こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

色彩の資格について

私は現在大学の建築学科に在籍しています。
卒業後はインテリアデザインや建築デザインに携わりたいと考えています。そこでデザインに活かすために色彩を勉強しようと思います。漠然と勉強するよりも目標をもって勉強した方が良いと思うので、資格取得を目標に勉強しようと考えています。
調べて見ると、色彩の資格には服飾に強い色彩検定、デザインの色彩士検定、工業的なカラーコーディネイター検定などがあることがわかりました。

私は、知名度の高い色彩検定かデザインに活かせる色彩士検定のどちらかを受けようと思っています。
どちらを受けた方が良いかみなさんにアドバイスなどをいただけたらと思います。
よろしければご回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-01-03 23:30:38

QNo.9276566

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

自分の進路である服飾に活かそうと色彩検定を受けた経験があります。
建築の方は専門外ですので、当てはまるか分かりませんが参考までに読んでいただけたら幸いです。

現在色彩検定2級までは取得しましたが、仕事に活きているかどうかと何とも言えないというのが現状です。大きく役立ったとは言いませんが、全く役立たなかったわけでもありません。仕事をするにあたっての重要度はそれほど高くはなかったですね。
なので、自分の引き出しを増やすという考えの元で書かせていただきますね。

個人的に色の勉強は本当に興味深く楽しかったし資格を取ろうと思うとモチベーションが上がったのも事実ですから興味があるのならばぜひ取得を目指して頑張っていただきたいです。知識はあって困ることなどほとんどありませんから。

色彩検定か色彩士検定かどちらかで迷っているとのことですが、少なくとも色彩検定の方は本屋に行けば関連書籍が数冊は置いてあると思います。色彩に関して比較的分かりやすく書いていますし、試験自体もそこまで難しくないので取っつきやすいと思います。
服飾系中心の検定ではありますので、書いてある内容で物足りないようならば色彩士検定の書籍を探して調べてみると良いかなと感じました。
少し調べてみた感じ基礎部分はどの検定も大差はなさそうに感じましたので、どこが入口でも大丈夫かとは思います。色彩士検定は1級となると実技もあるとのことで、色彩検定より難易度も専門性も高くつっこんだ内容に感じます。色彩に関してとことん極めたいというならば色彩検定よりは色彩士検定の方が良いかもしれません。
どの程度まで勉強するかによるでしょうね。

投稿日時 - 2017-01-04 00:40:41

お礼

ご回答ありがとうございます。
参考書の数、勉強のしやすさを考えてまず色彩検定を受けてみようと思います。
非常に参考になりました。ありがとうございます!

投稿日時 - 2017-01-04 11:18:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

就職に役に立つかというと、おそらく全く役に立ちません。
どちらかというと、色盲でない証明程度しかできないものです。

もちろん、自分自身の能力とかそういうものを磨き整理するということには役に立つかもしれません。
自分への自信ということにもプラスにはなるでしょう。それは否定しません。

しかし、色彩ということ、これは絶対のものとして勝負できない官能です。
客先に提案するとき、これ以外の解決はないだろうと思って持って行ってもすぐに否定されるのは珍しくありません。

デザイナを目指されるなら、お客は必ずひとつは文句を言いたいものだということを覚えてください。

構図だとか建築強度についてはなかなか言えませんから、大体簡単にけちをつけるのは色です。

そういう意味で、何の役にも立たない技量であるということはあります。

Webデザインで言いますと、自分のディスプレイでこれ以上はないというベスト色で調整したものを客先で見てもらうと、全然別の雰囲気の色加減になっているというのは頻繁です。
当然ですが、それをつかってホームページを構成するなら、PCによってすべて違う色になります。
大体の感じ、意外のことしか色には言えないのです。

投稿日時 - 2017-01-04 07:06:51

お礼

ご回答ありがとうございます。
現実的な意見とても参考になりました。
お客さんが文句を言いやすいものが色だというなら、色彩の知識は役に立つように感じてしまいました。その知識からなぜその色なのかの説明は容易いと考えたからです。
しかし、仰ることは正しいなと思いました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-01-04 11:24:08

ANo.1

はっきり言ってしまうと、どちらも仕事をやる上で必要とされない資格です。
他のものとの例えで言うと、そろばん1級や、書道1段などのものと同じ扱いです。

知っていると言うある程度の評価というところで判断されるだけで、それがなけれはその仕事ができないというものではないというのは、ご理解されていると思います。

なので、どちらの方が格上かどうかというものでもなく、現実的に、役人の天下り先のためにつくられたような資格という部分が多い(資格を取るための教本や受験料などを儲けるため)という色の濃い資格なので。。。

その辺を理解した上で、取得されてください。
それらの資格を持っているからというところが決め手になって採用となることはありません。
ないよりは。。。という程度の判断基準の資格です。

投稿日時 - 2017-01-03 23:46:21

お礼

ご回答ありがとうございます!
資格に興味があるというよりかは知識を得たいというところから考えているので、正直なところ取得できなくてもいいかなと考えております。
しかし、仰る通りなのでそのことについては再度認識させていただきました。本当にありがとうございます!

投稿日時 - 2017-01-04 00:11:33

あなたにオススメの質問