こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トランプ次期大統領

皆さんはどう思われますか?

投稿日時 - 2016-12-03 07:10:09

QNo.9263230

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>トランプ次期大統領
皆さんはどう思われますか?


67歳 男性

新聞・テレビ等のマスメディアや専門家と言われる人々の人物評や批判的情報に好悪からの誇張や歪曲が過ぎたのかアメリカの経済や外交や安保に日米関係や中国の海洋進出への懸念が一杯だったが・・・

意外or想定内か微妙だが、現実的な対応とブレーンの登用に市場も株価も為替動向も今のところ様子見から安心感に変化し、議会のネジレもない、しかもアメリカ経済の好調を背景とした良い経済指標も相まって予想外に順調な政権交代(オバマ→トランプ、民主党→共和党)が行われ、「案ずるより産むがやすし」「雨降って地固まる」平和と政局の安定の恩恵来年に寄せる期待が大きい。

口だけでハチャメチャだった我が国の鳩ポッポのようなすぐに剥げるメッキ、金持ちの道楽で政治を行い嫌に成ったら投げ出し逃げ出す、中身&見識&ビジョンのない政治コメディ(芸人)やバラエティタレントのような言動とこれまでの発言、そして迷惑と混乱だけを残した結末ではないことを祈念しています。

投稿日時 - 2016-12-03 09:01:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

自国のリーダーが変わらなければ
一緒でしょう。
日本がしっかりすればいいことです。
トランプさんのことは何とも思いません、
日本の外交と民意が反映されてると思いました。

投稿日時 - 2016-12-03 10:27:25

ANo.6

まず人格的には最悪です。世界と人類に影響力のあるアメリカの大統領にして良い人格ではありません。せいぜい1州の変わり者知事くらい。特に人種差別、宗教差別、女性差別発言は許しがたいものがあります。
キューバのフィデル・カストロが死んだ時に、「残忍な独裁者の死」と発言しましたが、キューバ国民だけでなく中南米の潜在的な反米感情を逆なでしました。カストロの評価は去ることながら、中南米からいかにアメリカが嫌われていてそれをオバマが改善してきたことを全く理解していない偏狭な人間です。多分こんなのは序の口でしょう。
私はカリフォルニアに住んでいたので、友人知人は圧倒的に反トランプ。特に半分くらいの知人、友人がアメリカンドリームを信じて頑張ってきた中南米、アジア、中近東から移民なので、彼らの事を考えると胸が痛みます。SNSでのやり取りでも白人も含めて大変なショックが未だに続いています。
私の知人に限らず西海岸の人たちが、トランプが大統領になったことを常識として悪としているのに対して、ラスト・ベルトの街の人達が熱狂的にトランプを迎えているのを見ると、一つの国でここまで価値かんや正義感が食い違うのかと驚いてもいます。

政策に関してはまだ執務についていないのでわかりませんが、少なくとも今挙げている政策は歴史を後戻りさせるだけで、世界の現状についていっていません。オバマ政権がやってきたことが正しかったかどうかは別としても、世界の変化を見ていないので恐らく任期の途中で大幅修正を余儀なくされるでしょう。
保護貿易主義は多国籍化したアメリカの企業をまず痛めつけることになるだろうし、世界での競争力を弱くするでしょう。アメリカ経済を引っ張る西海岸を中心としたネット企業やハイテク企業は軒並み負の影響を受けるでしょう。地球環境に対する考え方はもっと深刻で、今や中国ですパリ協定に積極参加している中で、アメリカが脱退するようなことになれば、何らかのペナルティ、制裁は考えざるを得なくなるでしょう。
大統領当選してからしばらくは、オバマ大統領や安倍総理、共和党有力者の話を良く聞いて理解を示して現実路線に変更する様子を見せていましたが、ここに来て思い出したようにまた根拠のない偏狭な政策を掲げだしています。
アメリカのメディアは未だに毎日の様にトランプを批判するネタを探しています。トランプはずっと自分と家族のビジネスと公職の利益相反を指摘されていましたが、トランプ自身は全てのビジネスから手を引くことを宣言しました。ただそれでは全く不十分で、スタッフの一人に任命しようとしている娘のイヴァンカの夫の会社や家族のビジネスとの関わりを絶たないと大統領就任後もずっと批判され続け場合によっては政治を停滞させることもあるでしょう。
4年間の我慢と言う人もいますが、アメリカはテロや差別、格差問題で4年間も停滞させるわけにいかないことを考えると、かなりお先真っ暗な状態と思います。

投稿日時 - 2016-12-03 10:17:07

ANo.5

トランプ次期大統領は汚名を残す可能性があると思っています。

その理由ですが、極右思想、人種差別主義者、女性蔑視、性犯罪容疑者
(10人以上の被害者)などが現時点で分かっているからです。
このような人間が大統領に適しているとは思えません。

また、国防長官に「人を撃つのは楽しい」と発言した人物を指名しました。
まともな大統領であれば、ありえない人事です。
現在、トランプ幻想で株価が上がってますが、いずれ目が覚めて
現実を思い知るときが来ると予想しています。

投稿日時 - 2016-12-03 10:02:29

ANo.3

いいんじゃないですか。

どうも、中国を最大のターゲットにしている
ようですし。

狂犬とあだ名される軍人さんを国防長官でしょう。
トランプさんは、プーチンさんが好きらしいですから、
敵は中国に間違い無し。

結構なことだと思います。

ついでに、米国が分断して衰退してしまえば
もっと良いのですが。

投稿日時 - 2016-12-03 08:52:33

ANo.2

幸福の科学の大川総裁は、今年の1月、トランプ氏の守護霊インタビューを行ない、それを日本語と英語版の書籍として出版されました。
あの時点で、トランプ守護霊が「私は、米国の大統領候補である」ではなく「私は、米国の大統領である」と言い切っていました。
日本の人たちやマスコミはもとより、米国であっても、これはジョークだと思われたようです。

そのためもあってか、大川総裁は、今年の10月、米国のニューヨーク、マンハッタンで、英語の説法を1時間されました。
内容としては、トランプ氏の応援演説でした。

地球神でもある大川総裁が「トランプ氏が米国の大統領になるべきである!」という意見を表明されたので、米国市民に潜在的な影響がかなりあったのだと思われます。
選挙運動の予算も運動員の数も、マスコミ論調も、ヒラリー氏のほうがずっと優勢だったようですけどね。

トランプ氏が米国大統領になることで、中東のISの問題、中国の武力を背景とした海洋侵略、北朝鮮問題なども解決の方向に向かうはずです。
日本にとっても、トランプ氏が大統領に選ばれたことは、とても良いことです。

投稿日時 - 2016-12-03 07:34:48

ANo.1

彼1人でアメリカを動かすわけではないので・・・・・

投稿日時 - 2016-12-03 07:18:23

あなたにオススメの質問