こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スーパーの駐車場内での事故

同じ事業所に努めているスタッフが、近隣のスーパーの駐車場で接触事故を起こしました。
彼女(Aさん)が駐車場に車を停めようとしていた所、男性の老人が運転していた車が急にバック、「このままではぶつかる!」と思ったAさんは自分の車を前進させましたが、勢いよくバックしていた男性の車に結局はぶつけられてしまいました。動いていたため、過失がゼロではないことは承知していますが、もし仮に車を動かさなければ、まともに運転席のドアにぶつかり、Aさんはケガをしていたようです。

男性はぶつかったことを知りながらも、知らぬふりをして逃げようとしたため、Aさんは急いて車を降り、駐車場を出て右折をしようとしていたところを捕まえ、運転席の窓ガラスを叩き「ぶつかりましたよ」と訴えました。
男性は仕方なく車を降り「悪かったって。全額弁償してやるから。それでいいだろ?」と。
不安になったAさんは警察と保険会社に連絡。警察の方が来て、最寄りの派出所で話を聞くことになりました。

警官に詳細を聞かれてた男性は「ぶつかったような気がした」と認め、「今度からはそう思ったら逃げない様に」とくぎを刺されていたとのこと。

その後保険会社を通して事故処理をしてもらっていたところ、事がおかしな方向へ進みだしました。

「修理代は全額出す」という男性の主張を、本当がどうかもわからない、また逃げようとするかもしれない人の言葉は信じられなかったと。
保険会社が出した答えは「向こうが8:2と言って譲らないから、あなたが了承するまで案件を保留にする」というものでした。
Aさんは過失が2あることに納得がいかず、また、電話一本の連絡もない担当者にも不満が募り、「担当を変えて下さい」と希望を出しましたが「マニュアルで決まっているので、誰が担当になろうと、結果は変わりません。あなたが過失2でOKを出さなければ解決できない」といった旨の話をされました。

Aさんは、「もともと男性が全額負担する気でいた」「過失はあっても1くらいだと思う」との理由から腑に落ちない気持ちでいます。
しかし、あまりにも「あなたが納得しないから!」と言われるため「もう了承しようか」とも考えているようです。

保険会社の対応はこれで正しいのでしょうか?本社に掛け合いましたが、「マニュアルにありますから」と、同じ答えが返ってきました。
また、危険回避のために車を動かした場合の過失は2で妥当でしょうか?

投稿日時 - 2017-01-27 14:24:24

QNo.9286490

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> 保険会社が出した答えは「向こうが8:2と言って譲らないから、あなたが了承するまで案件を保留にする」というものでした。

Aさん側の保険会社ですよね。
そもそも、保険会社はこちら側の過失がゼロでの交渉が出来ません。(弁護士法違反の非弁行為って事になる。)

過失ゼロを主張するなら、最初から保険会社に任せずにその旨主張して、弁護士特約に入ってるならそちらを使用して弁護士の紹介など受ける、無ければ弁護士会へ相談の上で適任な弁護士の紹介を受けて交渉すべきでした。


> Aさんは、~「過失はあっても1くらいだと思う」との

であれば、その旨相手と話し合い、ないし裁判で争う事になります。
話し合いするとして、過失1のしっかりした根拠、過去の紛争や和解の事例、それらと事故状況の調書が一致している根拠が無けりゃ時間の無駄になるだけですから、弁護士に相談すべき。
裁判になるのであれば、やっぱり弁護士へ相談すべき。
ってな話になるのでは?

保険会社とこれ以上話しても時間のムダみたいですし。

投稿日時 - 2017-01-27 18:24:08

補足

余談になってしまいますが、弁護士特約には入っていました。
証券を確認して担当と交渉をしていましたが、返ってきた答えは
「このくらいで弁護士を使うなんて・・・取り合ってくれませんよ。」でした。

投稿日時 - 2017-01-31 15:52:29

お礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

昨日出勤したAさんから「8:0になった」と。
Aさんは、昨年の秋に自宅近くのスタンドで個人リースという形で車を購入(契約?)していて、今回の連絡は、その契約したスタンドからのものでした。
スタンドには板金屋さんから連絡が入った、と・・・。

残りの2割は誰が払うのかまではわからないのですが、とりあえず解決という形にはなったようです。
また、今現在も保険屋さんからは一切連絡がない状態なので、今回の件を機に保険会社を変えるそうです。

投稿日時 - 2017-01-31 15:43:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

描写的に書き記されている話は別として、、、先ず、確認したいのが相手は任意保険に加入しているのでしょうか?(加入していることを前提として、これをBさんの保険会社とします。) もはや対比よりも最後はお金! 計算上の例えで仮にAさんの修理代15万円、Bさんの修理代20万円だとしましょう。 Aさんは、自身の20%つまり3万円とBさんの修理代4万円の賠償責任を負うことになりますよね。 合わせて7万円。 しかし、このご時世、20等級まで下がっていても7万円での保険使用は今後3年間のペナルティー増額負担を考えるとAさんは自分の保険を使わない方が得策ということになります。
そこで、、、過失割合と相互の修理金額が出た時点でAさんは、保険を使わないで負担額を自腹で支払うことで示談します。 相手保険会社Bからの支払いが確認された時点で、こちら(Aさん)の支払を拒否します。 Bさんのクルマの修理をした自動車会社(修理工場)は、あくまでも修理依頼を受けた方(Bさん)へ売掛(上述の例でいうと4万円)の催促をします。 困ってくるのはBさんです。 唯一、Aさんが優位に立てる場面なので、そこからどうするかは話し合いの場だと思います。

投稿日時 - 2017-01-28 12:23:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

昨日出勤したAさんから「8:0になった」と。
Aさんは、昨年の秋に自宅近くのスタンドで個人リースという形で車を購入(契約?)していて、今回の連絡は、その契約したスタンドからのものでした。
スタンドには板金屋さんから連絡が入った、と・・・。

残りの2割は誰が払うのかまではわからないのですが、とりあえず解決という形にはなったようです。
また、今現在も保険屋さんからは一切連絡がない状態なので、今回の件を機に保険会社を変えるそうです。

投稿日時 - 2017-01-31 15:44:48

ANo.3

保険会社はやくざのような人に交渉を依頼していますので、危険回避のために車を動かした場合の過失は本来は0ですが、やくざには勝てませんので、2で泣き寝入りしましょう。ちなみに、貴方の入っている保険会社に連絡すれば、貴方に2ぐらいの金額が付与されるはずですので、実質、損は無いかも。

なお、悪質な担当者と示談交渉を行っても時間の無駄です。そのため、担当者の上司(その上司でも駄目な場合は上司の上司)に担当者の悪質なやり方や態度の事例をあげながら、担当者の変更を希望することを連絡しましょう。そもそも示談代行というものは、被害者の「示談代行でも良い」という同意が必要です。

投稿日時 - 2017-01-27 14:56:18

お礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

昨日出勤したAさんから「8:0になった」と。
Aさんは、昨年の秋に自宅近くのスタンドで個人リースという形で車を購入(契約?)していて、今回の連絡は、その契約したスタンドからのものでした。
スタンドには板金屋さんから連絡が入った、と・・・。

残りの2割は誰が払うのかまではわからないのですが、とりあえず解決という形にはなったようです。
また、今現在も保険屋さんからは一切連絡がない状態なので、今回の件を機に保険会社を変えるそうです。

投稿日時 - 2017-01-31 15:45:11

ANo.2

あなたの交渉次第です。
向こうが当たってきた事故については私はこれまで(30年ほど)
1円も払っていません。すべて100:0です。

投稿日時 - 2017-01-27 14:52:55

お礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

昨日出勤したAさんから「8:0になった」と。
Aさんは、昨年の秋に自宅近くのスタンドで個人リースという形で車を購入(契約?)していて、今回の連絡は、その契約したスタンドからのものでした。
スタンドには板金屋さんから連絡が入った、と・・・。

残りの2割は誰が払うのかまではわからないのですが、とりあえず解決という形にはなったようです。
また、今現在も保険屋さんからは一切連絡がない状態なので、今回の件を機に保険会社を変えるそうです。

投稿日時 - 2017-01-31 15:45:32

ANo.1

「もともと男性が全額負担する気でいた」はその男性が言っただけで、その発言に基づいて保険会社が保険金を支払うことはありません。
保険会社は過去の判例に照らし合わせて、近い状況の判例から過失割合を出して示談交渉をするので、個別の事故の状況は細かく加味されません。(損保協会でマニュアルができてる)
なので、8:2から動かすには裁判をして自分の過失が無い事を証明しない限り保険会社の対応は変わらないでしょう。
裁判は今回の事故の状況について判断するので、今回の事故についてはAさんに過失が無いと認定されれば全額保険金で支払われます。

相手が全額負担するという事を保証するのであれば、修理費用の8割を保険金で受け取り、残りの2割を相手に支払ってもらうと言う方法もありますが、相手が条件を飲まなければ受け取ることはできません。

投稿日時 - 2017-01-27 14:38:52

お礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

昨日出勤したAさんから「8:0になった」と。
Aさんは、昨年の秋に自宅近くのスタンドで個人リースという形で車を購入(契約?)していて、今回の連絡は、その契約したスタンドからのものでした。
スタンドには板金屋さんから連絡が入った、と・・・。

残りの2割は誰が払うのかまではわからないのですが、とりあえず解決という形にはなったようです。
また、今現在も保険屋さんからは一切連絡がない状態なので、今回の件を機に保険会社を変えるそうです。

投稿日時 - 2017-01-31 15:44:06

あなたにオススメの質問