こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカ大使館の移転

トランプ大統領はアメリカ大使館をエルサレムに移そうとしています。
もしそうなると中東戦争が勃発しそれの影響で石油高騰につながる恐れにならないでしょうか?そうなったら日本はどう対処するつもりでしょうか?
皆さんはどう思いますか?

投稿日時 - 2017-02-17 14:26:10

QNo.9294922

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

中東戦争が勃発しそれの影響で石油高騰につながる恐れにならないでしょうか?
     ↑
テロなどの散発的紛争は発生しても、
第五次中東戦争は起こらないと思います。
今のイスラエルに対抗できる、軍事力は
中東諸国は持っていないからです。
第一次~第四次で、イスラエルの強さは
身に染みているはずです。

仮に発生したら、勿論石油は高騰しますが、
シェールオイル開発に弾みがでるので、
トランプさんは喜ぶと思います。




そうなったら日本はどう対処するつもりでしょうか?
   ↑
原発稼働に踏み切るでしょう。
そもそも日本が原発を導入するようになったのは
オイルショックで石油が高騰したのが原因です。

あれで、中東の石油に頼る危険性を実感した
日本は原発を積極的に導入するようになったのです。

投稿日時 - 2017-02-18 14:26:52

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-02-18 14:50:26

ANo.3

中東戦争が勃発しそれの影響で石油高騰につながる恐れにならないでしょうか?

そう言われてますが、うがった見方をすればパレスチナとイスラエルだけの紛争にとどまるような争いに落ち着くやもしれませんよ。
それにエルサレムの聖地も近在してるのなら細かく国境を引けばいいのであり、共存もできないわけでもないのでは?
聖地のモスク・礼拝堂などが同じであれば難しいですが、いわばキリスト教はユダヤ教の分派ですからそこはうまく折り合いがつくやもしれません。

石油価格高騰すれば周辺の敵対国サウジにしても、現在の石油価格下落で困窮し始めてるのですから値が上がることは嬉しいでしょう。
それと同時にアメリカの石油も高騰しますから。

ま、国連もIMFも WHOもグリーンピースもシーシェパードも国際世論をミスリードするユダヤ金融マフィアの傘下である組織です。
これは賭けですが、トランプはそれらに喧嘩を売った救世主かもしれませんよ。
あくまでも大博打ですが。

しかしつくづく一神教の浅はかさを痛感するような出来事ですね。

投稿日時 - 2017-02-17 22:42:44

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-02-18 06:34:00

ANo.2

khbm4 さん、こんばんは。

やったら国連決議違反です。たぶん途中でつぶれる計画でしょう。わがままで非難を相当浴びているトランプ氏の考えることはよくわからないです。日本は絶対乗らないようにしてほしいです。

投稿日時 - 2017-02-17 20:27:21

お礼

回答ありがとうございます。

そうなって欲しいですね。

投稿日時 - 2017-02-18 06:37:12

ANo.1

トランプの言動はパレスチナ問題の緊張を高めるでしょうが、中東問題全体には影響を与えないだろうし、原油にはそれほど影響を与えないと思います。
アメリカ大使館をエルサレムに移して問題になるのは、正式にエルサレムを首都として認めていない国連との関係。勿論パレスチナは怒るでしょうが、それでもアメリカとは喧嘩する気は無いでしょう。それとパレスチナは近隣のイスラム教国にそれほど強く支持を受けているわけでもなく、またやはりアメリカとは仲良くしておきたいので取り立てて動きはないでしょう。懸念があるとするとトランプが名指しで非難するイランはイスラエルの仮想敵国でもあり、敵対関係は強くなりそうです。ただトランプも方向修正すると思いますよ。この件で国連を敵はしたくないと思います。
日本はこの地域に大きな影響力を持っていないので、国連の方向性に従っていれば良いと思います。

投稿日時 - 2017-02-17 15:43:48

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-02-17 15:57:36

あなたにオススメの質問