こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サービス残業について

ある企業の工場に勤務している、20歳♂です。

入社三年目ですが、一年目は定時(17時半)になったら、タイムカードを切り、その後21時過ぎまで残業という形で、「これがサービス残業か…」と思っていました。

ところが二年目からは
タイムカードを切るのは業務終了時(21:00過ぎ)で
残業代はみなし(毎月固定15000円)で支払われています。

単純計算で3.5時間×20日で月70時間前後残業しています。
タイムカードにも記録されています。

サービス残業って普通は、定時にタイムカード切って残業記録は残らないが、社員は残業せざるを得ない、という状態ではないのでしょうか?

タイムカードに退社時間が記録されているこの現状だと、訴えることも可能なのでは?と思っています。

実際訴えようとは思っていませんが、転職は考えています。

会社として、このやり方はどうなのかな?と思っています!

それともどの企業も、みなし残業なら、タイムカード切るタイミングはいつでも大丈夫という感じどうなんでしょうか?

ちょっと分かりづらい文章になってしまったかも知れませんが、回答よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2017-05-20 20:25:20

QNo.9331545

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 
みなし残業としての15,000円が何時間に相当するか計算しましょう
時間外の賃金は時間給×1.25です。
基本の月給が16万円と仮定すれば160,000÷20日÷8時間=1,000円、時給は1,000円です
時間外給与(残業代)は1,000×1.25=1,250円になるので15,000÷1,250=12時間

つまり、みなし残業としての15,000円は残業12時間分です。
もし、実際の残業が12時間を越えていたら、会社は超えた分の時間外賃金を支払う義務があります、労働基準監督局も認めてます。

タイムカードと言う証拠があるのですから、それを元に会社に請求できますよ
 

投稿日時 - 2017-05-20 20:34:12

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

本当に分り辛いので整理します。(苦笑)
一年目は今よりも待遇が酷かったん(悪かった)ですよねぇ!? それが2年目からは、少しばかり待遇が良くなって残業代が付くようになったということでしょ? それはそれで、世間がこれだけ騒がしいですからブラック企業と言われたり離職者を軽減しようする企業努力だと思います。
実際にはそれ以上の残業をされているのでしょうが、その差(時間)が記載されていませんので分りませんが、何を訴えようとしておられるのですか?
もともと定時(17時)からの残業時間数が倍以上の150時間~200時間ぐらいなのですか? そうであれば、残業というよりも就業の酷使により身体に影響を及ぼすほどの環境に追いやられているとでも訴えを起しましょうか?
それとも全員(同期、周囲の先輩方)が、皆さん1年目、2年目と同じようなスにテップを踏んで来ておられるのか? あなただけが特別に理不尽な条件を突き付けられているのか?

推定の域ですが、生産ライン工場での就業であれば、本当に70時間残業止まりであれば優秀な方で普通は実際に1~2割の増し誤差があるのではないでしょうか? 失礼な書き出しで申し訳ございませんが、またも生産工場での就業をお考えであれば、扱い商品が変わるだけで何処へ行っても同じことを最初っからの繰り返しだと思いますよ。 その間にでもスキルアップのため、特殊な国家、または民間の〇〇士の免許を取得したというのであれば、優遇対象者として迎え入れてくれる会社もあるかもしれませんが・・・。

後は歳追うごとに求められてくるのは、責任能力とコミュニケーション能力、更に30を過ぎれば、手のスピード、正確さよりも統率力、指導能力が求められるようになります。 20そこそこなら一丁前なことを言っている暇が有ったらスキルアップの準備、功績を積み上げての転職こそ意味あるものと考えます。

投稿日時 - 2017-05-21 17:52:13

あなたにオススメの質問