答しています。読みたいのはそんなことではなく、どういう仕事や作業、役割をどれくらいやったのかです。その説明に「細心の注意を払い」とか「臨機応変に」とか曖昧な修飾語は不要です。なぜなら、そんなことは当たり前ですから。

それから、文章の構成が「やったこと」「心構え」「これからやりたいこと」をごちゃごちゃに書かれており読みづらいです。たとえばですが

[やったこと]
・バスターミナルの誘導、社内整備、クレーム対応、外国人、障碍者向けの案内等
・店舗の設計

という内容を端的に説明したうえで、
「店舗の設計がきっかけで建設、設計に興味を持った」
 →「以後、建設系の新聞などにも目を通すようになり、日常的に空間設計などの観点から建物を見るような習慣がついてきている」
「バスターミナルの誘導や案内作成などの経験から、内装やデザインの重要性についても気づくことができた」
→「こうした経験を生かし、伸ばす仕事に就きたいと思っている」

みたいな流れを作れば、読み手にすんなりと言葉が入ってきます(内容は勝手に推測してますのであくまで参考例です)。

履歴書ですべてを語ろうとしないことです。最低限の構成要素と、そこからつながる今の状態と、少し先にやりたいことくらいまでを書けば、相手に意気込みを伝えることはできます。その先の話や細かい部分は面接で、自分の言葉で話せばよいかと。

それから冒頭に書きましたが、具体性を欠く意気込みはやめた方が良いです。あなたが経営者だとして、「がんばります!」しか言わない人と「どういうふうに頑張ります」という人がいたらどっちを採用します? 初めての環境で頑張るのは当然で、学ぶのも当然です。だとすると「いかにがんばるのか」「どういう風に学ぶのか」が相手に伝わるように話をしなければ、ただの意気込みだけ、空回りです。

そのあたり、相手の立場になって自分の意見を客観的に見るというやりかたで自己添削できるようにならないと、仮に就職できても先がありません。

うまくやってくださいね。

投稿日時 - 2016-11-25 13:22:26

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2016-11-26 20:21:48

あなたにオススメの質問