こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を日本語訳して下さい。

Consequently, the British 5th Infantry Division and supplementary artillery, engineer and labour units reinforced the four Canadian divisions. This brought the nominal strength of the Canadian Corps to about 170,000 men, of whom 97,184 were Canadian. In January 1917, three Canadian Corps officers accompanied other British and Dominion officers attending a series of lectures hosted by the French Army regarding their experiences during the Battle of Verdun. The French counter offensive devised by General Robert Nivelle had been one of a number of Allied successes of 1916. Following extensive rehearsal, eight French divisions had assaulted German positions in two waves along a 9.7-kilometre (6 mi) front. Supported by exceedingly strong artillery, the French had recovered lost ground and inflicted heavy casualties on five German divisions. On their return from the lectures, the Canadian Corps staff officers produced a tactical analysis of the Verdun battles and delivered a series of corps and divisional-level lectures to promote the primacy of artillery and stress the importance of harassing fire and company and platoon flexibility. The report of 1st Canadian Division commander Arthur Currie highlighted the lessons he believed the Canadian Corps could learn from the experiences of the French.

投稿日時 - 2017-01-31 22:22:31

QNo.9288192

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>Consequently, the British 5th Infantry Division and supplementary artillery, engineer and labour units reinforced the four Canadian divisions. This brought the nominal strength of the Canadian Corps to about 170,000 men, of whom 97,184 were Canadian.
⇒したがって、英国軍第5歩兵師団、補助砲兵隊、工兵部隊と労働部隊が、当のカナダ4個師団を補強した。これによって、カナダ軍団は名目上170,000人の兵士という軍勢になったが、このうち、97,184人がカナダ人であった。

>In January 1917, three Canadian Corps officers accompanied other British and Dominion officers attending a series of lectures hosted by the French Army regarding their experiences during the Battle of Verdun.
⇒1917年1月、3人のカナダ軍団将校が、フランス方面軍の主催した「ヴェルダンの戦い」間の経験に関する一連の講義に出席する、他の英国将校役員および自治領の将校役員に同行した。

>The French counter offensive devised by General Robert Nivelle had been one of a number of Allied successes of 1916. Following extensive rehearsal, eight French divisions had assaulted German positions in two waves along a 9.7-kilometre (6 mi) front. Supported by exceedingly strong artillery, the French had recovered lost ground and inflicted heavy casualties on five German divisions.
⇒ロベール・ニヴェーユ将軍によって考案されたフランスの反攻撃は、1916年の幾つかの連合国軍の成功の1つであった。広範囲なリハーサルの後、フランス軍の8個師団が9.7キロ(6マイル)の前線に沿って、2班の波状攻撃でドイツの陣地を襲撃した。極めて強力な砲兵隊の支援を受けて、フランス軍は失われた地面を回復し、甚大な犠牲者をドイツ軍5個師団に負わせた。

>On their return from the lectures, the Canadian Corps staff officers produced a tactical analysis of the Verdun battles and delivered a series of corps and divisional-level lectures to promote the primacy of artillery and stress the importance of harassing fire and company and platoon flexibility. The report of 1st Canadian Division commander Arthur Currie highlighted the lessons he believed the Canadian Corps could learn from the experiences of the French.
⇒講義から戻るや否や、カナダ軍団の参謀将校はヴェルダン戦争の戦術分析を提示して、砲兵隊の優越性を促進すること、および砲火攻撃と中隊・小隊が柔軟であることの重要性を強調するために、一連の軍団および師団レベルの講義を行った。カナダ軍第1師団の指揮官アーサー・カリーの報告は、カナダ軍団がフランス軍の経験から学び得ると確信する教訓を強調した。

投稿日時 - 2017-02-02 22:00:16

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-02-03 01:00:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

その結果、英国第5歩兵部隊と補足砲兵、技術者、労働部隊が4つのカナダ部門を強化した。これにより、カナダ軍団の名目上の強さが約170,000人になりました。うち97,184人はカナダ人でした。 1917年1月には、3人のカナダ軍団役員が、他の英国人およびドミニオン将校と同行し、ベルンの戦闘中の経験についてフランス軍が主催する一連の講演に参加しました。ロバート・ニヴェル将軍が考案したフランスの反撃は、1916年に多数の成功事例の1つとなっていた。広範なリハーサルの後、8つのフランス部隊が9.7キロ(6マイル)の前方に2つの波でドイツ軍を攻撃した。非常に強力な砲兵によって支えられたフランス人は、ドイツの5つの部門で紛失地を回復し、重大な犠牲者を出していた。講義からの復帰で、カナダ軍団の職員は、ヴェルダンの戦いの戦術分析を行い、砲兵の優位性を促進するための一連の軍団と部隊レベルの講義を行い、火災、会社攻撃、小隊の柔軟性の重要性を強調しました。第1回カナダ部隊司令官アーサー・カリー(Arthur Currie)の報告は、カナダ軍団がフランス人の経験から学ぶことができると考えた教訓を強調した。

投稿日時 - 2017-02-01 12:33:49

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-02-03 01:04:56