こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドローンの規制

日本はドローンの飛行に関する規制が厳しいと言われています。本当にそうなのでしょうか?米国など,他の国と比べてどうでしょうか? この方面で詳しい方の解説をよろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-02-27 21:56:30

QNo.9299006

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

日本はドローンの規制が厳しいと言うよりは、ルール化が遅れていると言うのがただしいです。少し前にドローンが首相官邸に不時着して大きな問題になりましたが、規制はそこから急速に暫定的に進みました。それまでは、アメリカなどでは規制がすでに作られていて、日本は野放し。下記のOK GoのPVは日本のモールでドローンを使って撮影されたのですが、なぜ日本で撮影されたかと言うと、日本のプロデューサーが作ったこともあるのですが、当時はすでにアメリカでは規制が多く撮影不可だった物が、日本では規制がなかったため。
https://www.youtube.com/watch?v=u1ZB_rGFyeU

今は、日本では、人工密集中やある程度の高さ以上を飛ばすためには許可制になっていて、国土交通省への申請が必要です。ただ、申請がたまりすぎていて認可が下りるのに時間がかかるそうです。規制が特別に厳しいからと言うわけではありません。
アメリカと比べてもそんなに厳しいわけではないと思いますが、大きな違いは日本は人口密集地が多いこと。自由に飛ばせる場所は限られています。それに対してアメリカは広大な空き地だらけ。
ただ、オーストラリア、ニュージーランドやEUなどに比べるとアメリカの規制は厳しく、アマゾンの最初のサービスはイングランド、実験をオーストラリアなどでやっているようです。
https://www.youtube.com/watch?v=vNySOrI2Ny8

おもちゃみたいなものを除くと、ドローンは落下して人にあたったら大怪我か死亡事故につながるし、テロにも使えます。そうでなくてもプライバシーの侵害は起こりうるので、土地の狭い日本は不利ですが、新しい産業だし、使い方のアイデア次第では問題ないので良いルール化を進めてほしいですね。

投稿日時 - 2017-02-28 05:22:45

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

国土交通省によって、こんな感じで規制されています。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

これだとお役所らしくすっごく分かりづらいので、こちらをどうぞ。
http://dronebiz.net/point/aviation

都市部と呼ばれるところは、ほぼほぼ飛ばせないと思っていいでしょうね。もちろん国交省の許可があればOKですが、映画やテレビの撮影でもない限り許可は下りないでしょうね。

例の総理官邸ドローン事件が起きるまでは全くの野放しでしたが、あの事件を受けて一気に規制されたという感じですね。規制が強化された辺りにメーカーの技術が進んで値段も大きさもこなれていったのが皮肉というかなんというかですね。
海外の規制事情についてはちょっとそこまでは分からないです。国によってはドローンに対する規制がどうこうというより、公安当局に連行されたらボッシュート間違いなしなんてこともあるでしょうね。例えば中国で純粋に趣味で飛ばしていたとしても、公安警察がやってきたら身柄が拘束されるのは逃れられないでしょうからね。

投稿日時 - 2017-02-28 16:43:28

ANo.3

簡単に言いますと今後、ドローンを見かけた側に規制がつくられない要素が高いです

外国では、デモなどの頭上をドローンが飛べば、撮られている側が投石などで落としにかかります

なぜならば、飛んでいるドローンをどうしようが、規制も法律もないからです

ので、誰のものだろうが関係なく、どんどん様々な理由で落とされるので、商業への運用の壁は高いかと思います

たとえば、宅配でドローンを使用するテストがされていますが、物を運んでいるドローンを野外で落とされても、落とした人になんら法律が適用されません

一見、器物破損などの法律が適用されそうですが、びっくりしたから洗濯物を投げてしまったとか、イライラしたからボールをぶつけたなんてことでも、現行では法に触れません

つまり

>飛行に関する規制が厳しいと言われています

これは一方向からの考えですが、いつ落とされても文句を言わない、落とされないような空域での運用を制限するなどの見方も大切なことだと思います

まぁカラスとかもいますけどね・・・



あとは・・・アメリカでは警察が使用する『武装ドローン』が2年前に解禁となっています

このことを考えますと、捜査による盗聴も許されていない日本では、ドローン飛行に関する規制の壁が大きくなりますし、犯罪やテロなどで、ドローンが武器になる(爆発物や薬品をそのまま落下させる・自爆させるなどの可能性大)ことが証明されてしまったので、さらに規制がきびしくなるものと考えられます

参考URL:http://japanese.engadget.com/2015/08/27/drone/

投稿日時 - 2017-02-28 06:50:30

ANo.1

カリフォルニア州に暮らしています。
具体的に、南カリフォルニアです。
南カリフォルニアには野火が大変な脅威と見なされます。
ここ数年、私は2回野火を経験しました。ちょっとも楽しくないです。
ごくごく最近、こちらではアマチュアに飛ばせたドローンが消防活動(山火事に上空から水をまくことなど)を妨げたり危ういたりしました。

それで、偏見の目をドローンの飛行に向けます。
あらゆるドローンの使用の規制の通じた厳密について厳しく支持します。

投稿日時 - 2017-02-28 04:14:14

あなたにオススメの質問