こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

夫と離婚します。借金の建て替えの返済について

私は43歳、夫は33歳、子供はいません。結婚6年目です。
お恥ずかしいのですが年の差婚をしてしまいました。
結婚当初夫は貯金は全くありませんでした。

夫は昨年会社のお金を120万横領して懲戒解雇になりました。
その際、会社に「奥さんがいますぐ払ってくれれば、刑事事件にだけはしません」といわれて、考える時間も余裕も相談できるところもなく、120万払ってしまいました。

その後離婚も考えたのですが、見捨てるわけにはいかず、離婚はせずに来ました。
さらに300万円の消費者金融への借金も見つかりました。
以前の会社の資金の使い込みをちょっとずつごまかして返していたりして膨らんだ借金だそうです。
おおもとのお金の使い道はゲーセン、パチンコだそうです。
当然、職も何ので収入なく、利息が膨らむのが怖く、また私の貯金で払ってしまいました。

両親は健在ですが、相談は出来ず、そのほかにも相談できる人はいません。

夫の両親はそれぞれに借金があり、時々無心がきますが、断ってきました。

夫はなんとかアルバイトから正社員にしてもらい(前職の横領のことは言ってません)一定の収入が入ってきましたが、小遣い制にして私が給料の管理をしていました。

夫は日常的に嘘をつきます。
小遣いは主に昼ごはん代で、夜は自宅で食べていたのですが、給料明細から昼ごはん代がひかれているのを見つけ、問い詰めると、まかない が職場で出るので昼はそれで済ませていると。
やはり小遣いはゲーセンやパチンコに使っていたそうです。

もうこれ以上は私も我慢できないので、離婚しようと言いましたら、夫も「もう自分は稼ぎもあるのに、いつまでもお金のことで問い詰められるのは嫌だ」と言って離婚に承諾しました。

私が建て替えた420万は返してくれるということで 債務弁済契約書を作り、公証役場へ行くことは決まっています。

離婚届は私のサインは済んでいて夫のサイン待ちです。

現在夫は5月1日にアパートの入居は決まっています。
離婚の話は3月末でした。その後顔を合わせないようにしようと言って、同じ家の中ですが完全別の部屋で暮らしており、私が寝てから帰ってきますので、本当にあっていません。
食事と洗濯は私がしています。

3月末の離婚話の後、夫に今まで私が管理していた通帳とカードを渡しました。
5月にくるだろう自動車税や、市民税も考慮して入れておきました。
以前に夫に同意を得てネットで残高確認ができるカードを持っています。
(夫は忘れていると思いますが)
カードを渡したとたんに、毎日一万円二万円とそう多くはないですが引き出しており、給料がその間入りましたが、それもすぐに使い切り、現在次の給料まであと2週間もあるのに残は 1000円以下です。

債務弁済契約書はサインと印鑑をもらって、あとは公証役場に行くだけです。
もし夫が公証役場に行ってくれなくても、裁判で給料差し押さえできるでしょうか?

離婚調停になると、私のほうが財産が多く、財産分与で逆にとられる可能性があるので、借金返済は、離婚後の姓で、離婚後の日付で作成し、離婚とは全く別ということで作っています。
本来なら慰謝料も請求したいところですが、財産分与を考えると離婚調停はできないと思うので、慰謝料は請求しません。

ただの愚痴のようになってしまいました。
長文で申し訳ありません。
横領など犯罪がらみなので身近に相談できずにつらいです。

また、借金癖、嘘、お金の使い方は治った!と啖呵を切って離婚承諾をした夫が、カードを渡したとたんにパチンコに使いまくっている、それが許せません。
でももう揉め事は嫌ですし、離婚届を渋られても嫌なので、夫には言わず、責めずこのまま別れますが、正直本当に悔しいです。

同意、私に対する叱咤でも構いません。激励ならうれしいですが。。
何でも結構です。
読んでいただいてご意見をいただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-04-27 16:02:24

QNo.9322432

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

たぶん彼は、40まで生きられないタイプだと思います。彼は借金する父親と借金する母親の間に生まれました。借金をする両親を見て育ち、自分自身も借金をする人のDNAと借金をする人のDNAでできているのです。つまり、彼の生き方は運命や宿命という言葉で括りたくなるくらい決まっていると思います。彼はお金というのはどう使えばいいのか知る機会を得られぬまま大人になってしまったのです。
よくいえば、狩猟民族なんでしょうね。未開の狩猟民族というのは「財産」という考えがなく、手に入れたものはすぐに使うか食べるかして、足りなくなったら奪うというのが狩猟民族の生き方なのだそうです。

彼の給料を差し押さえられるようにすることは、あまり意味がないでしょう。当然すぐにお金なんて返さないので給与を差し押さえることになるでしょうが、それをやると当然勤務先に知れることとなります。まともな会社ならそんな人はすぐに出てってくれと辞めさせられることになるでしょう。ひょっとするとまた会社の金に手をつけて今度はブタ箱行きになるかもしれません。いや、なるでしょうね。
お給料を差し押さえられることを知った彼が選ぶのは、週払いや日払いでお金を貰ってすぐに引き落とすことです。差し押さえられるより先に手元にお金を置いておこうと考えるでしょう。そして、彼は残念ながら手元にお金があると使わないといられない性分です。すぐにお金は使ってしまい、仕方がないので消費者金融などにお金を借りて・・・ということになるでしょうから、おそらく給与を差し押さえてお金がとれるのは最初の1回か2回だけで、それは首に縄がかかった彼の足を引っ張る程度の意味しかないでしょうね。

しかしどのみち質問者さんのような人に面倒を見てもらわないと生活が回せない人で、両親も人生が破綻しているわけですから借金が雪だるま式に膨れて自己破産、更に借金を重ねて犯罪者となるというようなどこぞの女優の娘さんみたいな転落人生になるのは逃れられないところだと思います。
こうなるともう質問者さんの世話で延命されたことがいいのか悪いのか分からないレベルでしょうね。そもそも生まれてしまったことが彼の不幸というような気さえしてきます。質問者さんが彼に使ったお金は、彼のお葬式代と香典の前払いだといえるでしょう。

投稿日時 - 2017-04-27 17:24:40

お礼

ご意見ありがとうございます。
思わずちょっと笑ってしまいましたw。
そのように考えると気が楽になりますね。
お金に関してはほんと諦めなくちゃかなと思ってますが。
彼の妹さんも、ホストクラブに通って300万の借金を作り、親権ももらえずに先日離婚されたそうです。
血からは逃げられなんでしょうかね。。
笑って元気が出ました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-04-28 09:41:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

再確認のためです。
あなたが、あなたの特有財産の中からご主人に合計420万円を貸し与え、それはご主人の、あなたへの借金として残っていたそれをご主人も了解済みだということですね。

細かなことを申し上げて恐縮ですが、ならばどうして「債務弁済契約」というタイトルの契約書を交わされたのでしょうか。これだと売掛金等が期限が過ぎても支払われていない状態のときに使う契約書になりますが・・・。あなたは、ご主人が支払うべきお金をご主人に代わって支払ったのです。そのお金をご主人に貸してあげたのでした。ならば「金銭消費貸借契約書」にすべきです。その方が簡単です。公証役場に行かれたとき、貸したお金を返してもらうための契約書だといいましょう。

ご主人が公証役場に出席を拒めば、あなたのお友達でも知り合いでも、或いはご主人の知り合いでも良いのですが、そういう人にご主人の代理人になってもらえば良いのです。もちろん代理人及びご主人の印鑑証明、代理人の身分証明は必要です。

●離婚調停になると、私のほうが財産が多く、財産分与で逆にとられる可能性があるので、借金返済は、離婚後の姓で、離婚後の日付で作成し、離婚とは全く別ということで作っています。

 ↑ 財産分与は、結婚後に夫婦が協力して築いた財産を離婚時に分ける。と、いう制度です。あなたの方が財産が多いということは、結婚前の財産のことをおっしゃっている物と思います。結婚前のあなたの財産は「特有財産」ですので、離婚時の財産分与は関係ありません。

●本来なら慰謝料も請求したいところですが、財産分与を考えると離婚調停はできないと思うので、慰謝料は請求しません。

 ↑ 上記の通り、あなたの財産は離婚時の分与とは関係ありません。(あなたの財産が特有財産なら。)慰謝料を請求したければすれば良いでしょう。忘れていましたが、公正証書の最後に「・・・・・金銭債務を履行しないときは、直ちに強制執行に服する旨陳述した。」と、いう文言が無ければ強制執行は出来ません。

投稿日時 - 2017-04-29 12:01:19

お礼

ありがとうございます。
なるほど、自分なりに調べて、過去にあった借金の再確認ということで、債務弁済契約書にしたのですが、いかがでしょうか。
今のところ、夫はサイン、印鑑済んでおり、公証役場には自分が先に行って、後日主人も行く予定ですが、わかりませんよね。
信用出来ない人ですから。
代理人を建てるにしても、印鑑証明が必要ならば、主人にはいずれにせよ、承諾必要ですよね。
ご助言ありがとうございました。
もう少し調べてみます。

投稿日時 - 2017-04-29 17:23:14

ANo.3

肝心の
>夫が公証役場に行ってくれなくても、裁判で給料差し押さえできるでしょうか?
微妙です。

>債務弁済契約書はサインと印鑑をもらって
契約としては有効となるでしょうが、これだけで強制執行はどうなのかな・・・と思いますよ。

法的に有効なのは公正証書もしくは調停調書。
債務弁済契約書を基として、まずは少額訴訟なりなんなり行って、そのうえでの強制執行となるような気がします。
ひと手間かふた手間必要だろうな、という感じです。

借金とギャンブルは依存症です。
420万円返してもらえるなら、それだけでもラッキーですね。
もし本当にキチンと返すなら、ですけど。
返すために更なる借金はできないので、無い袖は振れない、の状態にだけはならないようにお祈りいたします。

私も質問者様と近い年齢です。
バツイチで一人息子がおりますが、人生の再スタートはいくつでも遅くないと思っています。
何をもって幸せだと思うかは、それぞれの価値観・判断によるもの。
他人がどうこう言おうが、私は今幸せです。
不幸になるために離婚するわけではないのですから、堂々と胸張って新しい人生歩んでください。

投稿日時 - 2017-04-27 17:59:07

お礼

ご助言ありがとうございます。
債務弁済契約書押印済のものはもらったのですが、彼のことだから公証役場。。今のところ行くって言ってますけど、わからないですね。
これ以上揉め事も嫌なので、諦めも仕方ないかもしれません。

あなた様も離婚なさったんですね。
理由は人それぞれと思いますが、大変だったでしょうね。
でも、今お幸せということで、私もうれしいです。

これから家の中で腹を立てたりイライラしなくて済むだけでも、充分に幸せのように思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-04-28 09:48:44

多重債務の典型的な例です。

肉親や誰かが債務の肩代わりをすれば、
本人は反省する事なく、同じ借金を繰り返します、平気で嘘もつきますから。
なぜ嘘をつくのか、それは怒られるからです。
通帳やカードを渡したのも失敗、税金分を入金したのも間違いでした。
裏切られたら、誰かが苦しむのです。
横領事件は表に出ないだけで会社は、信用と告訴に関わる時間の無駄を考え、金額が少なければ回収を選びます。
残念ながら、次の会社でも犯罪を繰り返す事は多いのです。
貴女が見捨てるわけがないと、夫は今まで考えていたのでしょう。言葉で謝っても見かけだけ。
共倒れになる前に離婚すべきと私は思いますね。
特に借金の原因が、パチンコ等の遊行費なら尚更です、仮に公正証書で返済を約束したとしても今までの経験から難しいと思いますね。

子供さんがいないのも幸い?と思います。
恐らく、借金は知人や貴女の知らない人、多額の金額になっているはずです。
心配な事は、貴女が夫の保証人になっていないかと言う事です。例え離婚しても債務不履行の場合、貴女が支払い義務が発生しますから要注意です。

次の人生、考えるべき時期と私は思います。

投稿日時 - 2017-04-27 17:27:04

お礼

ありがとうございます。
彼の嘘はほんとに大きなものから小さなものまで日常的でした。
嘘と借金は偏見かもしれませんがセット物ですよね。
これ以上損をしないうちに離婚します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-04-28 09:43:26

あなたにオススメの質問