こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トランプ大統領はF.ルーズベルトと同じことをやろう

トランプ大統領はF.ルーズベルトと同じことをやろうとしているのでしょうか?

誰か教えて下さい。
最近、海外ではやっていることが戦前にそっくりと言われているし・・・
先が怖いです。
イスラム教徒の入国禁止にメキシコとの間には国境の壁作るし、核ミサイル開発など・・・
日本に対しては、為替政策批判に在日米軍撤退
など日本は厳しい苦境の立ち位置にいる。
それに、大統領がトランプ氏決まってからアメリカ国内で日本叩きの本が複数出ており 人気になって売れているそうだよ。
何か先で起きそうよね。日本孤立とか・・・
アメリカ人に嫌われたら終わりじゃん。
太平洋戦争時期のときみたいに味方してくれる国がいなくなるね。
実際、F.ルーズベルトの時もそうだったよね。
日本が真珠湾攻撃するずっと前から日本叩きの反日があったし・・・
本当に怖い。
先で戦争は起きるだろうことは承知しているが、
また、アメリカは敵になるのだろうか・・・

質問
(1)トランプ大統領は何をしようとしているのですか?
(2)これからやろうとしている政策はトランプ大統領自身の白人至上主義が関係していますか?
(3)世界はまた戦争の時代に突入すると思いますが、いつ頃ですか?
(本当は戦争の時代になることを回避してほしいけど、トランプ大統領の政策がルーズベルトそのものと言われているのでね。
しかし、その政策を受けて経済制裁されたらの話だが・・・。もし・・・それらによって日本が先制攻撃した場合日本人虐殺を正当化できるよね。ルーズベルトの時みたいなに・・・。でも、今の日本政府はアメリカの操り人形だからね。どうなるんだろうね。)

何回か書き直していますがご了承ください。

投稿日時 - 2017-02-01 09:49:17

QNo.9288374

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1
アメリカに住むエスタブリッシュメントを除く白人層の生活を良くしようというふうに考えているのでしょうが、肝心の当の本人が何をやっているのかよく分かっていない気がしますね。

2
うんまあそれをいうと白人のアメリカ大統領はみんなそうですけれどもね。アメリカ大統領史上一、二を争うほどのアホアホ大統領だったブッシュJr大統領が世界の国益を考えていたとは到底思えないんですよね。なにせブッシュJr大統領ときた日にゃ、メキシコとカナダがどこにあるかもご存知なかった(「メキシコとカナダの国境問題」という有名な珍発言があります)のですからね。それに比べれば、世界地図を見てどこにアメリカ合衆国があるかは分かるトランプ大統領のほうがマシかもしれません。

3
実際はもう戦争の時代に突入していますよ。21世紀の戦争は「低強度紛争」といって第一次世界大戦や第二次世界大戦のような激しい戦争ではないものの、平和な状態でもなく、なおかつ「どこが戦場なのかも分からない」という戦争になっています。
フランスは事実上の戦争状態(非常事態宣言中)にあるといえます。パリを観光していたら突然ISのテロに巻き込まれるかもしれませんし、テロリストの容疑をかけられて逮捕状なしでフランス当局に突然身柄を拘束されるかもしれません。トルコやエジプトではいつどこで爆弾テロが発生するか全く分からない状態ですね。

皆さんね、「戦争が起きる」っていうと若い兵隊さんが戦場でドンパチやるのを想像しているのですけれど、これからはもうそういう戦争ではないのですよ。街を歩いていたら、突然ドカンと爆発する。誰が敵なのか全く分からない。それが21世紀の戦争なのです。
アメリカやヨーロッパではそのような無差別テロがいつどこで起きるか全く予想できない状態なので、「準戦争状態にある」といえるでしょうね。
数年前の「アラブの春」と呼ばれた事実上の内戦では、ほとんど軍隊としての教育を受けていないそこらへんの一般市民が銃を持って「民兵」という形で戦場で戦いました。民兵は軍隊としての訓練を受けていないし組織化もされていないので、死傷率が極めて高いのです。負傷しても衛生兵が野戦病院に送ってくれるってことはないですから。おまけに国家組織ではない民兵は国際法で「捕虜」としては認められないので、捕虜として正当に扱わなくても国際法違反にならないということになります。つまり、降伏の意志を示しているのに殺しても構わないし、拷問しても構わないのです。ISが捕虜にした軍人を生きたまま火あぶりにしたりしていますが、ISそのものが国際的に認められた組織ではないので彼らがどんなに捕虜を不当に扱ったとしても裁かれる場が存在しないのです。

投稿日時 - 2017-02-01 14:06:05

お礼

詳しく教えて下さってありがとうございます。
分かりやすくてなるほどと納得できました。
ですが、大きなドンパチ戦争は起こらず、テロ規模で戦争みたいなものが起きるということですか⁉良くわからないけど・・・

投稿日時 - 2017-02-03 12:27:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

(1)トランプ大統領は公約を実行しようとしています。
   実現するかどうかではなく、実現させようと努力したと
   支持者に示したいのだと思われます。
(2)公約の内容が白人至上主義者が喜ぶ内容なので、関係していると
   考えるのが自然だと思います。
(3)過去に2度の世界大戦を行っているので、3度目が無いとは
   言えませんが、いつごろかは分からないです。
   また、トランプ大統領の政策はルーズベルトとは違います。
   個別企業に圧力をかけるやり方はムッソリーニと同じで、
   アメリカ第一主義、保護貿易はヒットラーと同じです。

日本とアメリカが戦う可能性はゼロです。
その理由は日本は完全な独立国ではないからです。
その証拠は、毎月隔週で行われている会議の参加メンバーを見れば
明らかで、日本は官僚が参加し、アメリカは軍人が参加しています。
この状況は、日本が今もアメリカの属国である証拠です。

投稿日時 - 2017-02-01 14:05:50

お礼

アメリカとは戦争にはならないんだね
良かった~。
確かに属国だしね。
政府もアメリカ批判しないからね。

投稿日時 - 2017-02-03 12:23:11

ANo.2

トランプはルーズベルトと正反対のことをやろうとしています。ルーズベルトはアメリカを世界に警察官にした初めての大統領で、アメリカには関係ないヨーロッパとアジアの局地紛争にちょっかいを出し、巨大な軍事力を送り込み、単なる局地紛争を第二次世界大戦に拡大してしまいまたた。ルーズベルトがいなかったら第二次世界大戦は起きませんでした。ルーズベルトがトランプのようなアメリカ一国主義だったら、ヨーロッパは勝手にヒットラーと戦わせ、日本の中国(支那)侵略は放っておき、その結果アジアは日中の小競り合いにとどまり、東南アジアにまで手を広げず、太平洋戦争は起こりませんでした。そもそも当時のアメリカがヨーロッパや支那に特段の権益を持っていたわけではないのです。関係ない戦争に手を出す(軍隊を派遣する)方がおかしいのです。賢いトランプはそういうことはやらないと言っています。いい機会ですから、日本は今までのアメリカべったりではなく、独自の外交、安全保障を目指すべきです。そういう意味でトランプ大歓迎です。

投稿日時 - 2017-02-01 11:42:18

お礼

私の思い違いだったんだね。
トランプ大統領がルーズベルトとは違うということにね。
まあね、ずっと、日本がアメリカ頼りじゃね、
トランプ大統領がそういう政策とっても仕方ないもんね。
他国の面倒はごめんだろうし、自国でどうにかしろよなんだろうね。
それじゃ、トランプ大統領が日本嫌いになっても仕方ないよね。
実は日本嫌いなんだよ。
色々とアメリカ頼りで自分たちはのうのうと経済成長させて市場開拓してとかアメリカのおかげで商売ができているしね。

投稿日時 - 2017-02-03 12:20:59

ANo.1

(1)トランプ大統領は何をしようとしているのですか?

普通トランプに聞けばわかるのですが、彼自身も知らないでしょう。

(2)これからやろうとしている政策はトランプ大統領自身の白人至上主義が関係していますか?

 最初はそうでしょう、そのうちいろんなものにぶつかって、難航するでしょう。

(3)世界はまた戦争の時代に突入すると思いますが、いつ頃ですか?

 やれば、両方に武器を売って、やれやれと闘鶏のように尻をつつけばますます金が儲かります。それを見抜く目が「トり年」の指導者にございましょうかね。

投稿日時 - 2017-02-01 10:15:32

お礼

そうなんですかぁ・・・
早い気がしますが・・・
なんか、不安です。
でも、それが本当か嘘かわからないですよね。
でも、国際情勢見とかないとね。

投稿日時 - 2017-02-03 12:07:42

あなたにオススメの質問