こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ふるさと納税の自己負担金額

ふるさと納税の自己負担金額
あるシミュレーションで結果が以下内容が出ました。

お客様は37,596円までの寄附なら自己負担2,000円で済みます。

例えば、10000円の納税を3箇所した場合、6000円の自己負担で30000円のお礼の品が貰えるという認識で合っていますでしょうか?

投稿日時 - 2017-03-14 19:27:32

QNo.9305078

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

何か所の自治体に寄附しようが、自己負担額は2,000円だけです。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/about.html

これは、確定申告をしても、ワンストップ特例制度を利用しても同じで、寄附した合計額から2,000円を引いた額の税金が安くなります。つまり、寄附した人は、差し引き2,000円だけは持ち出しになります。

ただ、各自治体からは何らかのお礼の品をもらえることが多いですから、この2,000円分を帳消しにできればトクをしたことになります。
お礼の品がいくらくらいのものかは決まっていません。各自治体が独自に決めた、様々な品があります。1万円の寄附で、1万円の品がもらえること(還元率100%)はまず無いでしょう。いろんな記事などを見ていますと、この還元率は30~40%くらい、高いもので60~80%くらいと言われています。自治体の仕入値がウンと安ければ、なかには実質的に100%くらいの価値のものがもらえるかもしれませんが。

投稿日時 - 2017-03-14 21:23:59

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2017-03-17 17:43:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ワンストップ特例制度を使うと仮定すると,
10000円の寄付を3箇所に対して行えば,それで30000円のマイナス。
来年の住民税が28000円だけ減額されるので,28000円のプラス。
寄付をした市町村からのお礼はまちまちですから,いくらのプラスかはわからない。
ということです。

投稿日時 - 2017-03-14 20:41:56

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2017-03-17 17:43:01

あなたにオススメの質問