こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

偽装離婚の罪とは

恥ずかしい話ですが、48才の娘(18才の孫娘)についての相談です 平成22年11月15日の離婚届の写しが手元にあります・・・結婚届は平成7年10月とあります 夫の自己破産で離婚して、夫は余所に住民登録したようですが、一緒に住んでいるようです 子供の親権は娘がもっているが、名前の姓は夫の姓のままのようです このような場合、偽装離婚という状態のようですが、明確な罪が成立しますか 例えば、母子家庭として、何か手当の受領があれば、公正証書原本不実記載の罪に問われますか それとも詐欺罪ですか そもそも犯罪として成立しますか・・・なぜ こんな質問をするかと云えば、高2の娘から、自分の両親が、別名でおかしいと質問がありました ママに質問せよと聞き流したモノの私自身がよく分からないのです また罪を問われると、どんな罪状になりますか よろしくお願いします 

投稿日時 - 2017-01-02 19:02:14

QNo.9276057

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

お尋ねの案件は偽装離婚でも何でもありませんね。事実として離婚届をされているわけです。その結果、身分上の夫婦関係では無くなったのです。後は離れて暮らそうが、同棲しようが勝手です。

公正証書原本不実記載という問題とは関係のない問題です。夫の自己破産により協議離婚されたのです。理由はどうであれ、夫婦は話し合って離婚に同意され、その同意を元に役所に離婚届を提出されて受け付けられたのです。この受け付けられた時点で離婚は成立しています。

しかし、離婚はされたものの一緒にお住まいになっています。この同居生活は、単に男女が一緒に暮らしていることになります。あくまでも法律上はですが。実態は夫婦ですが戸籍上は夫婦ではありません。将来一緒になる予定なら「内縁関係」一緒になる予定が全くないのなら「同棲相手」になります。

投稿日時 - 2017-01-04 17:40:37

お礼

回答ありがとう 80に近い親世代と、50近い子世代の生き方の違いなのでしょうか 母子家庭+同居人ですか どうも、私の頭の固さが問題なのでしょうね

投稿日時 - 2017-01-04 19:08:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

偽装離婚という状態のようですが、明確な罪が成立しますか
  ↑
真実の偽装離婚であれば、公正証書原本不実記載罪が
成立しますが、離婚したけど、行く先がないので
とりあえず同居している、という場合も多いですので、
本当に偽装離婚なのか、その見極めが難しいです。



母子家庭として、何か手当の受領があれば、
公正証書原本不実記載の罪に問われますか 
  ↑
手当の受領がなくても、真実の偽装離婚であれば
上記の犯罪が成立します。
母子家庭として手当を受ければ、詐欺の可能性も
出てきます。



高2の娘から、自分の両親が、別名でおかしいと
質問がありました 
  ↑
ワタシの知人にも似たようなことをしている
者がおります。
離婚したのに同居したままで、母子家庭、という
ことで生活保護を受領しています。

投稿日時 - 2017-01-03 12:35:18

お礼

回答ありがとう 娘は看護師で働いており、収入は安定しているようです ただ、母子家庭としてのメリットは何らかで受けているかも知れません 80才近くになって、48才のおバカな子を心配する親は、問題なのでしょうね

投稿日時 - 2017-01-04 19:04:28

ANo.1

離婚していても同居状態はあり得る話ですので、それについては問題無いでしょう。
ですが、おっしゃるような何らかの母子家庭対象の受給はグレイゾーンかと思います。
生計を全く別にしていれば問題無いのですが、それを証明するの難しいのでは?と思います。
証明出来ず、また調査が入れば申告済みの収入以外に得ている事になり、詐欺に問われる恐れあるでしょう。

投稿日時 - 2017-01-02 21:28:07

お礼

回答ありがとう 一般論では分かっていますが、仮に交通違反のようにひっかかってしまったらと、取り越し苦労しました

投稿日時 - 2017-01-04 19:00:19

あなたにオススメの質問