こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本語を勉強中の中国人です。ということでとというわ

日本語を勉強中の中国人です。ということでとというわけでの違いはなんでしょうか。教えていただきたいです。

投稿日時 - 2017-05-30 03:30:08

QNo.9335027

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

「という」は同じですね。
何かの説明の次につなぐ言葉ですね。

次に続く「こと」と「わけ」の違いとなります。

「こと」は、
事例、事象(じしょう)や事柄(ことがら)についての、「事」(こと)の説明であることを指し示しています。

「わけ」は、
理由や過程、原因などの、「訳」(わけ)についての説明であることを指し示しています。

つまり「という」の前に説明した内容について、その内容が「事」か「訳」かの違いによって使い分けされてます。

投稿日時 - 2017-06-22 18:44:12

ここでの「と」は格助詞で、直前の語や文などの内容を表します。
「と・いう・こと・で」ならば前に話した内容を受けて、以降の話に続きます。
「と・いう・わけ・で」ならば前に話した内容を理由、原因として、以降の話に続きます。したがって、違いは因果関係の有無と言えます。


「A君は欠席ということでしたが、その後都合がついたようです」
これは「欠席」という前の内容を受けており、欠席は後に都合がついた理由ではなく、両者の間に因果関係はありません。

「今朝自宅で火事がありました。消防車が来て、放水で家にあった服は皆ずぶ濡れとなり・・・(以下諸々)。というわけで遅刻しました」
これは「火事」から続く一連の内容を遅刻の理由としており、その内容と遅刻との間に因果関係が認められます。

さて、一応上記の通り違いを説明しましたが、実際の運用上は、「ということで遅刻しました」の形式で理由(わけ)を表すことも珍しくありません。

ということで、ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2017-05-31 08:38:43

ANo.2

 訳の意味は次の通りです。
わけ【訳】
《「分け」と同語源》
1 物事の道理。すじみち。「訳のわからない人」「訳を説明する」
2 言葉などの表す内容、意味。「言うことの訳がわからない」
3 理由。事情。いきさつ。「これには深い訳がある」「どうした訳かきげんが悪い」
     
 事は次の通りです。
こと【事】
〔「こと(言)」と同源か〕
「もの」が何らかの作用・機能・状態・関係などとして実現するありさまをいう語。「もの」が時間的に不変な実体のようにとらえられているのに対して、「こと」は生起・消滅する現象としてとらえられている。
(1)生じた事柄。出来事。事態。事件。 「 -は重大だ」 「 -の推移を見守る」 「 -の起こり」 「どんな-が起こっても驚くな」
       [大辞林 第三版]
 このように、「~という事で」と「~という訳で」の違いは、
話者が「~」を単なる事と捉えるか、訳(わけ)、つまり理由と捉えるかの相違です。■

投稿日時 - 2017-05-30 10:15:04

多くの場合は全く同じ意味で、「ということで」を「というわけで」と言い換えることが可能です。
どちらも前の文の内容を前提として、その内容の続きを言ったり、内容を発展させたりする場合に使います。

今日は雨が降るそうです。ということで、傘を持ってきました。
今日は雨が降るそうです。というわけで、傘を持ってきました。

というような使い方ですね。

こういうサイトをご紹介しましょう。
http://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E4%BA%8B%E3%81%A7
おそらく日本語の勉強に役に立つと思います。

ただし、「ということで」が「というわけで」と言い換えができない場合もあります。本当に「こと(事)」が話題になっている場合です。
これは、前の文の内容に続くことを言う場合とは違います。

明日は雨が降りそうですし、みんなが傘を持っていく"ということで"いかがでしょうか。

この場合は、「というわけで」と言い換えができません。
これは二つの文章をつないでいるわけではなく、「みんなが傘を持っていく」という"事"を指しており、「みんなが傘を持っていく」ことは「わけ(理由)」ではありません。

投稿日時 - 2017-05-30 04:01:43

あなたにオススメの質問