こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Canon 6Dに付ける拡大アイピース

マニュアルフォーカスでのピントの山を掴みやすくするため、拡大アイピースと言うものを付けてみようと思っています。

下記のアイピースについて、6Dとの使用感をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?
予想でも良いです。

●TENPA GOLDENEYE 1.22X
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00N941544/ref=cm_cr_arp_mb_bdcrb_top?ie=UTF8

その他、6Dにオススメの拡大アイピースがありましたら教えて下さい。
6Dとの使用感レビューがあるもので、気になっているのは下記の2点です。

●F-Foto ユニバーサル マグニファイヤーx1.08-x1.6

●Canon マグニファイヤー MG-EF

いずれも四隅がケラレるというレビューがありますが、それはしょうがないんでしょうか…?
メガネはかけていません。

ちなみに、
フォーカシングスクリーンをEg-Sに交換してみて見ましたが、薄暗い場所での撮影に不向きでしたのでやめました。
明るい場所ではライブビューで合わせていますが、薄暗い場所でクリップオンストロボを使うこともあり、そんな時はやはりファインダーを覗くことが多いです。

アドバイス、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2017-01-21 20:46:33

QNo.9284115

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

マグニファイヤーって、要するに虫眼鏡なんです。
手元に虫眼鏡があるなら実験していただきたいのですが、なるほど対象物は大きく見えますが、周囲は虫眼鏡のレンズから外れる部分が多くなるでしょう。

つまりマグニファイヤーというのは「周囲がケラレたりファインダー下部の情報表示が見づらくなることと引き換えに対象物を大きく見せる… 結果としてピント合わせがやりやすくなる」そういうアクセサリーなんです。

裸眼だからケラレないということもありません。
倍率その他で変わることであり、やってみるまでは分からないのです。
メガネの場合は必然的に眼球とファインダーが離れるからケラレたりする確率が高いというだけで、倍率を抑えめにしたりすれば、ケラレたりするにしても実用に支障のない範囲で済んだりします。

結局は慣れるか慣れないかの問題になっちゃうんですよね。
ほんのわずかにケラレていることが気持ち悪くて仕方がない人だっているわけで…

そういうわけで、マグニファイヤーを考える以上リスクは避けられないし、逆に言いますとリスクを覚悟できないなら最初から手を出さないほうがいいとも言えます。

質問にあるマグニファイヤーだと、TENPAとCanon純正が1.2倍くらいですね。
そのあたりでやってみるのがいいのではないでしょうか。
まずやってみないことにはずっとモヤモヤすると思うのですよ。
どのくらい効果を感じられるかというのはどうしても個人差が出てしまいますが、リスクとのバランスを考えた場合、いきなりもっと倍率の大きいものにするのはどうかなと思います。

どちらかというと純正がいいでしょうね。
元々APS-C用のアクセサリーなんですが、Amazonのレビューを見る限り、6Dにピタッと装着できるみたいですし。

投稿日時 - 2017-01-21 23:07:05

補足

拡大鏡て書いちゃいました、ナンノコッチャ…。
拡大レンズです、失礼致しました。

投稿日時 - 2017-01-22 22:15:12

お礼

ご回答をありがとうございます!
おっしゃる通り、体験してみないことには、と言う事で純正を購入してみました。

装着には問題なく、しっかりとはまりました。
四隅が微妙にケラレるかな?いや見えてるかな?といったモヤモヤ感はありますが、ピント合わせは大変楽になりました。
ただ、アイピースに着いている拡大鏡の歪みが気になりました。
慣れるまではちょっと気持ち悪いような感じです。
中央でピント合わせをする分には大変便利とおもいます!

投稿日時 - 2017-01-22 22:13:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問