こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東芝とGM(半導体部門を本当に売って良いの?)

東芝は稼ぎ柱である半導体部門を本当に売ってしまってよいのですか?
GMは破綻し復帰しましたが、稼ぎ柱を売却などはしませんでした。

GMは2007年当時販売台数は世界一でした。しかし07年のバブル崩壊から翌年08年のリーマン・ブラザーズ破綻から世界的な金融危機になったと同時に、GMの利益の8割近くを占めていた金融部門の運用失敗により2兆円ほどの大損失を出しGMは経営破綻へと向かうことになりました。
GMは金融部門を整理し、労働賃金や企業年金を整理し、赤字部門を整理し、そして今では世界屈指の自動車メーカーとして復活しています。

東芝はなぜか「稼ぎ柱を売りに出し、赤字部門を抱え込む」方向で進んでいっています。
私には過去のGMの置かれた状況と現在東芝が置かれている状況が ある面似ているように観えるのですが、東芝の判断って適正なのでしょうか?

東芝はこのまま行くと粉微塵になりそうに見えるのですが、そんなことはないのでしょうか?

投稿日時 - 2017-03-15 17:46:07

QNo.9305437

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

昨年の医療、その前の家電ではなく、半導体の話でいいんですよね。
半導体って競争が激しくて、毎年数千億、数年おきに一兆円クラスの設備投資がいるジャンルです。
投資できなくなったら、数年で腐る事業です。

ご質問者さんならどうします?

この経営陣、すでに昨年、ご質問者さんと同じ発想で半導体を残して医療を売り飛ばしたんです。
買ったキャノンは業界も驚く高値で買ってあげています。温情だったみたいですね。
で、それを一年かからずに使い果たしたわけです。

投稿日時 - 2017-03-15 18:59:31

補足

医療関係を売り飛ばして失敗し、今度は半導体で失敗しそうな気配ですね。
書き込みありがとうございました。

投稿日時 - 2017-03-20 22:08:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 半導体事業は金食い虫で、新技術を開発するたびに新しい半導体工場を建設しなければならず、投資額が大き過ぎて大手企業が合同事業しなければならないぐらいお金がかかる市場です。東芝には半導体事業を続ける資金力が残っていないのでしょうね。

 半導体と言えば、東芝と言われるほど半導体生産では最大手だった企業ですが、原発事故が仇になって、ドミノ倒しで、あっという間に凋落しましたね。

 企業経営が苦しくなってから手放す方が二束三文に叩かれるだけですから、今のうちに売った方が良いだろうと思います。株価の暴落が激しいですからね。

 一度売ってから、後で買い戻した会社もありますし、窮余の一策ではないでしょうか。

投稿日時 - 2017-03-15 20:43:38

補足

半導体事業を単なる金食い虫だと仮定すると、半導体事業なんて買う企業は馬鹿しかいなく、数兆円を支払う馬鹿はいないので、半導体事業の買い手は存在しないことになりますね。
原発事業も完全に破綻してますから回答者さんの言う通りならもう自殺しかない状態ですね。

投稿日時 - 2017-03-20 22:15:02

あなたにオススメの質問