こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【失業率ってもしかしてアルバイトやフリーターって含

【失業率ってもしかしてアルバイトやフリーターって含まれていないのですか?】

失業率が年々下がっていっているのは、雇用保険にアルバイトは入らない?ので非正規労働者が4割になっていて雇用保険に加入してない人が増えたのでアルバイトやフリーターが失業しても失業保険を貰えないので離職しても失業率に反映されないから、非正規労働者が増えれば増えるほど街中に非正規労働者が溢れるほど国の失業率は年々下がっていく仕組みなのかなと思いました。

国の失業率って雇用保険加入者の正社員だけの統計ですよね?

メディアのボーナス、賞与の統計も上場企業だけの統計結果で9割は中小企業なので、このボーナス統計って全体の1割の労働者の統計に過ぎない。

国の失業率統計もそういう仕組みなのかな?とふと思ったんですがどうなんですか?

アルバイトも雇用保険に加入する義務があったら的違いですけど。。

投稿日時 - 2016-12-30 10:58:39

QNo.9274929

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No1の回答者さんも言われるように、失業率の数字はハローワークに通ってる人で計算しています。
失業率が下がってる理由で考えられるのは、昨今人材が欲しくても取らなかった。これは新卒採用の増加もこれにあたると思います。企業は従業員の年代をあまりあけたくないからです。しびれを切らして採用しなければならなくなってきたということでしょう。
また、ハローワークに通うのは失業保険受給したいからです。通わないともらえませんから。
しかしその期間も過ぎ、仕方なくバイトや非正規で働き始めハローワークに通わなくなったのではないでしょうか?

なんにしろ失業率の統計の取り方というのはハローワークが基準であり、実態とは乖離しています。
政府は率が下がったことをアピールしますが、データの収集方法がおかしいのであり、真に調査するのであればデータの収集方法を変えるべきだと思います。
それこそマイナンバー制にしたのであれば、何らかの方法は見つかると思うのですがねぇ。
質問者さんが言うように雇用保険だとか、自営する際の開業手続きの書類などから追跡できそうなんですけどね。
それを活用しないということは、政府に都合のいい数字を出したいからなんじゃないですか?
30年前ならハローワークのデータで十分だったのでしょうけど。

投稿日時 - 2016-12-30 13:11:45

お礼

みなさん回答ありがとうございます

国は支払いは国民が申請しないと貰えないけど国民からお金を取るときは郵送で入金票を送ってくるので渡すのも郵送すればいいのに

投稿日時 - 2016-12-30 16:48:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

雇用保険云々は関係ありません。ざっくり言うと、ハローワークで仕事を探している人です。雇用保険に加入したことがない人でも含まれます。日本は雇用保険に入っていて会社を辞めて、しばらく「仕事を探しているフリ」をすると金がもらえるクソみたいな制度がある国なので、そういう人が多いだけです。

ハローワークに行かずに、プラプラしている人や、失業給付などあてにせずすぐに就職するつもりで民間の転職サービスのみで転職活動をしている人は実質的には集計されません。就職をあきらめて、バイトやパートをしている人、就職先を探し続けながらバイト・パートをしている人は失業者に入りません。

>非正規労働者が溢れるほど国の失業率は年々下がっていく仕組みなのかなと思いました。

これはここ数年の日本には当てはまっています。失業者は減り就業者数は激増しましたが、正規雇用の数はあまり変わっていません。


統計局ホームページ/労働力調査 用語の解説
http://www.stat.go.jp/data/roudou/definit.htm

完全失業者 : 次の3つの条件を満たす者
・仕事がなくて調査週間中に少しも仕事をしなかった(就業者ではない。)。
・仕事があればすぐ就くことができる。
・調査週間中に,仕事を探す活動や事業を始める準備をしていた(過去の求職活動の結果を待っている場合を含む。)。

投稿日時 - 2016-12-30 12:15:30

あなたにオススメの質問