こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

昭恵夫人メール返信、李下(りか)に冠を正さず

先日から、掲題のような見出しのニュースにある、故事引用について、気がかりです。

李下にいると自覚している人が"李下に冠を正さず"と(李下にいる人に)メールを送る事自体が、冠を正したことにならないのでしょうか?
引用が適切なのか、ご意見ください。

自分自身に言い聞かせるとか、李下に入る前に注意する、のなら意味がわかります。
将来さらに疑義が増大するのを防ぐには役立ちますが、これまでの疑義を晴らす(冠をとって李が無いこと見せる)ことにはならない。

(悪意の解釈)既に李が(私や貴方の)冠にあるので
気づかれないように、と注意した

(善意の解釈)李は冠にないし、これからも隠さないので、あらぬ疑いをかけられないように。



昭恵夫人のメール公開 首相、籠池氏証言「悪意に満ちたもの」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK24H0Q_U7A320C1000000/
3/24 10:11

 自民党は24日、学校法人「森友学園」の籠池泰典氏の妻と安倍昭恵首相夫人がかわしたメールを公開した。

 安倍晋三首相は同日午前の参院予算委員会で、籠池氏が昭恵氏からのメールを「口止めとも受け取れる」と証言したことについて「極めて遺憾だ。籠池氏の夫人からのメールに対し、李下(りか)に冠を正さず、という趣旨で返信したのは明らかだ。悪意に満ちたものだ」と批判した。
 
(参考)

2月25日に昭恵夫人がこんなメールを送信していることが明らかになっている。
「私もよくわかりませんが、色々気を付けなくてはいけないことがあります。私が関わったということは、裏で何かがあるのではと疑われないように、細心の注意を払わなくてはならないということだったのでしょう」

これについて、安倍首相の答弁はこうだ。
「『メールで口止めをした』と籠池氏が言っているのは、極めて遺憾。籠池氏の夫人からのメールに対し、『李下に冠を正さず』という趣旨で返信したのは明らかだ。(証言は)悪意に満ちたものであると申し上げておきたい」

投稿日時 - 2017-03-25 23:31:52

QNo.9309472

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 失礼ながら、1番さんへの補足質問で「国語の問題だ」との補足を拝見しました。

 国語の問題として解答します。

 「李下に冠を正さず」とは、李(スモモ)の稔っている木の下で、頭の上に手をやって
冠の位置をなおしていると、スモモを盗むつもりはなくても、他人から見るとスモモを盗もうとしているように見える。だから、スモモの木の下で冠を直すのは止めなさい、という意味です。

 転じて、「(こちらに)悪意がなくても、他人から悪事をしているように見えることがある。弁解が大変なので、他人から疑われるような軽率な行動はやめよう」という警告になっています。

 スモモの木の下に入ること自体はかまいません。スモモの木の下で、親しく雑談をするのもかまいません。手を頭上に上げて、スモモを盗もうとしているように見えるような「仕草」が良くないのです。

 なので、李下にいると自覚している人Aが、 "李下に冠を正さず だよ" と、李下にいて頭の上に手をやっている人Bにメールを送るのは、問題ありません。

 余談ですが、昔中国の王様にズバリ諫言すると罰を受けました。なので臣下は、遠回りのたとえ話(私がここへ来る途中で鴫とハマグリが争っておりました・・・ :漁夫の利の話)などをして、王様が「自分で気がついた」という形に持っていくのに苦労していました。

 そのように、「ますます疑われるぞ!」と直截的にズバリ警告するのは、野暮・無教養です。 "李下に冠を正さず だよ" と、オブラートに包んだ警告をするのが、教養ある、自分で考える力のある人に対してとるべき態度です。

 したがって、『李下に冠を正さず』という言葉の使い方としても、疑われそうな、しかし言葉を正しく受け取ることのできる(と思われる)人に対する忠告として正しい言葉だと言えます。

 知り合いに、そういう節度があり、役立つアドバイスをしてあげる人は、ほめられるべきです。

 つまり、安倍総理が「李下に冠を正さず」の警句を引用して、奥さんの気持ちを代弁、擁護したのは正しいものです。

投稿日時 - 2017-03-26 01:42:30

補足

閲覧・ご意見、ありがとうございます。

回答No.3へのコメントにまとめました。

投稿日時 - 2017-03-26 13:21:49

お礼

(善意の解釈)・(悪意の解釈)の中で、冠に李を隠してあるかどうか、はやっていけないことを実施済(黒)かどうかの例え、です。
故事原典には無い、私の勝手な拡大解釈であったため、一部の回答者には故事そのものの説明に至り、お手数をかけてしまいました。

このOKWAVEの質問趣旨を理解してもらうことさえ、難しいことを身をもって体験させていただきました。

私は回答No.4 D-Gabachoさんの「まったく的外れな表現(故事の引用)」と同じ意見なのですが、

回答No.2 fujic-1990さんの「正しいものです」との意見があり、「騒ぎが起きてからメールを出したことが、・・・どうかという質問でしょうか。」と改めて確認、ならば(違うかも)という意見も、やはりあることがわかりました。


回答No.4 D-Gabachoさんは達観されている方のようなのでそれに甘んじて(ご容赦ください)、他人に趣旨を伝えることの難しさを勉強させていただいた回答No.2をベストに選択させてもらいます。

投稿日時 - 2017-03-28 12:33:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

確かに,よく考えると,籠池泰典(泰博)氏が提示した,籠池泰典氏の妻への,安倍昭恵首相夫人のメールには,自分が,何らかの形で,今まで,籠池泰典氏の森友学園や,塚本幼稚園,瑞穂の國記念小學院(旧名;安倍晋三記念小学校)に関わっていた,関わって来たことの認識や認知,或いは,夫人の反省や,危機感などが,読み取れるので,それに関する質問の,安倍晋三首相の回答としては,いわゆる,中国由来の故事成語や,日本の諺の,『李下に冠を糺さず(李下不糺冠ですか)』の引用は,的外れかもしれませんが,今日のテレビのニュースでも,野党から,安倍昭恵夫人の証人喚問などを追求された,安倍晋三首相は,昭恵夫人は,確かに,かつて,瑞穂の國記念小學院の名誉校長になっていたり,籠池泰典氏や,その妻と,交流などは,あったけれど,財務省への口利きや,関与などは,一切無い,昭恵夫人を,悪意を持って,故意に陥れるな..と,おっしゃっていたので,多分,言うまでもなく,自分や妻の,森友学園の土地購入問題に関する関わりや,嫌疑などは,一切無いし,そのような,他人から,疑われるようなことや,行動などは,端からしていないし,するつもりもないことは明白だ..という意味かもしれませんね‥籠池泰典氏も,初めの記者会見では,安倍晋三首相や,昭恵夫人への,口利きなどは,無かったと言っていたので,後から,籠池泰典氏の,昭恵夫人との,百万円授受発言などで,野党などから,凄まじい追及などを受けているようです..『李下不糺冠』の諺などは,Web上で調べますと,日本の,法律に詳しい方や,政治家の方などが,けっこう使われている故事成語のようで,安倍晋三首相としても,野党からの,質問の趣旨とは,ずれますが,安倍昭恵夫人の,森友学園問題での,口利きなどへの関与を,否定し,夫人を守る為に,身の潔白を,いわゆる,政治家としての,政治用語などを用いて,発言しているようです..安倍晋三首相は,以前も,『まず傀より始めよ(漢字違ってたら ごめんなさい m(__)m)』と,言っていましたし,故事成語や,諺を使うのは,政治家の方には,多いように思います..

投稿日時 - 2017-03-27 21:04:55

お礼

ご意見、ありがとうございました。
多分、首相側の思いも実績も潔白だと思います。しかし冠の主、忖度される側が、
李下不正冠の趣旨を説き、忖度する側の(いろんな種類の)忖度が無いと主張せざるを得ないことが、矛盾した悲しい喜劇でもあります。
現代版、政治を舞台にした故事・熟語の実演解説を見ているようです。

投稿日時 - 2017-03-28 12:28:45

テレビを見ている方は、森友問題の黒幕が書かれていたメールの全文を知らないのでしょうか?
森友学園問題の黒幕が民進党の「辻元清美」が朝鮮人の暴力組織を使ってゴミを埋めていたのが問題だった証拠がネットでは出回っています。
その真実が流れた瞬間からテレビで森友学園の事は触れられなくなりました
それくらい日本のメディアは腐っています

投稿日時 - 2017-03-27 15:16:58

補足

>日本のメディアは腐っています
そのようなことが多々ありました(クメール・カンボジアは素晴らしい国になるでしょう→何十万大虐殺→国際裁判判決時にはメディアを含め中心人物は死亡済。総括コメントは一切無し)。テレビのデジタル化は、国と業界利害関係者(TVやアンテナメーカー、放送事業者、関連施設・設備など)で進められ、ユーザーは締め出されました。解像度の高い綺麗な映像になったのでしょうが、痒いところは強引な対応のみ残されています。よって我が家には、テレビも携帯も新聞もありません。
「黒幕が・・・ゴミを埋めていた」については、松井さんの、twitter(最近、romで少しばかりですが)で知りました。民進の元総理の忖度発言と合わせ、本当に情けないです。冠の主が李下不正冠の趣旨を説いたり、忖度される方が忖度する側の忖度の有無を主張するのは(ご本人は自分の主張を確信していると思いますが)、
まさに故事や熟語の本質を現代の政治の舞台で実演してように見えます。

投稿日時 - 2017-03-28 12:16:32

ANo.4

No.2さんご指摘の通り、冠のなかに李を隠す隠さないということばではなくて、手を頭にやると頭上の李(他人の庭の)を取ろうとしてるように見えるかもしれないから、李の下では冠がずれてても直してはいけない、それくらい細心の注意を払って他人から疑われないよう行動しなさい、という意味のことばです。
まあ、故事のほうはともかく、ことばの主旨は、質問者さまもおおむね的確に理解されているようで、メールを送ること自体が冠を正したことになるのではないか、というのはまったくその通りだと思います。実際、口止めとかなんとか、さまざまな憶測を呼んでしまっているわけですし。
たしかに、メールの文面にある「裏で何かがあるのではと疑われないように、細心の注意を払わなくてはならない」というのは、まさに「李下に冠を正さず」の主旨そのものように見えますが、このメールが籠池氏の夫人からの「幼稚園に国会議員が来て自民党を守るため昭恵さんの写真を外してほしいと言われました」というメールに対する返信であり、名誉校長に就任して幼稚園に飾られていた昭恵夫人の写真を、疑惑でマスコミが大騒ぎしている今になって取り外すという行動についてのことばだということを考慮するなら、「李下に冠」はまったく的外れな表現といわざるを得ません。

投稿日時 - 2017-03-26 10:00:30

補足

閲覧・ご意見・ご教示、まことにありがとうございます。

>まったく的外れな表現
一瞬そのように直感したものですから、多分教養あるメディアが社説や討論等で、"忖度"(*)とともに解説してくれるだろう、と何日か待ってましたが、未だありません。
よって、当投稿に至りました。異なった解釈・意見があって当然と思いますが。

さて、故事や漢語熟語の使用を助言・指南する役割の人が官邸にはいるんでしょうね(演説とか問答の草稿起稿者?)。しっかりして欲しいです。

(*)首相自身のいわんとする"忖度"と、松井さんの良い・悪い忖度があるの"忖度"と、実際に首相や夫人や夫人付きからの電話やfaxを受け取った側の忖度とは、状況にもよりますが、内容も規模も影響度も全く違う(過剰反応等)かもしれないことを、是非首相や夫人に助言して欲しい。

投稿日時 - 2017-03-26 13:10:28

ANo.3

騒ぎが起きてからメールを出したことが、李下に冠を正さずに該当するかどうかという質問でしょうか。

投稿日時 - 2017-03-26 07:24:20

補足

閲覧・ご意見、大変ありがたいです。

メールを出した本人の趣旨は、私も正しいと思います。
夫人本人は純粋に"注意しましょう"と言ってるだけだと思います。


>騒ぎが起きてから
しかし、現実は"騒ぎが起きてからメールを返信し"、かつメールで返信したことが周知の事実となってしまいました。かつ、総理自身も言っているように、籠池さんには"悪意の解釈"をされてしまいました。一方で、メール返信時点でシロ(疑惑無し)と信じる(信じたい)人々には、引き続き現時点で”善意の解釈”が成り立つと思います。

投稿日時 - 2017-03-26 11:45:01

ANo.1

質問の趣意がわかりません。誤解されるようなことはしないというところがわかりにくいのです。

投稿日時 - 2017-03-25 23:45:49

補足

早速のご意見、ありがとうございます。
>質問の趣意がわかりません。
この故事の使い方がしっくりきません、適切なのかな?
あくまで、国語の問題です。首相に賛成するとかしないとか、政治的な観点は皆無です。

投稿日時 - 2017-03-26 00:29:28

あなたにオススメの質問