こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

投稿日時 - 2016-12-28 10:40:32

QNo.9274173

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 
http://sengokutan9.com/sengokukassen/sekigaharazengokokudaka.html
関が原の戦い前の石高を合計すると
東軍 706.2万石
西軍 889.8万石
合計すると 1,596万石
 

投稿日時 - 2016-12-28 11:02:32

お礼

みなさん回答ありがとうございます

備蓄しすぎ

農民死にそうなのに総人口の半分食える量が備蓄されていた

まるで安倍首相や麻生太郎や森元首相並みの隠し資産だ

投稿日時 - 2016-12-28 17:30:34

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

他の方も指摘していますが、太閤検地による表向きの総石高は1850万石です。んで、当時の人口の推測なんですが、吉田東伍さんという方が、当時(1910年)のコメの生産量と人口がほぼ一致していたことから「一石=一人一年の消費量」と割り出したわけですが、それとても経験則に基づくもので、根拠はあやふやなのです。
もっというと、その戦国時代当時の人口推測が「太閤検地の総石高が1850万石だから、たぶん1800万人くらいいたと思う」とかそんなものなのです。石高から逆算して割り当てたに過ぎないんですね。

んで、太閤検地というのは初めて全国統一基準で測量して実測されて出されたことに意味があるのですが、実測とても「このくらいの広さでこのくらい生産できるはず」が基準です。実際は日当たりが悪いとか気温が低い場所とかでそれぞれの田んぼによって出来高は違います。ですから「この広さなら、五十石だな」「ここはそんなに作れません。もうちょっとなんとかしてください」「じゃあ、四十石に負けといてやる」なんていうことも多々あったんです。
さらにいうと隠している田んぼもかなりあったようですし、実測したことにして実測していない(農民の力が強くて実測できなかった)というケースも多々あったので、おそらく現実の石高というのはもっとあったことだけは間違いないと思います。

そして話を「一石=一人一年分」に戻しますと、江戸時代後期は総石高が2300万石くらいとされているのに、推定人口が3000万人を超えているらしいので、必ずしもそこもイコールとはならないようなのです。長野県なんてものすごく貧しかった(だいたい蕎麦の名産地というのは米がとれない貧しい地域です。米がとれないので仕方なく蕎麦を食べていたのです)ですから、実際は石高以上の人口を抱えていたと思いますよ。

ろくに統計も戸籍もない時代の人口なんて、相当大雑把な推測ですから、あまり当てにしないほうがいいと思います。

投稿日時 - 2016-12-28 14:12:12

ANo.3

ん?
そもそも計算の仕方が間違ってる気が…

86万石=86万人が食べる分の米が取れるってわけではありませんよ?
石高は単に米の収穫量ですし

大名とは知行一万石以上の領主で 関ヶ原合戦の頃ではざっと260名ほど

室町時代で800万人ですから戦国後期ぐらいでやっと1千万人いるかどうかですね

投稿日時 - 2016-12-28 13:56:11

ANo.2

太閤検地(1582年)での総石高は約1850万石


上杉家などはこの検地での実測はされていませんので、
実際のところ多かった可能性があります。
太閤検地前は、農民の自己申告制。


文禄3年(1594年)の石高が記載された文書には、
蒲生氏郷 91.9万で、
お書きの石高より高く九州の大名ではありません。
伊達氏 61万石

ちなみに一石=1人という考えは、
1910年に歴史家吉田東伍氏の提唱によるもの。
この時代において、日本の石高と人口がほぼ一致していたため受け入れられました。
なので、この当時、太閤検地のときで日本の人口は1850万人とされていました。

また、太閤検地では山林は含まれていません。

投稿日時 - 2016-12-28 13:30:17

あなたにオススメの質問