こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

21歳での大学受験 現在の家庭の状況は複雑です

自分は高校2年のときに学校が合わないなと思っていたのと両親の離婚が重なり退学しました。(家族構成は両親とひとつ上の兄、自分、妹でした)

高校は偏差値45と進学校でもなんでもない底辺校でした。学校内でもほとんど勉強はせず成績は良くなかったです。
それから数種類のバイトなどを経てついこの間高卒にはなっておかないとと思い通信制の高校に通い始めて20歳になります(厳密には2月に21歳)。通信制に入って勉強しているうちに学ぶことって楽しい。なら大学にも行きたいと思うようになりました。
余談ですが、離婚した当時は僕も出席日数が足りなくなっていたので高校を辞めて母親の実家で住むことになりました。兄と妹は学校があるので父親のところに残りました。(東京)
兄は学校があるというか離婚してそこから2浪して大学に入ってます。(北千住にある夜間に入ったと聞いてます)
これを聞いて自分は疑問に思いました。自分が出席日数が足りなくなってどうしようと思っていたときは留年か退学、通信はお金がないから無理と言われました。留年も嫌だったし編入もお金がないと言われたら諦めるしかなかったので当時は言われるがままに母親と暮らすことになりました。
今になって思うのは、兄は2浪して大学に入れさせてもらってるのに自分にはなんの救済もなかったのかと。(まあ兄の入学を聞くまでは学歴はもうどうでもいいと思っていたのは自分ですが)
悔しさにも似た気持ちと自分も大学に行きたいと思うようになりました。
ですがこちらは母親の病気もあって今は生活保護で暮らしています。自分の高校の費用も保護費から出ています。卒業したら就職しなさいとも言われています。
ですが今まで逃げてきた自分を正したいという思いと人生を切り開きたいと思い大学に行きたいのです。

志望はより厳しくするために国公立か早慶です。
とりあえず受験勉強をしながら高認を8月に取得したいと思っています。単純に見積もって2年の勉強計画でしょうか。
険しい、血の滲むような努力と忍耐が必要なのはわかりますがどうしても人生を変えたいんです。
参考書の費用などは自分がバイトでなんとかしようと思っています。保護を受けながら2年もの間受験勉強してもいいのかどうかこれもケースワーカーさんに相談しようと思います。(普通はダメなのはわかっていますが頼み込もうと思います)

独学でやり抜こうと思っているんですがやはり無謀すぎますかね、、、?中学レベルも抜け落ちていると思います。

みなさんの意見を聞きたいのです。
厳しい意見もいいのですが厳しすぎる意見はやめていただきたいです。

卒業するころはうまくいって最短27歳ですか、、、

投稿日時 - 2016-12-27 12:20:06

QNo.9273740

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

色々、難しいのではないでしょうか。
1つは質問者さんの求める学ぶ環境が無いことです。
生活保護で21歳なら、当然はやく働いてくださいというのがお役所仕事です。
頼み込んでもちょっと厳しいかと思いますよ。

それと、高認は通信制を終えなくてもすぐに取れますし内容的には中学レベルなので独学で早くとることですね。

2年の勉強期間は一般的ですね、
普通の人でもそれ以上長く時間を取ることはできないでしょうし、それ以上は集中力も欠けます。
ただ独学はね、向く人、向かない人が居ます。
今の時代、ネットもあるので出来る人は出来るけど、躓くと時間の無駄です。
受かるための勉強法というのがあるんですから。

国公立も今は学費が高いです、これを捻出できるか考えてください。
返済不要の奨学金も難しいのではないでしょうか。
奨学金だって年齢制限があり色々決まりがあったはずです。(最近のは知りませんが)
保証人や連帯保証人も必要で生活保護だと大学進学を前提としてないので厳しいです。

先ずは環境を得られるか担当CWに相談してから進学を考えてはどうでしょうか。
お母様が病気で生活保護ならばお父様もご存じだと思うのでうのですが、少なくとも世帯分離してお母様の生活保護とは関係のない生活環境を手に入れることだと思います。

例えばお父様の所へ行き、1年目は働いて学費捻出、2年目は受験など相談をされることです。場合によっては2年を受験勉強に使えるかもしれません。
気になったのは国公立か早慶というのが、学歴コンプレックス的な思想なのかなと言う点です。
いい大学に出ても最終的にはその学歴を就職というお金に転換できなければもっと厳しいですよ。
27歳で国立・早慶卒でも仕事はない人は無い。
周りが22歳で卒業する国立・早慶がうじゃうじゃいるのです。
質問者さんを選ぶ理由を企業が見出すかと思えば年を食ってる分、大手ほどイレギュラー(年齢の高い新卒)を嫌いますからね。

兄弟の学費の差についてはもう、どうしようもないですよ。
質問者さんが悪いわけでもないです。
その時のお金の巡りあわせってありますから。
普通は母親は女性なので、貧困になりますので学費という面では父親についていくほうが楽だったかもしれませんが後になって言ってもしょうがないです。

今は、お母様を置いていけるか(病気の面で)お父様(祖父母でもいいです)の所で勉強出来るのか探ってみてはどうでしょうか。
そこをクリアしないとどうにも難しいように思えますよ。

学ぶ事が好き、すごくいいことです。
でも、恐らく質問者さんの場合は、働きながら学ぶというほうがいいと思います。
それが一番、現実的です。

例えば、通信制大学にいき単位を取って、その単位を使い通常の昼間の大学へ編入するなどのもいいし、(単位のほかに編入試験勉強も大変ですけどね)
そのまま通信制大学を卒業するのも良いかと。
慶応大学の通信とか、卒業証書に通信と書かれないので良いのでは?
更に地方の方も多いので学びやすい環境があるのかなあと。
教育関係では玉川大学の通信も評判がいいです。

卒業したら、その学歴をもって就職先(転職)を探すほうが企業は評価してくれると思いますよ。
学費も安いですし、続ける根性さえあれば出来る一番現実可能な方法かと思います。

投稿日時 - 2016-12-27 20:30:11

ANo.5

kesoto さん、こんばんは。


私はあなたに大学受験を勧めるのは正直、あまりいいことではないと思います。あなたの大学受験の動機ははっきり言って不純です。ふつうは大学へ行ってどういうことを学びたいかを書き連ねるべきなのに、そんな文章が一行もない。ただ、自分の兄弟の面当てでしょう。それから、あなたは21歳です。卒業するころには26,7歳ですよ。まともに言って就活して具体的にどういうところに行きたいですか?そういうところを考えないで、ただ、やみくもに学問するって、しんどいですよ。目標が漠然としすぎていますものね。

とりあえず受験勉強をしながら高認を8月に取得し手から考え直すのが一番いいですね。

投稿日時 - 2016-12-27 19:56:52

ANo.4

>保護を受けながら2年もの間受験勉強してもいいのかどうかこれもケースワーカーさんに相談しようと思います。(普通はダメなのはわかっていますが頼み込もうと思います)

あなたはもう成人していて、健康で普通に働けるのですから、働く義務があります。No.1さんも言うように、「働けるけど、仕事より優先したいものがあるから働かずに、税金で保護してください」では通りません。
「頼み込む」ことで何とかしよう、という考えは甘すぎます。ケースワーカーさんを困らせないでください。

生活保護を受けながらの大学進学は、「世帯分離」という方法で、あなたが生活保護の対象から外れることで可能になる、というのはご存じかと思います。もちろん、支給される生活保護費は減額されますので、その分、あなたはバイトで自分の生活費や学費を賄わなくてはいけません。

2年間受験勉強して、大学に合格できたとして、その学費や生活費はどうするつもりですか?
受験にも受験料(1件につき数万円)が必要ですし、合格したら入学金と授業料をすぐに納付しないといけません。その費用を、受験勉強の間にバイトで全部貯金しておかないといけません。
費用が安い国公立でも、初期費用は何十万円もかかりますよ。自宅から通えない国公立だと、アパート代などの生活費もかさむので、自宅から私立大に通うのとたいして変わらない出費になります。
奨学金だけでは、これらすべてを賄うことは出来ません。また、奨学金は、支給型ではない限り、将来への借金です。この返済が意外に負担となり、将来の自分の生活を圧迫することがあります。
国公立であれば、貧困世帯は授業料免除となることがありますが、成績も考慮されます。

あなたが負のスパイラルから抜けるのは、まず、自活する経済力を身につけることだと思います。まず高卒資格を取ったら、それで(バイトではなく)就職して、安定した収入と生活基盤を作りましょう。
会社によっては、勤めながら通信制大学や、通学制大学の夜間主(二部)への在籍を認めてくれることもあります。
学びたい、大卒資格が欲しい、でも働く義務がある(働かないと資金がない)という人のための、通信制大学や夜間主です。

>志望はより厳しくするために国公立か早慶です。

これは偏差値的な目標ですよね。ですが、あなたの経済環境と学力では、ぶっちぎりの成績優秀者としての特待生は無理でしょうから、学費や安く済む、それも自宅から通える国公立大学一択でしょう。
目標を高く設定するのは良いですが、あまりに障害が多くて非現実的な目標では、到達する前に破綻して心が折れます。健康な成人が、受験勉強のために就職せず生活保護を受け続けたいというのも、甘すぎます。
もっと現実的に考えて、働いて資金を貯めてから大学進学することや、働きながら大学に通うことも、考えてみてください。

あと、別世帯となったお兄さんの学歴との比較はしないことです。出席日数不足による高校の中退や留年と、大学受験の2浪は、意味合いが違います。
高校を辞めてお母様と一緒に生活した、そこが運命の分かれ目だったのです。出席日数が足りていて中退する必要が無ければ、あなたもお父様と一緒に暮らして、そのまま高校を卒業して大学に進学していたかもしれませんが、それは結果論です。
親からの(必要最低限の)資金援助が可能だった時期に、あなたが学歴の重さに気づいていなかった、そしてそれに気づいたときには、親の援助をアテにできない環境になっていた、というだけです。

>(まあ兄の入学を聞くまでは学歴はもうどうでもいいと思っていたのは自分ですが)

結局はこれに尽きますので。

投稿日時 - 2016-12-27 16:39:15

ANo.3

どのようにして乗り越えればいいかということを色々考えていらっしゃるようですし、ここは逆に大人だから大丈夫かと思います。忍耐の量も大人だからできると思います。ゴールから逆算して、ときどき模試をうけて実力を確認していくといいんじゃないでしょうか。

学費について、ご兄弟との比較で考えるのはやめた方がいいでしょう。必ずしも誰かに出してもらったとも限らないので。焦りの原因になります。

また、高校卒業後に就職する先によっては、うまくやりくりすれば通信大学にいけるような仕事もあるかもしれません。

ただ、大学を出ても、新卒として普通の就職ができるのは27歳はぎりぎり。それより上だとだんだん難しくなっていくものと思います。ですから、大学時代からきっちりと、のちのち役立ちそうなところで仕事をしていくのがいいかと思います。

地方の国公立であれば、進学してから必要な学費や生活費は多少は安くなるかもしれません。偏差値ややりたい専攻があるなら、東京以外に住むことも考ええてみるというのはいかがでしょうか。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000022-asahi-soci

投稿日時 - 2016-12-27 15:14:55

ANo.2

昔は偏差値45の高校では大学進学は無理でしたが、大学乱立時代の現在ではどこも入学生確保で頭がいっぱいですので、それくらいの偏差値でも入学できます。このあたりは世代によって感覚が当然の話として異なってはくるでしょうね。そんなわけで、昔は無理でも大学がいっぱいある今ならみんなみたいに勉強に励めさえすれば十分満足に合格できると言うように説明すれば、なるほど世代が全然違うのかと理解してもらえるでしょう。

投稿日時 - 2016-12-27 14:34:09

ANo.1

> 参考書の費用などは自分がバイトでなんとかしようと思っています。

参考書の費用など1か月も働けばすべて賄えるでしょう。自分の生活費もバイトで賄ってください。病気でもないのに生活保護費をもらって生活するのは,納税者としては許せません。
また,大学に行くのはいいですが,その学費や生活費は自分で稼いでください。所得が少なければ学費免除と言う制度もあります。ただし成績が良い人だけです。

投稿日時 - 2016-12-27 14:28:49

あなたにオススメの質問