こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

都内で肩の手術の経験を持つ医師はいますか?

30代女性です。12月1日に左肩を脱臼してしまい、救急車を要請しました。某大学病院に搬送され、そこで整復していただきました。そこで言われたのは、「(あなたは)まだ若いし、着替えたくらいで脱臼して、今まで何回も何回も脱臼を繰り替えしてきた過去があるなら、手術を受けてみてはどうですか?ウチではやっていませんが、行きつけの整形に相談して、紹介状を書いてもらうのもいいと思いますよ」ということでした。それを聞いた私は、「なるほどそうか。手術を受けて脱臼しにくい肩にしていただくのはいいかもしれない」と思ってその医師の話を聞いていました。
12月3日は行きつけの整形が午前中だけやっていたので、相談してきました。いくつか病院の候補が挙がりましたが、その医師はN病院イチ押しなようで、紹介状を書いていただきました(一応どこでも使えるように、宛名無しにしていただきました)。
私は訪問看護のサービスを使っているのですが、あった出来事については知っておいていただきたいと思い、連絡を入れておきました。訪問看護師さんが来てくださるまでは、年が明けてからN病院で手術を受けるものだと私も母親も認識していました。
昨日12月6日に訪問看護師さんが来てくださったので、相談してみました。そうしたら、「今日たまたまN病院の人がステーションに来たから聞いてみたのよ。そうしたら、『やってできなくはないけど、ウチには肩の専門の医師がいないんですよ』って言われてね。私も他にいろいろ調べてみたんだけど、肩の手術の経験がある医師が見つからなかったんだ。脱臼はよくあることだからいると思ってたんだけどね」と言われてしまいました。
私は生まれてこのかた手術の経験が全くないのですが、麻酔が切れたらかなり痛むようですし、リハビリも大変。「そういうもろもろのリスクを受け入れてまで手術を・・・?」という話にもなったのです。
でも私は肩の手術の経験がある医師にお会いしたいのです。肩の手術とはどんなものなのか、どういう流れで手術をするのか、日常生活はどうなっていくのか、などなど聞いてみたいのです(ちなみに私は1人暮らしです)。
訪問看護師さんからは2つのことを言われました。1つは、「引き続き肩の手術の経験がある医師を探してみる」もう1つは、「脱臼の予防につながるような、あなたに合う体操を探して、来週それをやってみよう」というものでした。
でも、と私は思うのです。ぜひここで情報をいただいて、肩の手術の経験を持つ医師にお会いしたい。その医師がいらっしゃる病院に行ってみたい。ただそれをやるにはこの場である程度自分の住所を開示しなければならない。遠すぎる病院だったら通うのも大変ですし。一応現時点では「23区内のどこかに住んでいます」とだけ明記しておきます。
今は少しでもたくさんの情報が必要です。もう2度と脱臼で苦しみたくないのです。そのために皆様方から良き知恵を拝借したいです。
どうぞ良き医師・良き病院をご教示ください。よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2016-12-07 09:10:40

QNo.9265052

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

http://sportsmedicalcoach.net/?p=2488

とありますので、脱臼防止の手術っていうのは基本的に脱臼ぐせがついた人に対するものではないかなと思うのですよ。
私が知る限り、女性で脱臼ぐせがついている人はほとんどが肩周りの筋肉が不足しているパターンです。腕を支えるだけの筋肉がないんですね。
急逝した千代の富士は、相撲界でほぼ最初に筋トレを始めた人でした。その始めた理由が、度重なる脱臼でくせがついてしまったので、脱臼させないために肩周りに「筋肉の鎧」をつけるためでした。千代の富士は飛び抜けて握力と腕の力が強かったので、肩の筋肉がそれについていけなかったそうですよ。
筋トレで筋肉の鎧をつけた千代の富士は、名横綱として相撲史に名を遺す名力士となりました。

んで、肩を保持している筋肉は「ローテーターカフ」って呼ばれる筋肉群なんです。これが弱いっていうのは間違いないと思います。だからこのローテーターカフを鍛えないと意味がないと思うのですが、ローテーターカフのトレーニングってすっげー地味で効果を実感しづらいので面倒くさいんです。
http://ne-stra.jp/1880.html
ここのページにあるように、正しいフォームでやらないと全く鍛えられないのです。

質問者さんの肩は、最初のページのスクリューで留めるっていう豪快な方法じゃないと外れちゃうような気がするのですが、それでなくても筋肉がない人がこんなことをやったら、外れないことの引き換えに、今度は肩が動きづらくなることも避けられないように思います。

二度と脱臼で苦しみたくないなら、水泳選手みたいなゴツい肩になるのもある程度は受け入れないといけないと思いますよ。元々肩の入り方が浅かったんじゃないかなと思います。

投稿日時 - 2016-12-07 16:42:31

ANo.2

こんにちは

通っている病院での紹介は不可能なんでしょうか?

都内でしたらいくつもあるかと思いますが
わかりにくければスポーツ整形外科などで
探されてみるといいかもしれません。

どうぞお大事になさってくださいね。

ご参考になれば幸いです。


http://dr-guide.net/www/%E7%97%85%E6%B0%97%E5%88%A5%E3%81%AB%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%81%99%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E6%95%B4%E5%BD%A2%E5%A4%96%E7%A7%91/



http://www.twmu.ac.jp/DNH/mce/seikeigeka/kata/


都内ではありませんが群馬県館林市に
整形外科で有名なところがあります。
有名プロスポーツ選手なども手術されているようです。

http://www.ku-kai.or.jp/html/02.html

投稿日時 - 2016-12-07 14:30:27

ANo.1

医師が推薦した内容が信用できず、
訪問看護師の話を信じるという根拠がわかりません。
その看護師が信用できるとしても、その看護師が話を聞いた相手が
信用できるという保証はどこから来るのでしょうか?

まずは、N病院のホームページにアクセスして、
整形外科の紹介を読んで、肩関節の手術件数を調べてください。
また、自分でN病院へ行って、話を聞けばよいと思いますし、
そうすべきでしょう。
N病院を紹介してくれた医師に、
「先生の言うことが信用できなかったので、看護師の話を信用して」
などと言えますか?

「肩関節 専門医 東京」で検索すれば、いくつもヒットします。

ご参考になれば、幸いです。

投稿日時 - 2016-12-07 12:22:53

あなたにオススメの質問