こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文和訳があります。和訳は正しいですか?

The size of the "bubble" of personal space that people unconsciously place around themselves differs by culture. When someone crosses the invisible boundary of that bubble, they feel that their personal space has been "invaded," and step back to feel more comfortable. If someone who has a smaller bubble or personal space steps up closer, the person needing more personal space will try to move back further, starting an awkward dance across the room. The person with the larger personal bubble may end up pushed against the wall or table.

和訳

人々が無意識のうちに自分の周りに配置する個人的空間の”バブル(泡)”の大きさは文化によって異なります。その空間の目に見えないバブルの境界線を超える時、人は自分のパースナルスペースが侵されたと感じ、もっと快適になるよう後退します。より小さな個体空間もしくはパーソナルスペースをもつ誰かが近くによってくると、もっと広いパーソナルスペースを必要な人は、ぎこちないダンスをしながら部屋の向こう側へとさらに後退しようとします。より大きな個人的個体空間を持つ人は壁やテーブルに背中を押し付けられてしまうでしょう。

投稿日時 - 2016-11-25 16:00:13

QNo.9260135

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。いやあ、素晴らしい訳文ですね。何も申しあげることがありませんので、ほとんどお訳と同じものを「コピペ」状態にした回答で恐縮です。

>The size of the "bubble" of personal space that people unconsciously place around themselves differs by culture. When someone crosses the invisible boundary of that bubble, they feel that their personal space has been "invaded," and step back to feel more comfortable. If someone who has a smaller bubble or personal space steps up closer, the person needing more personal space will try to move back further, starting an awkward dance across the room. The person with the larger personal bubble may end up pushed against the wall or table.
>人々が無意識のうちに自分の周りに配置する個人的空間の”バブル(泡)”の大きさは文化によって異なります。その空間の目に見えないバブルの境界線を超え る時、人は自分のパースナルスペースが侵されたと感じ、もっと快適になるよう後退します。より小さな個体空間もしくはパーソナルスペースをもつ誰かが近く によってくると、もっと広いパーソナルスペースを必要な人は、ぎこちないダンスをしながら部屋の向こう側へとさらに後退しようとします。より大きな個人的個体空間を持つ人は壁やテーブルに背中を押し付けられてしまうでしょう。

★The size of the "bubble" of personal space that people unconsciously place around themselves :《人々が無意識のうちに自分の周りに張り巡らす個人的空間の「バブル(保護膜)」の大きさ》。確かにbubbleは「泡」ですが、ここで意図しているのは「泡の膜」ですね。それも自分の周りに張り巡らして「バリア」をつくり「快適空間」を確保するためのものですから、ここでのカッコ内の説明訳は「保護膜」(または「快適空間」)でいかがでしょう。

⇒人々が無意識のうちに自分の周りに張り巡らす個人的空間の「バブル(保護膜)」の大きさは、文化によって異なります。誰かがその空間の目に見えないバブルの境界線を超える時、人は自分の個人的空間が「侵された」と感じ、もっと快適になるよう後退します。より小さなバブルもしくは個人的空間をもつ者が近くに寄ってくると、もっと広い個人的空間を必要とする人は、ぎこちないダンスをしながら部屋の向こう側へとさらに後退しようとします。より大きな個人的バブルを持つ人は、壁やテーブルに背中を押し付けられてしまうことでしょう。

投稿日時 - 2016-11-25 23:25:35

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-26 13:08:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)