こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自転車の路側帯の右側通行について

 数年前、自転車に乗っていて自動車と接触事故を起こしました。相手は駐車場から一般道への頭出し待機のところを、私が路側帯の右側通行で横切っていたところに車が前に出てきてぶつかりました。少し前に出てきて自動車が止まったので横転はせずにすみました。自転車の後方(スタンドの部分?)と自動車のバンパーの左(正面から見て)が接触して自動車に傷がつきました。
 あとで連絡を向こうからしてきましたが私の親が出まして、私の自転車が相手の車が止まっているところに正面からぶつかってきたと嘘の証言をしました。私が親にそう聞かせれ電話に出て本当の事を言ったら「お前が右側走ってたから~」と怒鳴り散らかされました。~の部分は何言ってるかさぱりわかりませんでした。その後、いろいろあって向こうが払うと言い出して終了はしました。
 当時の私は急いでいて左だと遠回りになるので右を走ってしまいました(いつもは左)。当時の認識としては歩道で右側通行とかもみんなしてるし、なんというか結構あいまいなグレーゾーンなイメージがありました。
 最近知りましたが、自転車の路側帯の右側通行が2013年12月1日より禁止になってたそうですね。つまり、路側帯は左側通行だと法改正になりました。事故が起きたのはこの法改正、施行以前の出来事です。
 そこで疑問なのですが、なんといか法改正以前からも自転車の路側帯右側通行はどちらかというと悪いという考えだったのでしょうか?事故相手に電話口で「お前が右側走ってたから~」と怒鳴り散らかされ、親に当たり屋だと嘘までつかれましたが私も悪かったんでしょうか?けど、当時の法律上は問題ないわけだし、相手の認識不足だとも思えるし怒鳴られるのは理不尽だとも思えませんか?さぁどうなんでしょうか?

投稿日時 - 2017-02-25 05:43:16

QNo.9297942

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

(1)法改正以前は路側帯の自転車の走行はどちらでもOK(歩道は基本的にNG、但し公安委委員会の指定した場合はOK)車道は左通行のみです。
(2)車の責任は、車道に出る時に一旦停止し安全を確認しなければばらない、また安全に運転を行う義務がある。 事故を回避する措置を講じなければならない。
(2)あなたの責任は、安全に運転を行う義務がある。 事故を回避する措置を講じなければならない。

そもそも、事故段階で警察を呼び、事故届が必須です。
自転車にも保険もありますから、仮に加入していれば保険会社に任せる事も可能でした。

しかし、怒鳴り込んでも、相手にはあまり得策ではない事が分かっていないのでしょうね。
あなたが損害賠償請求訴訟を提訴すると(当然可能)内容証明で通知すれば、態度は一変したでしょう。 「・・・についてご承知頂け無き場合には、法的措置も検討せざるを得ませんのでご承知おき願います」でしょうね。

投稿日時 - 2017-02-25 07:09:30

補足

重要なことなので書いておきますが、警察にも届け出ました(私は聞かれなかったので片手落ち)。運よく親が自転車の保険に加入してたため、それを利用しました。

投稿日時 - 2017-02-25 12:03:51

お礼

>(1)法改正以前は路側帯の自転車の走行はどちらでもOK(歩道は基本的にNG、但し公安委委員会の指定した場合はOK)車道は左通行のみです。
(2)車の責任は、車道に出る時に一旦停止し安全を確認しなければばらない、また安全に運転を行う義務がある。 事故を回避する措置を講じなければならない。
(3)あなたの責任は、安全に運転を行う義務がある。 事故を回避する措置を講じなければならない。

事故当時は帰宅途中でした。おそらく夜間での事故となります。相手は見えなかったのでしょうね。でも、法的には右側はいけたんですから、なぜ右側云々いいだしたのでしょうか。ただの認識不足?
 

書きませんでしたが、警察は相手が呼び実況見分はしました。しかし、僕は何も聞かれませんでした。なので片手落ちです。事故は初めてだったし若かったためかよくわかりませんでした。

 相手がキレ始めてから親が変わって保険を通じてという事でその後、車のキズの写真が必要(保険の提出書類で)になり撮らせてくれるよう頼みましたが、相手が渋って無理でした。なので、保険会社もどうすることもできないわけですが相手が数か月ぐれた末、向こうが払うと言い出し終了しました。

 回答ありがとうございました。
 

投稿日時 - 2017-02-25 12:02:02

あなたにオススメの質問