こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

DIY 小屋の屋根設計

いつもお世話になります。
DIYでバイク小屋(3坪)を建設中です。
今回は、屋根の設計についてアドバイスをお願い致します。

片流れ屋根 高い方から低い方へ4200mmで2寸勾配にしようと思います。
屋根材はオンデュリンクラシックシートを使用予定です。

建築地は豪雪地帯ではありませんが、年2回~3回ほど多い時で30cm程積もることがあります。

現在の設計では、高い方、低い方ともに4×4材で母屋を入れ、2×4材を垂木として455mm
間隔にしています。
この場合、高い方の母屋から低い方の母屋まで約3500mmあり、その間に母屋を入れていないため、雪等に対する強度に心配があります(正確には、素人すぎて全く分かりません)。

強度不足の場合、垂木を2×6にしたり、数本の母屋を追加すべきでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2016-12-23 15:39:18

QNo.9271988

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

2×4の垂木だとしても3.5mは飛ばしすぎでしょう。
構造計算はしていませんが感覚的に中2本は必要でしょう。
垂木の横揺れを防ぐためにも1m程度の間隔で横つなぎは
入れるものです。
雪よりも風の計算はしていますか。
上下の2本の母屋だけで柱とつないでいるのなら突風で
あおられて吹き飛ばされますよ。

投稿日時 - 2016-12-24 09:10:54

お礼

ご回答有難うございました。
雪による耐荷重を、母屋、垂木、束柱において計算できるサイトを見つけました。
母屋4×4でピッチ一間、垂木2×4でピッチ455mmでなんとかなりそうでした。

が、風圧の計算も考えなければいけませんよね。
垂木一本に対して母屋との接触部全3か所をシンプソン金具のあおり止め(転び止めも全箇所)で止めようと思いますが、いかがでしょうか。

投稿日時 - 2016-12-24 11:21:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

小屋を自作する場合の手本となる本が出版されています。
これらの本を購入して読んで参考にします。
または、お住まいの近くの図書館で貸し出し読みます。
本の概要については、下のURLをクリックして参考にする
と良いでしょう。

「ドゥーパ!/自分でできる!小屋の作り方/学研」
http://dopa.jp/wps/series/728.html

「ドゥーパ!/日曜大工で作る!ガーデン収納&物置小屋/学研」
http://dopa.jp/wps/series/125.html

「ドゥーパ!/バックナンバー/学研」
http://dopa.jp/wps/category/dopa/back-number

投稿日時 - 2016-12-23 21:27:26

お礼

ご回答有難うございます。
同書等は実際に購入し、手元にあります。
ですが、積雪時の母屋、垂木、梁の耐荷重による間隔等は書かれていないのが実情でして、質問させていただきました。

投稿日時 - 2016-12-23 22:08:22

あなたにオススメの質問