こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【宗教は本当に人を幸せにするのか?】

【宗教は本当に人を幸せにするのか?】


宗教は本当に人を幸せにしているのでしょうか?

宗教に関する質問を検索して見ると殆ど本人ではなく「親が」とか「祖父母が」とか当の本人は騙されているとか不幸になったとは言っていない。

宗教で不幸になったと言っているのは本人ではなく本人の周りの人間。

「親が宗教に金をつぎ込む」

とか親の金なので親が何に使おうが良いはずなのに、その宗教へのお布施の金を私に使ってくれればみたいな怨念が聞こえてくる。

で、その宗教が不幸にしたと言っている人間はその宗教に一円も使っておらず、親が自分の金で使っているので余り関係がないというか親が子に使わずに宗教に使っても何も問題がないと思われる。

要するに宗教によって毎月5000円のお布施をする親に憎しみを抱いている子だが、その5000円は子に使う予定でそもそもなかったお金かも知れない。

そのお布施を子はくれという。

宗教にお布施するお金があるのなら私は貧しい生活をしているのだから宗教に回さずに私に回してくれた方がよっぽど幸せになれると説く。

年間6万円のお布施が1人の檀家から入るので1000人の檀家がいればそれだけで6000万円。

毎年、1軒のペースで布教場所としての建物を増やしていけることになる。

1軒に100人の檀家を増やして600万円。

さらにグッズ販売でまた不動産を買っていく。

当の本人は幸せなのに、周りの人間は不幸だと感じるのはなぜでしょう?

宗教は家族総出でやらないと不幸になる。

親戚は離れるのでこれでお布施に不満を漏らす人間もいなくなる。

親戚がいなくなって幸せなのだろうか?

お布施がない宗教なら人を幸せに出来るのだろうか?

なぜ昔の宗教は人を幸せに出来たのだろう?

投稿日時 - 2017-01-26 11:51:35

QNo.9286049

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

宗教は麻薬みたいなものだ、とも言いますしね。初めはささやかなお祈りだったり、お守りだったりですんでいたものが、のめりこんでエスカレートすると、初めのささやかさでは物足りなくなって、これだけ神様のお役に立っているんだ!という高揚感をお布施の額とかで求めようとしてしまう、とか。

エルサレムあたりのごたごたを見ていると、宗教が必ずしも人を幸せにしているかどうかははなはだ疑問ですが、でも、それだけ思い込める強さが存在するのも事実で、上手く転べば幸せになるんじゃないかなあと思ったりもします。
なかなか上手く転べないところが、人間のあさましさだったりもするんでしょうか・・・。
あ、ちょっと宗教じみてきましたね(笑)。

少なくとも、お金が絡むと人はまた凶変しますので、宗教と絡んでしまうと余計におおごとになってしまうのかなと思います。

因みに、私の曾祖母は「生きてる人が大事」と言っていました。死んだ人や神様じゃなくて、今生きている人が一番大事にされるべき、という事です。こういう発想だったらいいなと思います。

投稿日時 - 2017-01-26 14:00:46

お礼

みなさん回答ありがとうございます

私もそう思う

おばあちゃんが年金生活の細々と生きているが、子供はおばあちゃんに何もしない。

で、死んでからお墓を建てて数百万円使って、さらに月命日に毎月花を供え、お坊さんにお布施をするわけです

これっておばあちゃんが生きているときに毎月そのお金で何かプレゼントした方がよっぽどよいのではと思うわけです

毎月、死んでからお坊さんにお経を読んで貰うのに5000円を払うなら、食が細くなったおばあちゃんに足が悪くなったおばあちゃんに豪華なランチに連れて行けたのでは?と。

投稿日時 - 2017-01-26 15:31:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

宗教がフラクタルな構造であるという具体例は、カール・マルクスの「宗教は大衆の阿片である」という批判のなかに端的に現われています。
共産主義思想自体が「一つの宗教」であることは共産主義政権各国の崩壊をみれば
あきらかです。マルクスは共産主義自体が「宗教」であることに気付かずに自分を批判していたのですね。

真善美が言葉で定義することは困難で神話でしか語れないと言ったのはプラトンですけど、宗教もその目的が真善美を語ることである以上「神話」でしか表現しえない。
これは、そもそもそのフラクタルな論理構造ゆえ仕方のないことなのでしょう。

投稿日時 - 2017-01-26 14:14:07

ANo.4

> 【宗教は本当に人を幸せにするのか?】
心の平穏を作り出すと (私は) 聞いてますが…

別にどうでも良い…宗教そのものは信じてない…まっ元々宗教学は
嫌いでは無いが…それがそのまま人の人生に関わる等と考えた事も
有りません。

私的に?
神様は居ると思うが嫌いだ…が心情の私です。

投稿日時 - 2017-01-26 13:07:29

宗教はフラクタルな構造を持つ概念です。
カリフラワーはどこまでを指してカリフラワーというのかわかりにくいように
個々の人が語る「宗教」はけっしてすべての宗教を包含しえないのです。

ですから、宗教論議自体が無意味であることは、すこし賢い人ならだれでも
知っている。

そもそも、生きていること自体が「生命」ということを「信仰」することで
成り立っています。死とか病いとかは「生命」への信頼・信仰を失う時点で
始まるものです。
もう一方で「科学・医学」という「信仰」があって病気は人の宗旨替えで
起こったり治ったりしています。

宗教はオウム真理教事件以来壊滅的状況にあって、かわりに「引き寄せの法則」
という「精神世界・スピリチュアル」というのが流行っています。

投稿日時 - 2017-01-26 12:43:28

なぜ昔の宗教は人を幸せに出来たのだろう?」←?・・何処を どう勉強すれば こうなるの?

今まで どの宗教も最終目的を果たした事は 一度も無いが?

投稿日時 - 2017-01-26 12:42:43

ANo.1

事例が個別的事情の多いものなので一般的な回答になり得ませんが。

最後の
>なぜ昔の宗教は人を幸せに出来たのだろう?
だけに回答します。

昔の人は今よりももっと自分の頭で考えたからでしょう。
また、無用に多くを求めず、怪しげな言説に惑わされず、大切なものだけを守ることができたからだと思います。

以上

投稿日時 - 2017-01-26 12:07:38

あなたにオススメの質問