こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高齢者の「認知機能検査」について?

75歳以上の運転免許更新に義務付けられている
「認知機能検査」受講のお知らせが届いたのですが
初めての事で確かめるために、検査を実施している
”自動車学校”に問い合わせてみました。
認知症検査は4,50分で終わりますが、そのあと
運転の実地講習に2時間ほどかかりますと言われました。
検査手数料(講習)(650円)と通知にはあり
実地の運転講習は別費用ですか?ときいたところ
4,5千円です・・・との事でした。
後日、高齢者免許更新手続きにも同じ金額がかかりますが
何故?年金暮らしの高齢者に免許更新のためとは言え
二度も高額の費用を出させるのでしょうか?
地方の自動車学校の「救済?」(教習を受ける人がいない)の
ためでしょか?
高齢者の違反が多いと言われますが、公共交通機関は高い
本数が少ない、停留所から目的所まで歩行しなくてはいけない
足代わりの車です。
高齢者人口が増えれば統計上「事故件数も」増えます。
簡単に搾取できる「高齢者」からの更新料と自動車教習所への
忖度?ではないでしょうか?(天下りも目につきます)
免許返納した方がいいよ・・そのような回答はおやめください。
何かいい政策はないのでしょうか?
高齢者の皆様は如何お考えでしょうか?

投稿日時 - 2017-05-11 13:08:09

QNo.9328017

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

免許更新時に「交通安全協会費」って当たり前のように支払わされていましたよね、もちろん任意なのですがおもに退職警察官のお手当みたいなものです。
最近拒否する人が増えたので編み出した制度の一つだと思っています。
問題は金額が高いですね、ペーパードライバーは実車運転できないのに費用負担させられます。
また当日調子の悪い人は運転実技は不要です。でもお金は取られます
ふざけてるのが必ずしも教習所でなくても直接免許センターでもOKってなっていますがそんな人居ませんよ。
自動車教習所救済。
父が言ってましたが、ひどい制度なんです、自動車教習所少ないですよね、申し込みして半年くらい待たされます。無茶苦茶くちゃ混んでるんです。
高齢者ってわかっているのに、予備の日はないのです、当日必ず来所です。
スッポかした場合は半年後回しです、期限が切れたら知りません。
何しろものすごく混んでるんです。だって全員ですから、認知症検査は75才以上ですが高齢者講習は確か60才かな、だから猛烈に混んでいます
ゴメン長くなりますが・・
ひどいのは田舎のおばあさんとか軽く80以上です、田舎は原付きが必須です
田畑に行くのも買い物も車又は原付きです。
原付免許も完全に同列ですよ、ボッタクリです。だって原付きなんか実技講習するにもバイクないですから・・
しかも田舎は自動車教習所ないし免許更新センターは都市にしかない。
なんか この制度ぼったくりです

投稿日時 - 2017-05-11 18:05:50

お礼

共鳴のご回答、同じ思いをされていらっしゃるお方を
身近に感じ嬉しく思います。
補足コメントに書きましたが、何かが、何処かがおかしい?
仰る通り、原付と軽トラは生活必需道具?です!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-05-11 20:15:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>何故?年金暮らしの高齢者に免許更新のためとは言え
>二度も高額の費用を出させるのでしょうか?

「高齢者から免許を剥奪するため」です。

剥奪する理由は「高齢者が加害者となる死亡事故(=殺人に等しい事故)」が増加傾向にあるからです。

>公共交通機関は高い
>本数が少ない、停留所から目的所まで歩行しなくてはいけない
>足代わりの車です。

そのような高齢者の為に「高齢者専用無料送迎サービス」や「高齢者専用巡回バス」などを運用している自治体があります。

デイケアサービスの中には、回数に限りはありますが、デイケアセンターと自宅の間を送迎してくれるサービスもあります。

高齢者福祉の内容は、市町村ごとに差異があるので「高齢者が住みやすい自治体に移住する」と言う選択肢もあります。

「高齢者福祉が悪くても、死ぬまで、生まれ育った土地に住み続けたい」と言う意見も理解できますが、それは「単なる老人の我侭」であり、権利の放棄に等しい行為です。

>何かいい政策はないのでしょうか?

「働き盛りの時に高収入があって、高額な所得税をキチンと納めてた人は、後期高齢者になってから、自分が過去に納めてた税金を基金にした、自宅無料送迎サービスを受けれるようにする」というのが政策として実現できれば、と思います。ただし、低所得者には残念な「貧乏人は麦を食え、な政策」になってしまいますが。

投稿日時 - 2017-05-11 13:43:38

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-05-11 20:16:48

あなたにオススメの質問