こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

神に意志はあるか

 1. まづ 神は無いという信仰をお持ちのみなさんには むしろ一般論として 神には《人間に対して意志を見せるつもりはない という意志》がある。とお伝えしましょう。

 2. ふつうは われという一人の主観の内において〔のみ〕 神はわれにその意志を示すことがある・・・とわが主観が思ったとしても 誰からも後ろ指をさされるということはない。と考えられる。


 3. 神とわれとは タテの関係であり われと他のわれとは ヨコの関係である。

 4. タテの関係が 信仰とも呼ばれる《非思考の庭》なる動態である。
  ヨコの関係は 《思考の緑野と感性の原野》とでマジハリ(交通)をおこなう社会的な人間関係である。

 5. ちなみに ヨコの関係なる場に 信仰から脱皮した宗教が棲息している。
  宗教は 非思考から思考に移っているので 言わば《信仰という蝉の抜け殻》である。オシヘとは そういうカスである。

 6. で要するに 神に意志があると見るのは 非思考の庭なる信仰にあっての話であり その場合のみである。

 7. もし 《われ ‐ われ》なるヨコの関係において 神には意志があると成ったとすると たとえそうだとしても 直接の意味は生じない。タテとヨコとは 直接のカカハリを持たない。タテは 非思考なのだから。

 8. ヨコの関係において神について話をしてもよいでしょうが それは基本的に神についての感想やまた思想としての話に限られる。 神論や信仰論〔ましてや宗教〕といった搾りカスと 生きた神や生きた信仰とは 別です。

 9. つまり 人間どうしのヨコの関係では 神に意志があるとたとえ主観が見ているとしても その神の意志は お呼びではない。
  フクシマは 神罰だといった夢物語にしかなりません。

 10. それでも――つまり いま述べた話の全部をもってしても それでも――わが主観なる非思考の庭にわが固有の時を憩いながら過ごすとき 神は この世界のすべてのものごとをつうじて われにつねにメールを送って来てくれていると思ったとしても 何の問題もないでしょうね。(読めるか
どうかの問題がありますが)。

 ご批判を歓迎します。(率直に考えるところにしたがって 応答します。つまり反批判をもおこないます)。

投稿日時 - 2017-04-24 10:35:25

QNo.9321188

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まず私は、どの宗教の信者でもありませんし、どの宗教団体にも所属していません。
あえて言えば、「スピリチュアル」を信じているといえるでしょうか。
具体的には、下記です。
大きな魂の根源ともいえる、1個の魂のかたまりがあるとし、それを神だとします。
すべての個別の生命は、そこから枝分かれした枝の先に例えられます。
つまり、われわれの魂は、すべて神の一部であると言えます。
しかし、肉体を持って生まれてしまうと、神とのつながりを自覚できなくなってしまい、自我を自分自身だと錯覚します。
枝の先を自分自身だと思い、枝の根元や幹とのつながりを感じられなくなるのです。
悟った人と言われる覚者は、そのつながりを感じ取れるようになった人だと言えます。
私の親戚に、非常に霊能力に優れた人がいます。
私はガチガチの理系頭でしたが、その人からこれでもかというくらい、不思議なことを体験させられた結果、世の中には五感を超えた情報伝達システムがあるとしか考えられないという結論に達しました。
しかし、霊能力とは、単なる一つの技術に過ぎないと考えます。
例えば、歌がうまい人、運動が得意な人、頭の良い人、それぞれが各々得意な技術を持っていますが、霊能力者とは、たまたまそのような事が得意な人に過ぎず、その人の人間性とは全く関係ありません。
上記の魂の話は、ある本で読んだのですが、それがこれらの現象に対し、最も辻褄が合う説明であると感じています。

投稿日時 - 2017-04-25 04:26:26

お礼

 ご回答をありがとうございます。


 なるほど。理論としてもう少し精緻なかたちを期待しますが(おっと 失礼!) なるほどと一般的に納得の行くご説明であるように思いました。


 そうですね。

 神からのメールを 受け取っているなら まづ受け取ったと思ってみること。

 次にそれを読む。なかなかむつかしい場合がある。しばしば。あるいは つねにむつかしい・・・でしょうか。

 他人(ひと)がそういったメールを読んだというその結果を話すときがある。なかなか 信じられない。

 おそらく メールの言葉とふつうにわれわれが話す言葉とは ちがっているのかも知れない。
 ★ 枝の先を自分自身だと思い、枝の根元や幹とのつながりを感じられなくなる
 ☆ ということなのでしょうか。




 こんな感じで応答してみました。みなさんの受け取り方についても聞いてみたいですね。

投稿日時 - 2017-04-25 09:16:08

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

そうさな。
君にわきまえろと頭ごなしには言えない。
私だけがわきまえていることを話そう。
サルが人間に進化したのは神を発見したからだ。
人間としての知性の獲得と、社会性の発祥は神とかかわる。
人として神を持ちださずに話したいというのは却下だよ。
プリプリと神様が起こるよ。
ジラーチちゃんとかわいらしい夫婦げんかの練習だが死刑宣告は本気だ。
喧嘩ってそんなもんだ。

投稿日時 - 2017-04-27 00:56:49

お礼

 きっとあるさ。

 文字として神を出さずに 神についても語る。その行き方が。




 ご回答をありがとうございます。





 いや。つまり 神みづからが もう自分(=神)を持ち出すなかれと言っている。
 (ヘブル書8章。そこに エレミヤ書31:31以降のくだりが 掲げられている)。

投稿日時 - 2017-04-27 02:27:07

ANo.5

私がやっている方の研究のリポートだよ。
アマテラス聖霊ジラーチちゃんを引用した投稿を別でやった。
心の灯ともいえる無量光を引用すると、光について神と認識するほかに魂と認識することもできる。
自我認識や自覚の問題は説明に技術的にまだわかり易くする準備が整っていないけどね。
ここで一つこれだけは何とか犬どもに了解させたいんだけどね、
生命の起源から人と手に手を取り合っていた神自身が生命でもあるということだ。
これをアニキなツンデレでもったい付けてぶちかませば、神は存在しないなんて発想は持てなくなるだろう。

それから自我作用にかかわる人の思考確認で、その人に話しかける神様が、「私はまさしく神ですよ」こう話しかけると、自我により自己の思考の一部と認識され、「俺は神様だ」極端なこういう考え方になる。そういう傾向が頭の中で作った神様作用であり、神の言葉を喪失する。
神を表現すると神が消える現象だ。
その起源をたどり、頭の中で作った神様の由来は、実際は本物の神様だ。
その本物の方を尊重するならば、例えば人の道嬢のような愉快な人は、親切に遊んであげるのが一番だ。

投稿日時 - 2017-04-26 22:10:48

お礼

 ご回答をありがとうございます。

 ★ 神自身が生命でもあるということだ。
 ☆ どうも そう言ってよいらしい。


 まぁ あとは 独壇場であるかも分からない。



 早く神を出さずに 議論をしたい。世界についての理論をつくりたい。

 のに われは いまだに神を出してやっている。いやはや。

投稿日時 - 2017-04-26 23:22:14

プンダリーカ puṇḍarīka

誤字でした。伸ばすところを間違えました。
久しぶりの回答でさっそくこのようなミスが。

投稿日時 - 2017-04-25 17:44:03

一々の光明に無量無数百千の化仏まします。一々の化仏は、無数の化菩薩をもつて侍者とす。変現自在にして十方世界に満てり。たとへば紅蓮華色のごとし。
仏説 観無量寿経
http://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E8%A6%B3%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C

~~~~~~~~~~~~~~
十六観
じゅうろくかん
仏教用語。 16種の観法。『観無量寿経』に説かれており,阿弥陀仏の身や浄土のありさまを思い浮べる 16種の観法によって,その浄土に生れることができるという。 (1) 太陽が沈むのを見て極楽が西にあることを想うこと (日想観) ,(2) 水と氷の清らかさによって極楽の大地のありさまを想うこと (水想観) ,(3) 引続き極楽の大地をまざまざと想うこと (地想観) ,(4) 極楽の不思議な樹木の働きを想うこと (宝樹観) ,(5) 極楽の池の水を想うこと (宝池観) ,(6) 極楽にある多数の建物を想うこと (宝楼観) ,(7) 阿弥陀仏の台座である蓮華の花を想うこと (華座想観) ,(8) 仏像を見て阿弥陀仏の姿を想うこと (像想観) ,(9) 阿弥陀仏の真実の姿を想うこと (真身観) ,(10) 阿弥陀仏に従う菩薩のうち観世音を想うこと (観音観) ,(11) 大勢至菩薩を想うこと (勢至観) ,(12) あまねく浄土の仏,菩薩,国土を想うこと (普観想観) ,(13) 以上のような観法のできないものが,実際の阿弥陀仏を見て,それによって他のさまざまな姿を交えて想うこと (雑想観) ,(14) (15) (16) 衆生がそれぞれの能力や資質の優劣 (上,中,下) に応じた修行をして極楽に生れるさまを想うこと (上輩観,中輩観,下輩観) 。

https://kotobank.jp/word/十六観-77522

~~~~~~~~~~~~~~~~~

蓮華
れんげ

ハスの花。種類は多いが,宗教,文芸上では次の5種が代表的である。 (1) パドマ padma 紅蓮華 (ぐれんげ) と訳される。昼に咲く。ヒンドゥー教ではビシュヌ神とその妃ラクシュミー (吉祥天) の象徴。 (2) プンダリーカ puṇḍarīka 白蓮華 (びゃくれんげ) ともいい,ヒマラヤの後方にあってインドを潤すという架空の池に咲くとされる。 (3) ウトパラ utpala 紅,青,黛などの各種の色がある睡蓮のこと。 (4) クムダ kumuda 色は一定しない。樟脳ともいう。 (5) ニーロートパラ nīlotpala 青いウトパラ。青蓮華。以上は植物学的に厳密に分類されたものではない。仏教では特にパドマとプンダリーカとが重要である。蓮華はインドで一般にめでたい花とされ,泥沼から生じるが,しかも濁りに染まらず清く美しく咲くことから,仏教思想の象徴的意義を託されている。

https://kotobank.jp/word/蓮華-152066

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どうでもいい疑問のような気がしますが、
法華経は白蓮華 プンダーリカです。
観無量寿経に紅蓮華が出てきました。
白蓮華は出てこないようです。
紅蓮華はパドマです。

何か意味があるのだろうか。
蓮華が咲くのも神の意志なのだろうか。

無理やり質問と結びつけましたが
失礼しました。

投稿日時 - 2017-04-25 17:38:38

ANo.1

 「インビテーション」という映画が面白かったんですが、子供を事故で失った主人公が、その苦しみからカルト宗教団に入っていくという話です。
 神の意志の応答は、普通の生活の中(ヨコの関係)でいろいろ示されることもあるような気もします。というかそちらの方が多い。
 個人的には、フクシマは神罰というより、(神罰かもしれません。) 原発の恐怖の示唆ととらえますが、この判断は自分の意志なのか、神の意志なのかですね。一概に宗教を持てば何でも判る訳ではなく、判断力は自己努力の賜物でもあります。自己努力とは何でしょう?

投稿日時 - 2017-04-24 21:49:45

お礼

 ご回答をありがとうございます。

 そうですね。質問者個人の見方としては:
 ★ 神の意志の応答は、普通の生活の中(ヨコの関係)でいろいろ示されることもあるような気もします。
 ☆ とみとめつつ その側面に深入りしたくない。といった感じでいます。

 つまり 自分の中では そういった神の意志の知らせ――ヒラメキ?――があり得るという立ち場でありつつ そこにあまり頭を傾け過ぎないようにというように思っています。

 主観の推測に過ぎないと見なされても おかしくないことですし ほんとうに当たっていたとしても だからと言って それを人びとに神の声だと言い広めることも どこかしっくり来ないからです。


 ★ 判断力は自己努力の賜物でもあります。自己努力とは何でしょう?
 ☆ といったふうに回答者さんは ちょうどその推測の精度を上げようという方向についても 注意を向ける考えもお持ちなようですが どうなんでしょうか。

 あっ ちょうどよい事例を示しておられます。
 ★ 個人的には、フクシマは神罰というより、(神罰かもしれません。) 原発の恐怖の示唆ととらえますが
 ☆ こういった観想のような推測のあり方なのだと思いますが おそらくおっしゃったように《原発の恐怖の示唆》といった一般的な見方・捉え方にとどめるのが 無難だとわたしは思っているという意味なんです。

 神を持ち出すと 収拾がつかなくなる。といった単純な理由からでもあります。



 あまり外に出して 話し合いをするといった主題ではなかったようです。

 しかも どこかで いつかはこういった事態を迎えることがあるかも知れません。そういった時の話として 問い求めが何か糸口になれたらよいなと いまは思っています。ありがとうございました。
 

投稿日時 - 2017-04-24 22:17:59

あなたにオススメの質問